6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

奄美大島空港発 (鹿児島県) 那覇空港着 (沖縄県) 格安航空券・LCCの最安値販売

奄美大島【ASJ】 那覇 【OKA】

最安値 ¥14,320 【2021年5月9日など】
2020 9
1 ¥20,170 2 ¥22,470 3 ¥22,470 4 ¥22,470 5 ¥22,470
6 ¥20,170 7 ¥22,470 8 ¥22,470 9 ¥22,470 10 ¥22,470 11 ¥22,470 12 ¥22,470
13 ¥22,470 14 ¥22,470 15 ¥22,470 16 ¥22,470 17 ¥22,470 18 ¥22,470 19 ¥22,470
20 ¥22,470 21 ¥22,470 22 ¥22,470 23 ¥22,470 24 ¥22,470 25 ¥22,470 26 ¥22,470
27 ¥20,170 28 ¥20,170 29 ¥20,170 30 ¥20,170
2020 10
1 ¥20,170 2 ¥20,170 3 ¥20,170
4 ¥20,170 5 ¥20,170 6 ¥16,120 7 ¥16,120 8 ¥16,120 9 ¥16,120 10 ¥20,170
11 ¥20,170 12 ¥20,170 13 ¥16,120 14 ¥16,120 15 ¥16,120 16 ¥16,120 17 ¥20,170
18 ¥20,170 19 ¥20,170 20 ¥15,920 21 ¥15,920 22 ¥15,920 23 ¥15,920 24 ¥16,120
25 ¥16,120 26 ¥16,120 27 ¥15,920 28 ¥15,920 29 ¥15,920 30 ¥15,520 31 ¥19,120

※搭乗日によって価格が前後します。
カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。

奄美大島【ASJ】→ 那覇【OKA】 2020年10月03日出発

奄美大島【ASJ】→ 那覇【OKA】フライト便利情報

交通手段最安値比較

鹿児島から沖縄までの移動手段の中で最も安い交通手段をカンタンに比較できます。

奄美大島→那覇 片道

飛行機 ¥17,100〜 新幹線 高速バス
航空券を検索

奄美大島【ASJ】 → 那覇【OKA】フライト情報

  • ¥23,070

    先月の最安値の航空券(片道)
  • 1

    直行便航空会社
  • 約 1 時間 5 分(390 km)

    平均飛行時間(合計距離)
  • 日本航空(JAL)

    先月の最も人気の航空会社
  • 7

    週の便数

国内航空券よくあるご質問国内航空券よくあるご質問

奄美空港−那覇空港の移動にかかる時間と費用

奄美空港‐那覇空港の路線情報

奄美空港から那覇空港間で運航する航空会社はJAL(日本航空)1社です。1日の運航本数は1本です。運航本数に限りがありますのでお早めにお申込みください。

奄美空港−那覇空港の所要時間

奄美空港から那覇空港間の搭乗時間は約1時間です。搭乗手続きに1時間かかるとすると、約2時間かかります。

奄美空港−那覇空港の移動にかかる費用

奄美空港から那覇空港間の飛行機の航空券の料金は27400円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

沖縄県の人気グルメ・スポット

沖縄県で人気のスポットは美ら海水族館やダイビング、シュノーケリングで有名な真栄田岬、世界遺産である首里城などです。観光地以外にもビーチでのアクティビティも充実しています。人気のグルメには沖縄そばやタコライスなど古くから愛されるソウルフードが数多くあります。

沖縄県、那覇空港のお土産

沖縄県で人気のお土産はちんすこうや元祖紅芋タルトなどです。元祖紅芋タルトはモンドセレクションをはじめとする様々な賞を受賞しています。30年以上続く紅芋タルトは多くの人に喜ばれる定番のお土産です。

奄美大島空港ー那覇空港への空港情報

奄美大島空港ー那覇空港への便

奄美大島の奄美空港を出発し、沖縄県の那覇空港に到着する直行の航空便は、1日に1便のみの運行となっています。航空会社は日本航空(JAL)系列で、奄美と沖縄で離島路線を運行している琉球エアーコミューター(RAC)です。奄美空港発の便は0854便で、14時15分発、15時15分に那覇空港に到着します。
そのほかに、大阪空港(伊丹)、羽田空港、鹿児島空港、関西空港、福岡空港での乗り継ぎ便が利用できます。その場合の始発便は、日本航空(JAL)2464便で奄美12時5分発、大阪(伊丹)13時35着、乗り継ぎ便は日本航空(JAL)2087便、大阪(伊丹)14時55発、那覇16時55分着です。最終便は日本航空(JAL)3684で奄美18時45分発、福岡20時着、乗り継ぎ便は日本トランスオーシャン航空(JTA)065便で福岡20時45分発、那覇22時15分着です。

奄美大島空港ー那覇空港を利用する人の目的

奄美大島と沖縄とは同じ南の海の島であり「黒潮文化圏」の中にあります。気候や生態系、文化、歴史的背景などに多くの共通点がありながら、それぞれが独自の個性を形成してきました。隣人として、古い時代から文化的交流も築かれてきました。現代においても、観光地としての連携・強化を推進しようとする動きがあり、さまざまな交流が行われています。奄美大島と沖縄の連携を推進するために航空運賃に助成金が出されています。また、奄美・沖縄の世界遺産登録やLCC就航に対応するために、2018年7月に奄美空港がリニューアルされました。
そんな流れから、奄美空港から那覇空港の空路を利用する人の目的は、観光やビジネス目的のほか、スポーツなどの地域の交流などがあります。また、沖縄からは奄美大島や離島に修学旅行に来る学生もおり、その復路にも利用されます。
沖縄や奄美の住民たちの観光旅行だけでなく、日本全国各地から旅行にやってくる人々もいます。観光地としては奄美よりも沖縄の方が観光地としてよく知られており人気が高く、観光客数には大きな違いがあります。しかし中にはアイランドホッピングとして、まず奄美に立ち寄ってから沖縄へ向かう人々もいます。奄美から那覇への経路には空路のほかにフェリーなどの航路もありますが、日本各地から来る観光客のほとんどが空路を利用しています。LCCのバニラエアが2014年に東京・成田、2017年に大阪・関西空港に就航したことで、日本全国から奄美大島を訪問しやすくなっていることもあります。
今後、奄美大島と沖縄の観光地としての連携・強化が進んでいけば、両地域を巡るプランの提案が増えていく可能性が大きいでしょう。

那覇空港の特徴

那覇空港は国内線と国際線のターミナルがあり、国際線は中国や韓国、台湾、シンガポールなどに直行便があります。日本の全国各地だけでなく海外からも多くの観光客が訪れています。リゾート感あふれる空港で、お土産やお弁当のショップのほかに高級ブランド品を国内で購入できる免税店も並んでおり、国内線だけの利用でも、ちょっとした海外旅行気分が感じられるでしょう。レンタカーの受付カウンターやクレジットカードユーザーのための空港ラウンジ、銀行やATM、簡易郵便局や宅配サービスなど便利な施設が一通り揃っているため便利で快適な空港です。
交通は市内へのアクセスに便利な空港直結のモノレール・ゆいレールや、バス、タクシーが利用できます。レストランは非常にバラエティに富んでおり、軽食や沖縄料理はもちろんのこと、ファーストフード・和食・洋食・中華料理などが揃っています。ショップはお土産店を中心に、コンビニ、ドラッグストア、書店などのほか、マッサージサロンのようなサービスショップもあり、待ち時間をリラックスタイムにして過ごすこともできます。

奄美大島空港へのアクセス

奄美大島の交通には鉄道がありません。奄美空港へのアクセスは、自家用車やタクシーなどの車か、あるいは空港にも乗り入れている「しまバス」を利用することになります。
奄美空港は奄美大島の北東部、奄美市笠利町の太平洋側にあります。空港は県道に面しており、敷地内には笠利町方面からのみ進入できます。奄美市名瀬の方面からは、龍郷町役場から屋入トンネルを抜け、赤尾木交差点を右折し直進してください。空港の駐車場は無料で8時〜19時30分まで利用できます。
奄美空港行きのしまバスは、名瀬市街地のウエストコート前から空港線が発着しています。基本的には1時間に1本、時間によっては1時間に2本が運行されており、所要時間は1時間5分、料金は1 100円です。

奄美大島空港ー那覇空港への航空会社の運行本数

奄美空港発、那覇空港着の直行便は、琉球エアーコミューター(RAC)による0854便のみで、1日1本の就航となっています。14時15分奄美発、15時15分に那覇着です。
乗り継ぎ便を利用する場合、日本航空(JAL)のみで移動できるのは2464便(奄美12時5分発、大阪・伊丹13時35分着)と2087便(大阪・伊丹14時55分発、16時55分那覇着)と、658便(奄美15時発、羽田17時5分着)と925便(羽田19時35分発、那覇21時55分着)の2パターンです。
ほかには、日本航空(JAL)とLCCを含めた他の航空会社を利用したパターンが3パターンあります。JAL658便(奄美15時発、羽田17時5分着)とスカイマーク(SKY)の523便(羽田18時20分発、那覇21時5分着)、JAL3732便(奄美15時35分発、鹿児島16時25分着)とソラシドエアー(SNA)85便(鹿児島17時35分発那覇19時着)、JAL3684便(奄美18時45分発、福岡20時着)と日本トランスオーシャン航空(JTA)065便(福岡20時45分発、那覇22時15分着)です。
また、バニラエアー(VNL)と他の航空会社を利用したパターンが2パターンあります。VNL874便(奄美17時15分発、関西18時40分着)と日本トランスオーシャン航空(JTA)009便(関西20時15分発、那覇22時10分着)を使ったものと、VNL874(奄美17時15分発、関西18時40分着)と全日空(ANA)の1739便(関西20時20分発、那覇22時20分着)を使ったものです。
ただし、直行便の所要時間が約1時間なのに対し、乗り継ぎ便の場合は3時間半?7時間近い時間がかかってしまいますし、料金もかかります。2つの航空会社を利用すると搭乗手続きや手荷物検査も2回になりいろいろと手間がかかりますし、遅延による乗り遅れや欠航などのリスクもあります。可能な限りは直行便を利用するのが賢明だといえるでしょう。

奄美大島発那覇行きのフライトで最も安いのは12月で、平均価格は15500円ほどです。
4月が最も高く19500円前後となります。通常期は15000から19000円台です。

奄美大島空港ー那覇空港への距離

奄美空港から那覇空港への距離は、約396kmあります。琉球エアーコミューター(RAC)の運行する航空便の所要時間は、約1時間10分です。
航路には、マルエーフェリー株式会社(奄美海運株式会社)による鹿児島航路があります。鹿児島港(新港)を出発してから、奄美大島(名瀬港)、徳之島(亀徳港)、沖永良部島(和泊港)、与論島(与論港)を経て沖縄(本部港と那覇港)まで行くことができます。名瀬港から那覇港までの航路距離は、352kmとなっています。鹿児島発の下り便は1日1便で、名瀬港に5時入、出発が5時50分で、那覇港に入るのは19時になります。つまり、所用時間は約13時間10分ということになります。上り便は那覇港を7時に出発し、名瀬港に20時30分に入ります。

※2018年5月調査時点の料金および時間

s

海外旅行

奄美大島空港発の格安航空券

那覇空港着の格安航空券

格安航空券・LCC(国内線)検索比較予約サイトエアトリとは?

エアトリは総合旅行サービスです。LCCも含め日本国内すべての航空会社の航空券を一括検索可能です。
ご希望やご予定にあわせて最安値のチケットを予約できます。
国内航空券だけではなく海外航空券や国内・海外ホテル、その他にも新幹線、ツアー、レンタカー、アクティビティといった旅行に必要な様々なサービスを検索できるため、お客様のニーズに合わせてご利用いただけます。 また会員登録していただくと、より「お得」で「便利」にご利用いただけます。
会員の方はご購入額に応じてポイントが加算され、貯まったポイントは次回の航空券予約時などに1ポイント=1円としてご利用いただけます。またAmazonギフト券やGポイントに変換することもできます。(一部商品を除く) 国内・海外旅行ならエアトリにお任せください!