奄美大島空港発 (鹿児島県) 鹿児島空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

奄美大島【ASJ】 ➡ 鹿児島 【KOJ】

奄美大島 鹿児島 着の最安値(全期間) ¥3,600 【2019年01月29日など】
2018 12
1 ¥14,150
2 ¥14,150 3 ¥14,150 4 ¥14,150 5 ¥14,150 6 ¥14,150 7 ¥14,150 8 ¥14,150
9 ¥14,150 10 ¥14,150 11 ¥14,150 12 ¥14,150 13 ¥14,150 14 ¥28,300 15 ¥14,150
16 ¥9,300 17 ¥9,300 18 ¥8,300 19 ¥9,000 20 ¥7,100 21 ¥9,900 22 ¥9,900
23 ¥7,800 24 ¥11,500 25 ¥8,600 26 ¥8,600 27 ¥11,500 28 ¥11,500 29 ¥11,500
30 ¥8,600 31 ¥6,600
2019 1
1 ¥9,900 2 ¥14,150 3 ¥14,150 4 ¥14,150 5 ¥11,500
6 ¥9,900 7 ¥5,000 8 ¥4,100 9 ¥4,100 10 ¥5,000 11 ¥6,600 12 ¥7,100
13 ¥4,600 14 ¥7,800 15 ¥4,100 16 ¥4,100 17 ¥4,100 18 ¥5,800 19 ¥4,100
20 ¥4,100 21 ¥4,100 22 ¥4,100 23 ¥4,100 24 ¥4,100 25 ¥6,600 26 ¥4,100
27 ¥4,100 28 ¥4,100 29 ¥3,600 30 ¥4,100 31 ¥4,100

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

奄美大島空港−鹿児島空港間の移動にかかる時間と費用

奄美大島空港−鹿児島空港の路線情報

奄美空港から鹿児島空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、JAL(日本航空)6本、JAC(日本エアーコミューター)2本です。19時が最終便です。

奄美大島空港−鹿児島空港の所要時間

奄美空港まではしまバスというバスで名瀬市街地から20分程度です。搭乗手続きに1時間、奄美大島空港から鹿児島空港間の搭乗時間は約1時間なので、約2時間30分かかります。フェリーで行く場合は、名瀬‐鹿児島間で約11時間かかります。飛行機で移動する場合、フェリーの移動に比べ約8時間30分早いです。

奄美大島空港−鹿児島空港の移動にかかる費用

奄美大島空港から鹿児島空港間の飛行機の航空券の料金はJAL(日本航空)、JAC(日本エアーコミューター)の場合25 900円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。フェリーで行く場合、名瀬‐鹿児島間は22840円です。飛行機の移動に比べ、フェリーで移動した場合3 060円安いですが、時間がかかるため飛行機の方がおすすめです。

鹿児島県の人気グルメ・スポット

鹿児島には仙巌園や霧島神宮、西郷隆盛銅像など日本の歴史を感じられる観光スポットが多くあります。また屋久島や奄美大島などの有名スポットも欠かせません。人気グルメのきびなご、黒豚しゃぶしゃぶの他にも名物の「白熊」と、スイーツまで堪能できます。鹿児島空港内にはさまざまな種類のレストランがあり、「キッチンさつま」は鹿児島県産黒豚メンチカツなどシェフこだわりの料理が味わえます。

鹿児島県、鹿児島空港のお土産

鹿児島で定番のお土産は、カスタードクリームとふわふわの生地が相性抜群「かすたどん」、鹿児島ならではの和菓子「かるかん饅頭」などです。鹿児島空港内のお土産コーナーでは、100年以上親しまれている製菓「薩摩きんつば」や西郷隆盛をモデルにした「西郷せんべい」などが有名です。そのほか、九州産のさつま芋を使用した「スイートポテト」など、数多くのご当地のお土産を購入できます。

奄美大島空港ー鹿児島空港への空港情報

奄美大島空港ー鹿児島空港への便

奄美大島空港発、鹿児島空港着の航空便は1日に10便あり、出発時刻、到着時刻、所要時間、航空会社は以下の通りです。
・8:45発9:35着、所要時間50分、日本航空株式会社
・10:10発11:00着、所要時間50分、日本航空株式会社
・11:40発12:30着、所要時間50分、日本航空株式会社
・11:45発12:35着、所要時間50分、スカイマーク株式会社
・13:10発14:00着、所要時間50分、日本航空株式会社
・15:55発16:45着、所要時間50分、日本航空株式会社
・17:10発18:20着、所要時間70分、日本エアコミューター株式会社
・18:25発19:15着、所要時間50分、スカイマーク株式会社
・18:30発19:35着、所要時間65分、日本エアコミューター株式会社
・19:00発19:50着、所要時間50分、日本航空株式会社
奄美大島空港発、鹿児島空港着の始発便は8:45発、最終便は19:00発です。
鹿児島空港発、奄美大島空港着の航空便は1日10便あり、出発時刻、到着時刻、所要時間、航空会社は以下のようになっています。
・7:20発8:35着、所要時間75分、日本エアコミューター株式会社
・8:00発9:20着、所要時間80分、日本エアコミューター株式会社
・8:45発9:40着、所要時間55分、日本航空株式会社
・10:10発11:05着、所要時間55分、日本航空株式会社
・10:25発11:10着、所要時間45分、スカイマーク株式会社
・11:35発12:30着、所要時間55分、日本航空株式会社
・14:30発15:25着、所要時間55分、日本航空株式会社
・16:55発17:50着、所要時間55分、日本航空株式会社
・17:05発17:50着、所要時間45分、スカイマーク株式会社
・17:30発18:25着、所要時間55分、日本航空株式会社
鹿児島空港発、奄美大島空港着の始発便は7:20発、最終便は17:30発です。

奄美大島空港ー鹿児島空港を利用する人の目的

奄美大島空港から鹿児島空港への路線を利用する人に多い目的は、出張や旅行、帰省、観光などです。奄美大島にある官公庁の職員や民間会社の職員などが、鹿児島市や近隣県への出張のために航空便を利用します。奄美大島に訪れたビジネスマンにも、利用されています。奄美大島在住の人が、鹿児島市などでショッピングや病院受診などのために航空便を利用するのも目的のひとつです。全国各地からの帰省者や観光客の帰りの便としても、利用されています。また、奄美大島空港から鹿児島空港を経由して、福岡空港や大阪国際空港、関西国際空港、東京国際空港、成田国際空港などに向かう利用者が多いのも特徴です。

鹿児島空港の特徴

鹿児島空港は、鹿児島市の北東約28キロメートルにあり、霧島連峰や桜島が眺望できます。空港の面積は187万7000平方メートルで、滑走路の長さは3000メートルです。国内線旅客ターミナルビルの開館時間は6:20、閉館時間は21:40になっています。
国際線旅客ターミナルビルは出発便の場合の開館時間は出発時刻の3時間前、閉館時間は出発時刻の1時間後です。到着便の場合は、開館時間は到着時刻の2時間前、閉館時間は到着時刻の1時間後になっています。
空港内には15のショップがあり、鹿児島の特産品などのショッピングを楽しむことが可能です。レストランも13店あり、鹿児島の名物料理や中華料理、洋食などがそろっています。子ども連れの方のためには、ベビーカーやベビー休憩室、子どもの遊び場などがあり自由に利用できるのが特徴です。お身体の不自由な方のためには、多目的トイレや車イス、シルバーカーなどが設置されています。専用の車イスが準備されているため、足湯を楽しむことも可能です。

奄美大島空港空港へのアクセス

奄美大島の中心部である奄美市名瀬から奄美大島空港までの所要時間は、リムジンバスで約54分です。奄美大島の南端に位置する瀬戸内町古仁屋から奄美大島空港までは、奄美市名瀬経由のバスで2時間40分ほど要します。

奄美大島空港ー鹿児島空港への航空会社の運行本数

奄美大島空港発、鹿児島空港着の1日の運行本数は、日本航空株式会社が6便、日本エアコミューター株式会社が2便、スカイマーク株式会社が2便です。

奄美大島空港ー鹿児島空港への時期による利用者数

奄美大島空港発、鹿児島空港着で、最も利用者数が多い時期は、正月、3月下旬、ゴールデンウイーク、7月下旬〜8月の夏休み期間になります。正月とゴールデンウイークは、帰省者の航空便の利用が多くなるのが特徴です。3月下旬は、就職や進学、公務員の異動などで利用者が多くなります。夏休み期間中は、観光の方々や帰省者の利用で航空券を予約するのが難しい時期です。

奄美大島空港ー鹿児島空港への利用者の多い時間帯

奄美大島空港発、鹿児島空港への利用者の多い時間帯は、8:00〜12:00くらいまでになります。これは、鹿児島空港までの利用者と鹿児島空港を経由して、福岡空港や関西国際空港、東京国際空港などに向かう利用者が重なるためです。

奄美大島空港ー鹿児島空港への距離

奄美大島空港から鹿児島空港までの距離は、約352キロメートルです。

※2018年5月調査時点の料金および時間