新千歳空港発 (北海道) 羽田空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

新千歳【CTS】 ➡ 羽田 【HND】

新千歳 羽田 着の最安値(全期間) ¥7,960 【2019年01月16日など】
2018 11
1 ¥18,660 2 ¥18,660 3 ¥18,660
4 ¥20,310 5 ¥18,660 6 ¥18,660 7 ¥18,660 8 ¥18,660 9 ¥18,660 10 ¥18,660
11 ¥36,760 12 ¥18,660 13 ¥18,660 14 ¥18,660 15 ¥18,660 16 ¥18,660 17 ¥18,660
18 ¥18,660 19 ¥18,660 20 ¥18,660 21 ¥18,660 22 ¥18,660 23 ¥15,560 24 ¥14,560
25 ¥14,760 26 ¥12,160 27 ¥11,160 28 ¥11,160 29 ¥11,160 30 ¥12,460
2018 12
1 ¥10,160
2 ¥12,160 3 ¥11,160 4 ¥9,160 5 ¥9,160 6 ¥9,160 7 ¥12,160 8 ¥10,160
9 ¥12,160 10 ¥10,160 11 ¥9,160 12 ¥9,160 13 ¥9,160 14 ¥11,160 15 ¥9,160
16 ¥11,160 17 ¥10,160 18 ¥9,160 19 ¥9,160 20 ¥9,160 21 ¥10,160 22 ¥9,660
23 ¥9,160 24 ¥10,160 25 ¥9,660 26 ¥9,660 27 ¥9,160 28 ¥10,460 29 ¥11,560
30 ¥10,160 31 ¥9,160

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

新千歳空港−羽田空港間の移動にかかる時間と費用

新千歳空港−羽田空港の路線情報

新千歳空港から羽田空港で運行する航空会社は、JAL、ANA、エアドゥ(AIR DO)、スカイマーク(SKYMARK)の4社です。1日に運行する本数は、JALが17本、ANAが29本、エアドゥが11本、スカイマークが8本です。最初の便が7時30分発、最終便が21時50分発です。

新千歳空港−羽田空港の所要時間

札幌駅から新千歳空港まで電車で約40分、搭乗手続きに1時間、搭乗時間が約1時間40分かかります。新幹線で東京駅へ向かう場合、以前は在来線や特急列車を使う必要がありましたが、北海道新幹線が開業したことにより8時間程度で行けるようになりました。

新千歳空港−羽田空港の移動にかかる費用

飛行機の航空券の料金は、JAL、ANAで40 190円からあり、エアドゥで35 410円から、スカイマークで28 190円からあります。新幹線では、札幌駅から東京駅までで26 670円かかります。早期購入割引や株主優待を利用すれば、お得に航空券を購入できます。

東京都で人気のスポット・グルメ

羽田空港から電車で30分程度で東京駅へ行け、都内の観光スポットを楽しめます。パンダで有名な上野動物園では世界三大珍獣といわれるジャイアントパンダ、オカピ、コビトカバが見られます。また、ガラス張りの外観が綺麗な東京国際フォーラムでは毎日様々なイベントや展示を行っており、いつ遊びに行っても楽しめます。都内にはミシュラン1つ星のラーメン屋「Japanese Soba Noodles 蔦」や、ミシュラン3つ星の和食屋「神楽坂 石かわ」など名店が数多くあります。特に、Japanese Soba Noodles 蔦はラーメン屋でありながらミシュランを獲得しており、1 000円以下でミシュランに認められる味を楽しめるのが魅力です。

東京都、羽田空港のお土産

東京のお土産は、東京土産の定番「東京ばな奈」や店に行列ができるほど人気な「日本橋錦豊琳かりんとう」などがあります。また羽田空港内の売店で販売されている「羽田ロール」やパンダなどの絵がかわいい「お絵かきマカロン」は羽田空港限定なので、お土産に最適です。早期購入割引や株主優待などを利用すれば、新幹線よりお得に飛行機を使えます。観光スポットやお土産も充実している東京に飛行機で遊びに来てみては?

新千歳空港から羽田空港への空港情報

新千歳空港ー羽田空港への便

札幌・新千歳空港〜東京・羽田空港の始発便は、ANA(全日空)の、新千歳空港7時30分発・羽田空港9時05分着です。出発の1時間ほど前に空港に着いておけば、搭乗手続きにも余裕を持って行うことができます。しかし、6時30分に空港に着くためには、かなり早い時間の出発を余儀なくされます。空港までのアクセスによっては、空港に近い場所に前泊することも選択肢に入れるべきでしょう。
最終便は、ANA(全日空)の、新千歳空港21時50分発・羽田空港23時30分着です。また、スカイマーク(SKYMARK)では深夜便として、新千歳空港を翌0時10分発・羽田空港2時00分着、翌1時10分発・羽田空港2時50分着の2便があります。ただし、新千歳空港1時10分発の便は、土曜日には就航していないので注意が必要です。どちらにしても、到着時刻を考えると、乗り継ぎ以外の目的では使いづらい時間帯ではないでしょうか。

新千歳空港ー羽田空港を利用する人の目的

新千歳空港〜羽田空港の路線を利用する方に多い目的として、まずは乗り換えがあります。新千歳空港には直結便が少ないので、北海道から海外など各地に行く際には、新千歳空港から、本州にある他の空港で乗り換えなければいけないケースがあるのです。いっぽう、到着する羽田空港には、そこから海外のみならず全国各地に就航している便があり、各地から国内への乗り継ぎ空港としても利用されています。このため、新千歳空港から各地に向かう際にも、乗り継ぎの目的で新千歳空港〜羽田空港の路線が多く利用されているのです。
ビジネスの目的でも、この路線は多く利用されています。ビジネスの中心である東京には、大企業の本社や支社をはじめとして、企業も多数存在しています。北海道各地からの出張や異動をはじめ、研修会や会議など、ビジネスにおけるさまざまなケースでこの路線が利用されているのです。
新千歳空港〜羽田空港の路線は観光目的でも多くの方に利用されています。ビジネスだけでなく、観光地としても東京やその近郊には多くのスポットが存在します。浅草・新宿・原宿など、その世代に合わせたスポットはどこも魅力的です。また、東京ディズニーリゾートや横浜など、周辺にも人気の施設や名所があります。さらに、羽田空港の近隣のみならず、そこから経由して箱根や富士山といった周辺の観光地に向かうなど、選択肢は多くあります。北海道方面への観光を終えて帰路で利用するケースも当然多く、往路としても復路としても、需要の多い路線です。
観光とともに、コンサートやイベントに合わせて利用されるケースも見逃せません。この場合、一時的・短期的に混雑することもあります。この路線を利用する際には、事前にイベント情報などもチェックしておけば心強いでしょう。

羽田空港の特徴

到着地である羽田空港は、正式名称は東京国際空港といいます。
日本最大の空港として知られており、年間の発着回数は約38万回、航空旅客が約6600万人で、24時間運用可能です。グルメスポットも豊富にあり、離着陸する飛行機を見ながら食べることのできるレストランや、屋上デッキと連結していて眺めの良いイタリアンレストラン、そして、とんかつや寿司などのお店もあります。
また、第1ターミナルビルではショッピングや食事を楽しむことができます。吹き抜けになっているお洒落なビルは、その見た目の雰囲気も独特のものです。空の旅の行き帰りだけでなく、ここを目的地にしたデートなどにも最適でしょう。
食事・ショッピング・デッキからの風景など、羽田空港には待ち時間を忘れさせてくれる快適性があります。

新千歳空港へのアクセス

新千歳空港には、JR千歳線が乗り入れています。札幌駅からは、快速列車「エアポート」が、8時15分から20時15分までの間、約15分間隔で運転しています。その快速列車を利用すれば約40分、普通列車であれば約55分で新千歳空港に到着です。また、旭川駅からは函館本線を使って札幌駅で乗り換えて、苫小牧駅からは室蘭本線を使って南千歳駅で乗り換えて、空港に到着します。北海道の各都市からは、最終的に札幌駅か南千歳駅で乗り換えて千歳線を使用するパターンが一般的です。
その他にも、札幌駅・苫小牧駅からはJRの路線バスが走っています。札幌市内の地下鉄各駅や主要ホテルの前からもバスが出ているので、市内で宿泊する場合にはこれらを利用すると便利です。

新千歳空港ー羽田空港への航空会社の運行本数

新千歳空港発〜羽田空港着の路線で、就航している航空会社は4社あります。ANA(全日空)・JAL(日本航空)・スカイマーク(SKYMARK)・エアドゥ(AIR DO)の各社です。各航空会社の1日の運航本数は、ANAが24〜26便、JALが16便、スカイマークが9〜10便、エア・ドゥは11便です。始発便と最終便を就航しているANAが最も多く、次いでJAL、エア・ドゥ、スカイマークと続いています。また、ANAが就航している便のうち数便は、エア・ドゥの運航によるものです。
この路線は全国的にも重要路線の1つであり、全体的に本数は豊富にある上に、時間帯の偏りもなく就航されています。搭乗便の選択肢が多くあるため、限られた航空便の発着時間によって旅行の計画を変更する必要もなく済むでしょう。

新千歳空港ー羽田空港への時期による利用者数

新千歳空港発〜羽田空港着の路線の利用は、年間を通じて多くあります。北海道から東京に観光に訪れる場合、その季節に合わせたイベントが各所で行われているため、繁忙期と閑散期の差が比較的少ない点が特徴的です。そして、東京から北海道に観光に出かけた帰りにこの路線を利用する場合も、北海道は冬の雪まつり・スキーだけでなく、夏であれば避暑地、秋は紅葉と、それぞれの季節によって見どころがあります。
その中で利用のピークといえるのは、お盆や年末年始の帰省ラッシュの時期や、夏休みなど、学校の長期休暇の時期でしょう。また、東京ディズニーリゾートなど特定の施設で人気のイベントが行われた場合にも、路線を利用する方が増える傾向があります。これらの時期にこの路線を利用する場合には、チケットを早めに押さえるなどの対策が必要です。
ビジネスで利用する場合は、お盆や年末年始といった特定の短期間を除き、季節に関係なく利用されています。

新千歳空港ー羽田空港への利用者の多い時間帯

新千歳空港発〜羽田空港着の路線は、7時30分の始発便から深夜便まで、時間帯の偏りなく航行されています。早朝や深夜など特殊な状態を除き、最終的には全ての便で満席に近くなることが多く、目立った傾向もあまり見られません。
ただ、予約を見ると、朝比較的余裕を持って動くことのできる午前9時〜10時頃と、到着時刻が深夜にならない午後4時〜5時頃に、多くの申し込みが確認できます。これは、北海道から東京にビジネスや観光で出かける場合には午前中に出る便の方が都合よく、逆に、帰路として利用する場合には夕方以降の便が使いやすいと考えることができます。しかし、時間帯に制約のない観光の場合など、航空券を購入する際に時間帯よりも料金を優先することもあり、人それぞれともいえるでしょう。
どちらにしても、さまざまな目的で利用される人気の路線なので、時間帯に希望がある場合は特に、航空券は早目に確保しておくと安心できます。

新千歳空港ー羽田空港への距離

新千歳空港から羽田空港までの距離は822キロで、ほぼ直線距離と変わりありません。そして、マイルで換算すると約510マイルです。羽田空港から福岡空港までが880キロなので、それよりも少し短い距離です。国内線としては長めの距離で、マイル・マイレージを貯めている場合には多く貯めることができます。その平均飛行時間は1時間35分です。

※2016年4月調査時点の料金および時間