格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

予約確認

福岡発 ⇒ 羽田着格安航空券

国内航空券

搭乗日をクリックしてください。

2018/8
1 ¥22,090~ 2 ¥22,090~ 3 ¥22,090~ 4 ¥22,090~
5 ¥22,090~ 6 ¥33,190~ 7 ¥22,090~ 8 ¥22,090~ 9 ¥33,190~ 10 ¥22,090~ 11 ¥22,090~
12 ¥33,190~ 13 ¥22,090~ 14 ¥22,090~ 15 ¥33,190~ 16 ¥22,090~ 17 ¥43,890~ 18 ¥43,890~
19 ¥43,890~ 20 ¥43,890~ 21 ¥22,090~ 22 ¥38,890~ 23 ¥22,090~ 24 ¥22,090~ 25 ¥21,490~
26 ¥22,090~ 27 ¥19,590~ 28 ¥19,590~ 29 ¥16,490~ 30 ¥16,490~ 31 ¥18,790~

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。

※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

福岡空港−羽田空港間の移動にかかる時間と費用

福岡空港−羽田空港の路線情報

福岡空港から羽田空港間で運行する航空会社は4社です。1日の運行本数は、JALは17本、ANAは25本、スターフライヤー(STARFLYER)は7本、スカイマーク(SKYMARK)は11本です。どの航空会社も20時まで運行しています。

福岡空港−羽田空港の所要時間

博多駅から福岡空港までは電車で5分程度です。搭乗手続きに1時間、福岡空港から羽田空港間の搭乗時間は約2時間なので、約3時間かかります。新幹線で行く場合は、博多駅−東京駅までは新幹線の移動では約5時間かかります。飛行機で移動する場合、新幹線の移動に比べ2時間程度早いです。

福岡空港−羽田空港の移動にかかる費用

福岡空港から羽田空港間の飛行機の航空券の料金はJAL、ANAの場合41 390円、スターフライヤー(STARFLYER)の場合36 790円、スカイマーク(SKYMARK)の場合22 190円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。新幹線で行く場合、博多駅−東京駅間は23 150円です。新幹線の移動に比べ、飛行機で移動した場合、普通運賃では同じ程度の料金ですが、早期購入割引を活用すれば5 000円程度、飛行機の方がお得です。

東京都の人気スポット・グルメ

東京にはアトラクションや温泉を楽しめる東京ドームシティや江戸の名残を感じられる浅草寺や雷門など数多くの観光スポットがあります。人気のグルメのもんじゃ焼きや深川めしなどの郷土料理以外にも、イカスミを使った珍しい東村山黒焼きそばなどのB級グルメがあります。また、羽田空港内には様々な種類のレストランがあり、「エアターミナル・キハチ」は古き良きアメリカのモダンクラシックな店内で美味しいカレーやグリル、パスタを食べられる魅力的なお店です。

東京都、羽田空港のお土産

東京で定番のお土産は、可愛らしい見た目の白あんに卵の黄身を使った「東京 ひよこ」、サクサクの食感が美味しい「東京ラスク」などです。羽田空港内のお土産コーナーには、丸い形のバームクーヘン、「ホーニッヒアッフェルバウム」などが有名です。また、ロールケーキ専門店のARINCOが作った、限定商品の「羽田ロール」やロールケーキの中にプリンが入ったパステルの「カスタードプリンロール」など、数多くの魅力的なお土産を購入できます。

福岡空港から羽田空港への空港情報

福岡空港ー羽田空港への便

福岡空港から羽田空港までの始発便と最終便の時間は以下の通りです。
・ANA
始発便の出発時刻は07:00、到着時刻は08:40です。最終便の出発時刻は21:20、到着時刻は23:00です。
・JAL
始発便の出発時刻は07:00、到着時刻は08:40です。最終便の出発時刻は21:00、到着時刻は22:40です。
・スターフライヤー
始発便の出発時刻は07:00、到着時刻は08:40です。最終便の出発時刻は21:05、到着時刻は22:45です。
・スカイマーク
始発便の出発時刻は07:10、到着時刻は08:45です。最終便の出発時刻は21:20、到着時刻は22:55です。
始発便の出発時刻はほとんどの航空会社が07:00となっています。最終便で一番遅い出発時刻は、ANAとスカイマークの21:20です。

福岡空港ー羽田空港を利用する人の目的

福岡空港から羽田空港への路線は観光目的や帰省目的はもちろんですが、ビジネス利用が特に多いといえます。福岡空港から羽田空港までの最終便が21時台まであるので、首都圏から日帰りで訪れることが可能です。また、九州北部には北九州空港や佐賀空港があるため、九州北部を訪れたビジネス利用者は21時台の最終便が多い福岡空港を経由して帰路につくことができます。周辺にある空港と比べても運行している本数が多いので、利用したい時間帯に搭乗できる便があることがビジネス利用が多い理由のひとつです。日帰りではない場合も、福岡空港周辺にはホテルが点在していますし、隣県からのアクセスが良いため利用しやすい立地といえます。そのため、福岡空港はビジネスで利用するのに大変便利な空港なのです。
さらに、グルメや繁華街を楽しめる福岡県は九州のなかでも人気の高い旅行先で、首都圏から観光で訪れる方が多い県です。そのため、旅行で来た方が首都圏に帰る際にもよく利用されます。それから、福岡空港には国際線があるものの、行き先は限られています。羽田空港で乗り換えなければいけないところもあるので、羽田空港に向かうためにこの路線を利用する方も少なくありません。福岡県や隣県に住む方が首都圏に旅行をするというのも利用目的のひとつです。

羽田空港の特徴

羽田空港は航空機の発着回数と航空旅客数が国内最大で、第1ターミナル・第2ターミナル・国際線ターミナルの3つのターミナルを有します。敷地面積は東京ドーム約330個分と広大で、空港内で楽しめるスポットが満載です。飲食店の数も豊富で和食や中華料理、カフェなど、さまざまなグルメを楽しむことができます。たとえば、第1ターミナルには卵かけご飯を味わえる店舗があります。通常の食事としてだけでなく、飛行機に乗る前の軽い食事でも利用しやすいでしょう。焼肉店やビアレストラン、時間が空いたときに立ち寄れるおしゃれなカフェも数店舗あります。第2ターミナルのトルコ料理の専門店では、本格的でボリュームのあるケバブが食べられます。ほかにも、世界各地のワインを楽しめるワインバーや寿司店など多種多様です。
羽田空港第1ターミナル1階フロアには「ファーストキャビン」というホテルが直結しています。ターミナルに直結しているため、早朝に出発する便や遅い到着の便を利用するビジネスマンや旅行者に人気です。シングルベッドを備えたビジネスクラスタイプと、セミダブルベッドを備えるファーストクラスタイプがあります。全室に32インチのテレビが設置されパジャマやタオル、アメニティも揃っているので、急遽宿泊することも可能です。大浴場やラウンジもあり、旅の疲れを癒せるでしょう。
さらに、第1ターミナルには保育園があり、生後57日から就学前の幼児を預けることができます。事前の予約や連絡が必要ですが、1時間から保育してもらえるため、出発前の慌ただしい時間のみ預けることもできるのです。そのほか、両ターミナルには空港に併設しているペットホテルの受付が設置されています。ちなみに、中・大型犬の受付は第2ターミナルのみなので注意が必要です。それから、両ターミナルの地下1階には靴磨きサービスが店舗を構えており、バッグのメンテナンスや時計の電池交換に対応している店舗もあります。
少し時間が空いたときに立ち寄れるのが6:30〜22:00まで利用可能な展望デッキです。第1ターミナルは6階と屋上に、第2ターミナルは5階が展望デッキになっています。第1ターミナルの展望デッキは屋根がついているので、天気に関係なく景色を眺められます。第2ターミナルの展望デッキは、約4 000個ものLEDをデッキに埋め込んだ「星屑のステージ」というイルミネーションが見どころです。

福岡空港へのアクセス

福岡空港の地下にある「福岡空港駅」までは地下鉄空港線を利用します。「博多駅」からの所要時間は5分、「天神駅」からの所要時間は11分です。また、「中洲川端駅」からは、地下鉄箱崎線への乗り換えが可能で、「天神駅」から徒歩約5分で地下鉄七隈線の「天神南駅」へ向かえます。
福岡県内各所をはじめ佐賀や大分、熊本からは高速バスが運行されているので、県外からの移動も便利です。さらに、路線バスも複数運行されていて、博多駅や飯塚からは急行バスが、福岡タワー南口や新生・佐谷からは市内バスがあります。自動車や自動二輪車で向かう場合、837台収容可能な駐車場を利用できます。
料金は種別によって変わりますが、普通自動車ですと30分以内は無料、1時間ごと200円、11時間以上24時間以内が2.400円です。

福岡空港ー羽田空港への航空会社の運行本数

福岡空港から羽田空港へ就航している各航空会社の運行本数は以下の通りです。
・ANA25本
・JAL17本
・スターフライヤー8本
・スカイマーク11本
一番運行本数が多いのはANAの25本、次いでJALの17本です。
なお、ANAの全運行本数のうち、9本はスターフライヤーによるコードシェアとなっていて、スターフライヤーの機材やスタッフによる運行です。

福岡空港ー羽田空港への時期による利用者数

ビジネス利用が多い路線なので、繁忙期以外でも平日は利用者が多いという傾向があります。とはいえ、福岡は九州一の繁華街や多数の観光名所があり、隣県からのアクセスも良いため、長期休暇中は首都圏から旅行で訪れた方が帰る際に利用します。そのため、年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどが最も利用者の多い時期です。
繁忙期は自動車やタクシーなどを利用すると、予想外の渋滞に遭遇して乗り遅れてしまう可能性もあります。なるべく鉄道などの公共交通機関を利用して移動しましょう。また、チェックインカウンターや保安検査は混雑していて長蛇の列ができることも少なくないので、時間がかかってしまいます。通常時は45分〜1時間程度あれば各種手続きは完了しますが、繁忙期は時間にゆとりをもって空港に到着しなければいけません。

福岡空港ー羽田空港への利用者の多い時間帯

福岡空港から羽田空港の路線で利用者の多い時間帯は、朝と夕方から夜にかけてです。ビジネス利用が多いため、朝は福岡から首都圏に向かう方で混雑しますし、夕方から夜にかけては首都圏に帰るために利用する方が増えます。利用の多い時間帯も、混雑する時期と同じように時間にゆとりをもって行動しなければいけません。ちなみに、長期休暇などの繁忙期は、時間帯に関係なく利用者が増えます。
逆に、繁忙期以外はお昼過ぎにかけての利用が比較的少なく、運行している本数も少なめです。

福岡空港ー羽田空港への距離

福岡空港から羽田空港までの移動距離は965kmで、フライト時間は約1時間45分です。

※2016年4月調査時点の料金および時間

トラベルコラム記事