新千歳空港発 (北海道) 成田空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

新千歳【CTS】 ➡ 成田 【NRT】

新千歳 成田 着の最安値(全期間) ¥5,030 【2018年11月28日など】
2018 11
1 ¥18,810 2 ¥18,810 3 ¥18,810
4 ¥36,910 5 ¥18,810 6 ¥18,810 7 ¥36,910 8 ¥18,810 9 ¥18,810 10 ¥18,810
11 ¥36,910 12 ¥18,810 13 ¥18,810 14 ¥18,810 15 ¥18,810 16 ¥36,910 17 ¥36,910
18 ¥18,810 19 ¥18,810 20 ¥6,530 21 ¥5,530 22 ¥12,230 23 ¥8,020 24 ¥6,420
25 ¥9,540 26 ¥7,410 27 ¥5,530 28 ¥5,030 29 ¥5,530 30 ¥5,530
2018 12
1 ¥5,030
2 ¥6,220 3 ¥5,030 4 ¥5,030 5 ¥5,030 6 ¥5,530 7 ¥6,220 8 ¥5,530
9 ¥6,220 10 ¥5,530 11 ¥5,030 12 ¥5,030 13 ¥5,030 14 ¥5,530 15 ¥5,030
16 ¥5,530 17 ¥5,030 18 ¥5,030 19 ¥5,030 20 ¥5,030 21 ¥5,530 22 ¥5,530
23 ¥5,530 24 ¥6,530 25 ¥5,030 26 ¥6,220 27 ¥6,900 28 ¥7,320 29 ¥8,020
30 ¥8,020 31 ¥6,530

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

新千歳空港−成田空港間の移動にかかる時間と費用

新千歳空港−成田空港の路線情報

新千歳空港から成田空港間で運行する航空会社は5社です。1日に運行する本数は、JALは1本、ANAは2本、ジェットスター(Jetstar)は6本、バニラ・エア(Vanilla Air)は7本、ピーチ・アビエーション(PeachAviation)1本です。最終便はバニラ・エア(Vanilla Air)の19時45分発が最終です。

新千歳空港−成田空港の所要時間

札幌駅から新千歳空港までは電車を使えば、45分で移動できます。搭乗手続きに1時間、搭乗時間が約1時間30かかり、合わせて3時間15分ほどかかります。新幹線で成田駅へ向かう場合、以前は在来線や特急列車を使う必要がありましたが、北海道新幹線が開業したことにより、8時間程度で行けるようになりました。飛行機を利用した場合、5時間程度早く成田空港へ向かうことができます。

新千歳空港−成田空港の移動にかかる費用

新千歳から成田空港間の飛行機の航空券の料金はJAL、ANAの場合37 940円、ジェットスター(Jetstar)の場合6 120円、バニラ・エア(Vanilla Air)の場合5 270円、ピーチ・アビエーション(Peach Aviation)の場合4 790円からです。JAL、ANAの場合、早期購入割引や株主優待割引を利用すれば、お得に航空券を予約できます。開業予定の新幹線・特急列車で札幌まで行く場合は、27 795円かかります。飛行機での移動は新幹線の移動に比べ、LCCや早期購入割引を利用すればお得に移動できます。

千葉県の人気グルメ・スポット

成田市には重要文化財に指定されている成田山新勝寺があります。成田の名物がならぶ、成田山表参道では濃厚なタレと香ばしいうなぎが組み合わさった、うな重や鯉を使った郷土料理などのグルメが楽しめます。空港内には、様々な種類のレストランがあり、成田空港駅側の「唐朝刀削麺」では本格的な四川料理が食べられます。

千葉県、成田空港のお土産

成田市では瓜の中にしそを巻いて、青唐辛子を詰めた漬物である「てっぽう漬け」や100年以上続く「米屋」の栗羊羹が名物として有名です。空港内で買える、なごみの米屋さんが製造・販売している「ピーナッツ最中」は白あんの中に、ピーナッツの風味が加わった素朴な味でお土産には最適です。その他にも、落花生とベルギーチョコの相性が美味しいオランダ屋の「落花生ラング・ド・シャ」や成田空港の焼き印が入った和心想菓の「杵どら」など、落花生の産地である千葉県らしさが伝わるお土産を空港内のお土産コーナーで購入する事ができます。

新千歳空港から成田空港への路線情報

新千歳空港ー成田空港への便

新千歳空港から成田空港への定期便は1日20便就航しています。ただし、繁忙期は増便されて1日24便になることもあります。始発便はANAのNH2152便で、7時45分に新千歳空港を出発し、成田空港には9時20分に到着します。最終便はジェットスター・ジャパンのGK124便で、新千歳空港を19時55分に出発して、21時30分に成田空港に到着します。ただし、月曜日は5分早く出発し、19時50分発、21時25分着となっています。また、最終便には運休日も設けられていますので、予約をする際には気をつけください。

新千歳空港ー成田空港を利用する人の目的

北海道千歳市と苫小牧市にまたがる新千歳空港は、北海道の空の玄関口となっており、旅客数や飛行機発着回数が日本でも有数の空港です。東京や大阪など、大都市からの旅行客に加えて、函館や釧路、稚内、女満別など北海道内の各空港路線も多く就航しているため、北海道内に住んでいる方にも多く利用されています。
新千歳空港と羽田空港を結ぶ路線はJALとANAが多いのに対して、新千歳〜成田線はJALが1日1本、ANAは1日2本しか運航していません。その代わりに、バニラ・エアやジェットスター・ジャパンの便が新千歳〜成田線の多くを占めています。これらの航空会社は一般にLCC(Low Cost Carrier)と呼ばれ、航空券の価格が安いのが特徴です。そのため、新千歳〜成田線はビジネス利用の方ももちろんいますが、観光や帰省目的の利用も増えています。片道1万円以下の航空券も売られており、「安く旅行を楽しみたい」という学生や若年層に人気の路線となっています。
北海道に住んでいて海外旅行に行く際には、新千歳空港から成田空港に行き、そこから成田発の国際線を利用するという方も少なくありません。そのほかにも、成田空港はディズニーランドにも近く、新千歳空港を出発してディズニーランドに行くツアーも各旅行会社が企画しています。このように、ビジネスや観光、乗り継ぎなど、さまざまな目的で利用されているため人気の路線となっています。
また、日本人だけでなく、北海道にはキロロやルスツなど世界的にも有名なスキー場が多く、海外からのスキー客にも利用されています。成田空港で乗り継ぎを行い、新千歳空港を利用する訪日外国人も増加しています。

成田空港の特徴

成田空港は日本を代表するハブ空港です。国際線はもちろんのこと、格安航空会社の就航が増えていることもあり、国内線が充実してきています。多くの利用者がいるため、施設面も非常に充実しています。
たとえば、第1・第2旅客ターミナルにはエアポートモールという商業施設を備えています。エアポートモールには、70以上のショップやレストランが軒を連ね、乗り継ぎなどで時間があるという場合でも退屈しません。ショップの種類も豊富で、お土産専門店に加えて、トラベル用品、ファッション雑貨、キャラクターグッズなどさまざまなものが売られています。空港初出店のお店も多く入っており、成田空港限定のグッズもあるので、ぜひチェックしてみてください。レストランは和食や洋食、中華、ラーメンなど多岐にわたります。カフェやファーストフードも充実しているので、買い物途中の一休みに、小腹がすいたときに、気軽に利用できるお店に不自由しません。
そのほかにも、郵便局や銀行、理髪店、ネイルサロン、リラクゼーションもそろっており、乗り継ぎの空き時間はもちろんのこと、一日中いても飽きることはありません。

新千歳空港へのアクセス

新千歳空港へは、電車・バス・タクシー・レンタカーなど、さまざまな方法でアクセスできます。札幌駅からであれば、JR千歳線を利用するのが一番早いでしょう。JR千歳線の普通電車で約50分、快速を使えば40分ほどで新千歳空港に到着します。
バスは札幌駅からはもちろんこと、札幌市内の主要地下鉄駅から出ています。登別温泉や定山渓温泉などの観光名所からも直通バスが利用できます。札幌駅から新千歳空港までのバスの所要時間は、1時間10分〜1時間30分ほどで、約15分間隔で運行しています。新千歳空港には24時間営業の駐車場も完備していますので、車でのアクセスももちろん可能です。

新千歳空港ー成田空港への航空会社の運行本数

新千歳空港から成田空港への定期便は、1日20便です。その内訳は、JALが1便、ANAが2便、ジェットスター・ジャパンが8便、バニラ・エアが9便出ています。7時〜19時台までほぼ毎時間帯出発していますので、スケジュールに合わせて便を選ぶことができます。

新千歳空港ー成田空港への時期による利用者数

新千歳〜成田線の旅客数は年間180万人にのぼり、年間の座席利用率は8割以上となっています。成田発着の国内線のなかで一番旅客数が多い路線です。年間を通して利用率が高いですが、なかでも夏と冬は特に利用者数が多いのが特徴です。これは、夏場は避暑地として、冬場はウインタースポーツを目的として訪れる観光客が多いためです。また、年末年始やゴールデンウィークにはほとんどの便が満席近くまで埋まってしまうため、早めに予約するのがおすすめです。

新千歳空港ー成田空港への利用者の多い時間帯

新千歳空港は国内でも利用者が増加している空港のひとつで、国内旅行を楽しむ人のほか、海外からの旅行客も多く集まります。そのため、新千歳空港から成田空港へ向かう路線は、どの時間帯も空席率が低くなっています。
なかでも、新千歳空港は夕方に混雑する傾向にあります。夕方に新千歳空港を出発する旅行ツアーも多いため、夕方は特に出張帰りのビジネスパーソンや観光客で空港がにぎわいます。この時間帯は保安検査場も混雑するので、早めにチェックインするようにしましょう。

新千歳空港ー成田空港への距離

新千歳空港から成田空港への移動距離は約892kmで、フライト時間は1時間40分ほどです。2016年3月に北海道新幹線が一部開通しましたが、新幹線や特急列車を使った場合の東京から札幌までの所要時間は9時間ほどです。そのため、関東から北海道に行くには、やはり飛行機を利用するのが最短ルートとなります。

※2016年4月調査時点の料金および時間