格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

予約確認

新千歳発 ⇒ 中部国際着格安航空券

国内航空券

搭乗日をクリックしてください。

2018/9
1 ¥42,210~
2 ¥42,210~ 3 ¥21,260~ 4 ¥21,260~ 5 ¥42,210~ 6 ¥40,710~ 7 ¥42,210~ 8 ¥21,260~
9 ¥21,260~ 10 ¥21,260~ 11 ¥21,260~ 12 ¥21,260~ 13 ¥21,260~ 14 ¥21,260~ 15 ¥21,260~
16 ¥21,260~ 17 ¥21,260~ 18 ¥21,260~ 19 ¥21,260~ 20 ¥21,260~ 21 ¥21,260~ 22 ¥21,260~
23 ¥15,710~ 24 ¥21,260~ 25 ¥8,410~ 26 ¥7,610~ 27 ¥9,210~ 28 ¥6,140~ 29 ¥6,140~
30 ¥9,440~

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。

※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

新千歳空港−中部国際空港間の移動にかかる時間と費用

新千歳空港−中部国際空港間の路線情報

新千歳空港から中部国際空港間の移動で利用できる航空会社は5社です。1日に運航する本数は、ANAとエアドゥ(AIRDO)の共同運航便が3本、JALが4本、ANA単体が3本、スカイマークが3本、ジェットスターが1本です。新千歳空港−中部国際空港間の路線の場合、始発便はJALの8時45分、最終便はスカイマークの出発時刻は20時05分です。

新千歳空港−中部国際空港間の所要時間

札幌駅から新千歳空港まではJR千歳線の電車を使えば、40分で移動できます。搭乗手続きにかかる約1時間と2時間のフライト時間を合わせて、札幌駅から中部国際空港までは3時間40分かかります。一方、札幌駅から名古屋駅までは電車を利用した場合、10時間30分ほどかかります。飛行機の方が7時間程度早いです。

新千歳空港−中部国際空港間の移動にかかる費用

新千歳空港から中部国際空港への航空券の料金は、普通運賃の場合JAL・ANAは42 210円、エアドゥは40 710円、スカイマークは22 210円です。ジェットスターは7 260円です。スカイマークの早期購入割引3日前を利用すれば、6 910円の航空券を購入することも可能です。札幌駅から中部国際駅までの新幹線・電車を使った場合のきっぷの料金は33 960円なので、飛行機を利用すれば、25 000円以上もお得です。

愛知県の人気スポット・グルメ

愛知県には、猿専門の動物園である「日本モンキーセンター」、尾張徳川家の遺品などが多数展示されている「徳川美術館」、名古屋市内から約1時間でアクセスできる複合型マリンリゾート「ラグーナテンボス」などの観光スポットがあります。グルメは、牛筋肉や大根を八丁味噌で煮込んだ名古屋の郷土料理「どて焼き」、ご飯の中にエビの天ぷらを入れて食べる「天むす」、唐がらしたっぷりのスープが見た目も味も強烈な「台湾ラーメン」などが人気です。

愛知県、中部国際空港のお土産

愛知県では、アーモンドとバターの風味が口の中で融和するシェ・シバタの「ヴィジタンティーヌ」、黒糖、大納言、抹茶などを使用した両口屋是清の「ささらがた」、やわらかい食感が特徴の和菓子餅文総本店の「一口水ういろ」などのお土産を購入できます。また、中部国際空港では、えびせんべいの里の「えびせんいろいろ」や濃厚な甘みが特徴の「名古屋プリン」などお土産を購入できます。

新千歳空港から名古屋空港への空港情報

新千歳空港ー名古屋空港への便

新千歳空港から名古屋空港へは、1日に19〜21本の便が出ています。始発便はエア・ドゥHD130便と全日本空輸NH4830便の共同運航による8時40分の便です。名古屋空港へは10時25分に到着します。一方、最終便はスカイマークBC768便で、21時35分に新千歳空港を出航、23時25に名古屋空港へ到着します。

新千歳空港ー名古屋空港を利用する人の目的

新千歳空港から名古屋空港へ向かう便を利用するお客様の目的としてまず挙げられるのは、ビジネスでの利用です。名古屋は日本第3の大都市であることから、トヨタ自動車を始めとした多くの大企業の本社があります。また、ナゴヤドームや名古屋国際展示場などでは各業界関係のイベントが多く行われており、出張や視察目的で北海道から名古屋を訪れる方も多いのが特徴です。
また、名古屋には歴史的なみどころやレジャースポットが多いため、多くの方が北海道から名古屋へ観光に向かっています。歴史が好きな方ならば、徳川御三家筆頭であった尾張藩二代藩主光友が作らせた「徳川園」や、金のシャチホコで有名な「名古屋城」などに訪れてみるとよいでしょう。
名古屋だけでなく、日本を代表する企業のひとつであるトヨタの創業50周年を記念して作られた「トヨタ記念館」も多くの方が訪れるスポットです。この記念館では世界中の珍しい自動車が展示されているほか、館内では明治大正時代を象徴する多くの車種が見学できます。また、時期によってはそれらの車の走行披露も行われています。街中を走るクラシックカーの貴重な走行シーンを堪能できるでしょう。観光としてはもちろんのこと、トヨタのビジネスを学ぶこともできる場所として、ビジネスと観光の両目的で人気のスポットです。
そのほか、名古屋には中日ドラゴンズや名古屋グランパスといったスポーツチームの本拠地となっています。中日ドラゴンズのホームスタジアムであるナゴヤドームや名古屋グランパスのホームスタジアムであるトヨタスタジアムには、試合の日になると日本全国から多くの野球ファンやサッカーサポーターが詰めかけます。北海道を日本ハムファイターズやコンサドーレ札幌といった、北海道をホームタウンとするチームを応援するために名古屋を訪れるという方も多いです。

名古屋空港の特徴

到着空港となる名古屋空港は、セントレアの愛称で親しまれています。成田国際空港や関西国際空港とともに国際航空路線に必要な国際拠点空港として位置づけられており、空港内の施設が充実していることでも知られています。
また、名古屋空港は空港と駅が直結しているため、到着してからの移動もスムーズにできるのが特徴です。名鉄常滑線に乗れば、およそ28分で名古屋駅に到着します。栄や豊田へ行きたい場合には、直行バスを利用すると早くて乗り換えの必要もありません。
名古屋空港は空港からの利便性だけでなく、空港内での快適性も優れています。たとえば、対象クレジットカードを持っている方は、プレミアムラウンジを利用するとことができます。プレミアムラウンジは3階出発ロビーに2カ所です。ラウンジ内ではアルコール類も含むフリードリンクサービスのほか、無料Wi-Fiサービスなどが完備されています。出発前だけでなく到着時にも利用できるので、名古屋空港に到着したらこのラウンジで一息つくのもよいでしょう。
名古屋空港内にはファッションやお土産、グルメなどいろいろなショップが入っています。ターミナルビル4階にある「ちょうちん横丁」は日本の宿場町をイメージした和情緒あふれる空間となっており、30もの店舗が軒を連ねています。全国的にも有名な名古屋飯のお店も多いので、空港内で名古屋の名物を堪能することもできるでしょう。とりわけ人気なのがひつまぶしのお店「まるや本店」です。こだわりの食材を熟練の職人が焼き上げていると評判です。また、「めいふつ 天むす 千寿」では名古屋名物の天むすをテイクアウトで購入することができます。時間のないときや、到着後のお弁当用に人気です。
同じくターミナルビル4階にある「レンガ通り」では、異国情緒を感じるような空間となっています。ここではファッションや雑貨、ファーストフードのお店が多く立ち並んでいます。
また、ターミナルビルの先端にある「アリス ダイニング」も有名なお店です。セントレアで一番滑走路に近い位置するこのお店では、窓から眺めることができる海と滑走路を楽しむことができます。さらに、料理をプロデュースするのは、日本のフランス料理界を牽引する石鍋裕シェフです。伝統的なフレンチ料理にサプライズを加えたメニューを楽しむことができます。ちょっとした記念日のお祝いなど、特別な時間を過ごすことができるでしょう。
そのほか、名古屋空港には飛行機や伊勢湾の向こうに沈む夕日を眺めながら入浴ができる展望風呂「風(フー)の湯」があります。飛行機を眺めながら入浴できるというのは、全国でもこの名古屋空港の「風(フー)の湯」だけでしかできない体験です。「風(フー)の湯」では展望風呂だけでなく、ジャグジーや寝湯風呂、サウナも完備されています。無料アメニティも充実しているため、あらかじめ用意していなくても手ぶらでふらりと立ち寄れます。

新千歳空港へのアクセス

新千歳空港へは、道内のさまざまな場所から電車やバスを利用していくことができます。JR札幌駅から新千歳空港に向かう場合は、函館本線の快速エアポート新千歳空港行きに乗りましょう。
そうすればおよそ37分、乗り換えなしで到着できます。函館本線は新札幌駅で千歳線になるので、新札幌駅から新千歳空港へ向かう場合は千歳線の新千歳空港行きに乗車します。
函館から新千歳空港に向かう場合は、JRを利用する方法と高速バスを利用する方法の2通りです。電車で向かう場合には函館駅から函館本線で南千歳駅まで向かいます。南千歳駅で千歳線の新千歳空港行きの電車に乗り換えましょう。所要時間はおよそ3時間35分です。高速バスを利用する場合には、函館本線で五稜郭駅へ向かいます。そこから札幌駅までの高速バスが出ているので、それに乗って札幌駅まで向かいましょう。札幌駅からは再び電車に乗り換えます。
釧路から新千歳空港に電車で向かう場合は、根室本線で南千歳駅まで行き、そこから千歳線の新千歳空港息に乗り換えます。所要時間はおよそ4時間3分です。
函館や釧路から新千歳空港に向かう場合には、函館空港や釧路空港から空路を利用するとより早く到着できるでしょう。

新千歳空港ー名古屋空港への航空会社の運行本数

新千歳空港で運航している航空会社は全日空と日本航空のほか、エア・ドゥ、スカイマーク、エアアジア・ジャパン、ジェットスターです。全日空は8時40分発の始発便を始めとして、1日に7本運行しています。ただし、8時40分発の便はエア・ドゥとの共同運航です。
日本航空は8時45発の便から19時20分発の便まで、5本が出航しています。エア・ドゥの便は全日空と共同運航している8時40分の便のみです。スカイマークは9時40分発の便から21時35分発の便まで、1日に3本運行しています。エアアジア・ジャパンの便は9時50分発の便から19時45分発の便まで、1日3本です。
ジェットスターも1日に3本運航しており、9時30分発、14時30分発、16時20分発の便があります。ただし、ジェットスターの14時30分発と16時20分発は、日や曜日によって運航していないことがあるため、チケットを予約する方は事前に確認しておきましょう。

新千歳空港ー名古屋空港への時期による利用者数

名古屋は日本の第3の都市であることから、経済と観光の両面で人気を集めています。年間を通してさまざまなイベントが開催されているため、人が少なくなるという時期はありません。新千歳空港から名古屋空港へ向かう便を利用するお客様の数は、1年を通して多いと考えておいた方がよいでしょう。その中でも、年末年始やお盆、春の長期休暇の時期には特に混雑することが予想されます。そうした時期にはビジネス目的や観光目的のお客様に加え、名古屋に帰省したり、あるいは名古屋から北海道へ帰省するという方も多く見られるからです。
また、見逃してはならないのが、名古屋から北海道に訪れた観光目的のお客様の多くが帰路に空路を利用する、ということです。そのことを考えると、北海道の観光シーズンとなる春から夏にかけては1年の中でも比較的お客様の数が増えることが想定できます。
そうした時期に新千歳空港を利用する方は、早めにチケットを予約しておくなど、準備を整えておくようにしましょう。もしくは、あらかじめなるだけオンシーズンを避けて日程を組むというのもひとつの方法です。

新千歳空港ー名古屋空港への利用者の多い時間帯

新千歳空港から名古屋空港に向かう路線は、新千歳空港の国内線の中でも人気が高い路線のひとつです。そのため、1日における本数も多いです。始発から終発まで、運航ペースはほとんど1時間に1本のペースですので、空港ロビーは1日中、常に人が多い状態であると思っておいた方がよいでしょう。その中でも、9時台、14時台、19時台は日によって1時間に3本の便が出航することになるため、特に多くのお客様が空港ロビーに詰めかけることが想定されます。できるだけ混雑を避けたいという方は、そうした時間を避けた方が無難です。また、ピークタイムの後には出航時刻の間隔が開きます。たとえば、11時00分発の全日空便や16時05分発の日本航空便であれば、前の便との間隔が1時間空いています。そうした便を予約すれば、のんびりと空港内で過ごすことができるでしょう。

新千歳空港ー名古屋空港への距離

新千歳空港から名古屋空港までの距離は988.0km、フライト時間は約1時間40分です。仮に札幌駅から名古屋駅まで陸路のみで向かうとすると、新函館北斗駅と東京駅で乗換えしなければなりません。しかも、その場合だと到着までに7時間程度かかります。そうしたことを考えると、空路の方が遥かに早く、快適に到着できるといえるでしょう。

※2016年11月調査時点の料金および時間