函館空港発 (北海道) 伊丹空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

函館【HKD】 ➡ 伊丹 【ITM】

函館 伊丹 着の最安値(全期間) ¥9,960 【2019年01月28日など】
2018 11
1 ¥20,910 2 ¥20,910 3 ¥20,910
4 ¥22,060 5 ¥20,910 6 ¥20,910 7 ¥22,060 8 ¥20,910 9 ¥20,910 10 ¥20,910
11 ¥20,910 12 ¥20,910 13 ¥20,910 14 ¥20,910 15 ¥20,910 16 ¥20,910 17 ¥39,060
18 ¥36,560 19 ¥20,910 20 ¥20,910 21 ¥20,910 22 ¥37,560 23 ¥22,060 24 ¥20,910
25 ¥20,910 26 ¥20,910 27 ¥20,910 28 ¥20,910 29 ¥20,910 30 ¥20,910
2018 12
1 ¥21,860
2 ¥21,860 3 ¥21,860 4 ¥21,860 5 ¥21,860 6 ¥21,860 7 ¥21,860 8 ¥21,860
9 ¥21,860 10 ¥21,860 11 ¥21,860 12 ¥21,860 13 ¥20,760 14 ¥17,360 15 ¥20,760
16 ¥21,860 17 ¥17,360 18 ¥17,360 19 ¥17,360 20 ¥20,760 21 ¥20,760 22 ¥20,760
23 ¥21,860 24 ¥20,760 25 ¥17,360 26 ¥15,060 27 ¥21,860 28 ¥20,460 29 ¥19,460
30 ¥12,460 31 ¥16,860

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

函館空港−伊丹空港間の移動にかかる時間と費用

函館空港−伊丹空港の路線情報

函館空港から伊丹空港間で運航する航空会社は2社です。1日の運航本数は、JAL(日本航空)1本、ANA(全日空)1本です。それぞれ13時50分と13時20分に運航しています。

函館空港−伊丹空港の所要時間

函館空港までは函館駅からバスで20分程度です。搭乗手続きに1時間、函館空港から伊丹空港間の搭乗時間は約1時間40分なので、あわせて約3時間かかります。

函館空港−伊丹空港の移動にかかる費用

函館空港から伊丹空港間の飛行機の航空券の料金はJALの場合20600円、ANAの場合15000円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

大阪府の人気グルメ・スポット

大阪では小さい子供から大人まで楽しめる「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」やジンベエザメを間近で見ることが出来る海遊館、ディープなお店が立ち並ぶ新世界など数多くの見所のある観光スポットがあります。地元の人なら知らない人はいないくらい有名なのが「551の蓬莱」と「串カツのだるま」です。551の蓬莱は中華料理店で肉まんが看板メニューです。串カツのだるまは低価格でおいしく食べれるのが魅力的なお店です。

大阪、伊丹空港のお土産

大阪で定番のお土産は「551の蓬莱」の「肉まん」です。肉まんの中身は豚肉と玉ねぎが詰まっておりシンプルながらジューシーで大きさも丁度いいので老若男女に人気です。また、関西空港のお土産コーナーの中では、お笑いで有名なよしもとクリエイティブエージェンシーが製造している「面白い恋人」を購入することもできます。

函館空港ー伊丹空港への空港情報

函館空港ー伊丹空港への便

函館空港において運航している国内線の航空会社はANA(全日空)、JAL(日本航空)、エア・ドゥ、バニラエアの4社ですが、函館-伊丹間の運航を行っているのはANAとJALのみです。ANAの始発便は13時20分発(15時0分着)、JALは13時50分発(15時30分着)となっています。いずれも飛行時間は約1時間40分で変わりません。なお函館-伊丹間の路線はそれぞれ1日1本のみなので、始発便と最終便の時間は同じということになります。

函館空港ー伊丹空港を利用する人の目的

北海道公式ウェブサイトによると、2015年度において函館空港から伊丹空港への路線を利用した人の数は約10万8000人です。また、2017年8月に北海道経済部観光局が公表した「北海道観光入込客数調査報告書」によると、函館市の観光入込客数(実人数)は約561万人で、道内2位の多さを誇る観光都市です。
函館市には数多くの観光名所があります。1914年に一般開放された五稜郭公園は春になると約1600本もの桜が咲く、函館を代表する観光名所であり、五稜郭タワーとともに多くの人が訪れます。国際貿易港として開港された元町地区には重要文化財に指定されている旧函館区公会堂や函館ハリストス正教会復活聖堂などがあり、情緒あふれる街並みも人気です。函館山からの夜景は世界三大夜景の1つといわれ、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星に指定されたこともあります。
函館の名所はそれだけにとどまりません。市街地を走る函館市電はレトロな外観で、街の雰囲気作りに一役買っています。函館空港からほど近い湯の川温泉では夏になると花火大会や例大祭などのイベントが行われ、多くの観光客が訪れます。函館駅から徒歩5分の場所にある大門横丁は座席数の少ない小さな店舗が多く集まり、海鮮料理からジンギスカン、中華まで幅広いジャンルの料理を楽しむことができます。函館はコンパクトなエリアに多くの名所が集まっているのです。
2016年3月に北海道新幹線が開業し、函館へ道外からのアクセスが良くなったことも観光客が多いことの一因となっているでしょうが、関西方面から新幹線で函館へ向かうと約7時間もの時間がかかります。しかし、飛行機なら約1時間40分で到着するので、利便性では圧倒的に飛行機が上です。そのため、関西方面と函館を往復するなら飛行機の需要が新幹線よりは多いであろうことが予想されます。こうしたことから、函館空港から伊丹空港への路線を利用する人には観光目的で北海道に来て、帰路として利用する人が多くいると考えられるでしょう。
なお、国土交通省の資料(2017年)によると、函館空港の利用者数は国内線が約160万人、国際線が約20万人です。多くの利用者がいるため、空港内で快適に過ごすための施設が充実しています。レストランや土産物店が多数あり、キッズコーナーや授乳室もあるので子ども連れでも安心です。車椅子の貸出サービスや多機能トイレがあるため、体が不自由な人も不便なく利用できるように配慮されています。

伊丹空港の特徴

伊丹空港は関西の三空港の1つで、正式名称は大阪国際空港です。大阪市の北北西約12kmの位置にあり、国内線の基幹空港としての役割を果たしています。2017年の統計によると、国内線・国際線を合わせた年間の利用者数は約1600万人で、国内第7位の利用者数を誇っています。
伊丹空港は5階建てで、そのうち1階がチェックインカウンター、2階が出発・到着フロアとなっています。1階と2階には数多くの飲食店があるほか、マッサージ店や理髪店もあります。また、外貨の両替店やWi-Fiレンタルといった海外旅行に欠かせないサービスも提供されています。
4階には展望デッキがあり、年中無休・入場無料で6時から22時まで営業しています。全長400m・総面積8200平方メートルと非常に広く、飛行機を間近で見ることができるので小さな子どもならきっと喜ぶことでしょう。夜間の滑走路は幻想的で美しいので、もし夜間に到着したのなら展望デッキまで足を伸ばしてみるのも良いかもしれません。
伊丹空港には商業施設だけでなく内科と歯科の診療所もあるので、長旅で体調を崩したときも安心です。また、これから海外に向かうという人のために、破傷風や日本脳炎、狂犬病などの予防接種については予約がなくても受けることができるようになっています。AEDも各フロアに備え付けられているので、いざというときに心強いでしょう。
伊丹空港は立地の良い場所にあるため、アクセス手段が豊富にあります。大阪方面から向かう場合は御堂筋線・梅田駅から千里中央駅を経由してモノレールを利用する方法もありますが、阪急梅田駅から阪急宝塚線を利用して蛍池駅経由で向かうほうが到着時間は短くなります。神戸方面や京都方面から向かう場合も蛍池駅経由でモノレールを利用するのが便利です。
また、伊丹空港に向かうときは鉄道だけでなくリムジンバスも便利です。リムジンバスは梅田、あべの橋、なんばOCATなど多くの場所から運行されており、梅田からの所要時間は30分ほどとなっています。大阪府内からだけでなく兵庫県、奈良県、京都府からも運行されており、三宮から約40分、姫路駅から約80分、京都駅から約50分で到着できます。鉄道と違いバスなら荷物を持って移動する時間が短くて済むので、時間に余裕があるならおすすめです。

函館空港へのアクセス

函館駅から函館空港に向かう場合はバスが便利です。函館駅からは函館タクシー株式会社が運営するシャトルバス、函館バス株式会社が運営する路線バス96系統と五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスの3つがあります。ただし所要時間や運賃には大きく差があるので注意してください。シャトルバスなら約20分で函館空港に着きますが、五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスはいくつかの観光地を経由して函館空港に向かうので、約50分の時間がかかります。
北海道新幹線の新函館北斗駅から函館空港に行く場合はJR函館本線(はこだてライナー)で函館駅に向かい、そこからバスを利用するのが一般的です。電車でもっとも函館空港の近くに行くなら、函館市電を利用して終点である湯の川駅から向かうことになります。函館本線の函館駅と函館市電の函館駅前駅はすぐ近くにあるので、そこで乗り換えることができます。ただし、湯の川駅から空港までは約3kmの距離があるので注意してください。
五稜郭タワーの観光をしてから函館空港に行くのであれば、五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスが便利です。所要時間は約30分で、1時間につき2本が運行されています。ただし最終バスが15時台で終わってしまいますので注意しましょう。なお、タクシーで函館空港に向かう場合は、函館駅や函館山のあるエリアや五稜郭駅周辺からなら2500円程度、津軽海峡フェリーターミナルからなら4000円程度の料金がかかるとみておきましょう。所要時間は約30分です。

函館空港ー伊丹空港への航空会社の運行本数

函館空港から伊丹空港への路線はANA・JALともに1日1本のみの運航となっています。なお、近隣の空港である関西国際空港や神戸空港への直行便もありません。そのため、飛行機のみで伊丹空港へ向かうなら新千歳空港や羽田空港を経由することが必要です。新千歳空港から伊丹空港に向かうのであれば、1日10本程度が運航されているので選択肢は増えます。ただし、こちらも航空会社はANAかJALのみです。

函館空港ー伊丹空港への時期による利用者数

2016年度における北海道全域の季節別観光入込客数データによると、道外からの宿泊を伴う観光客の数は第1四半期(4〜6月)が約138万人、第2四半期(7〜9月)が約201万人、第3四半期(10〜12月)が約119万人、第4四半期(1〜3月)が約116万人となっています。函館で初雪が観測されるのは例年11月初旬であり、3月中に雪がなくなることが多いことを考慮すると、雪のない季節に訪れる人が多いことがうかがえます。
北海道全体でいえば、冬はスキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむために訪れる人が多いでしょう。しかし、函館を訪れる人に人気のスポットはウォーターフロント、元町周辺、函館山などウインタースポーツとは無関係のところが多いというデータがあります。ビジネスその他を目的とした人の利用者数に関するデータはありませんが、こうした函館という都市の性質を考慮すると、函館空港から伊丹空港への利用者には観光客が多く含まれていると考えられるでしょう。
函館市は外国人観光客の獲得にも力を入れており、2016年度には約40万人の外国人が観光目的で訪れています。中でも多いのが台湾からの観光客で、約22万人と半数以上を占めています。次いで多いのが中国で約8万人、その次が韓国で約1万7000人です。台湾からの観光客が多いのは、函館空港から台湾の桃園国際空港への直行便があることと無関係ではないでしょう。ただ、外国人観光客が函館空港から伊丹空港へ観光目的で向かう可能性は低いと考えられるので、伊丹空港への路線の利用者数には影響しにくいでしょう。
以上を考慮すると、函館空港から伊丹空港への利用者がもっとも多いのは季節別観光入込客数のデータと同様、夏ではないかと考えられます。

函館空港ー伊丹空港への利用者の多い時間帯

函館空港から伊丹空港への便は1日2本のみで、いずれも13時台となっています。そのため、函館-伊丹間の路線を利用する人は必然的にこの時間帯に集中します。なお、北海道が公表したデータによれば、函館-伊丹間の2015年度における搭乗率は62.3%です。道外へ向かう路線の平均搭乗率は70.3%、全国の路線でもっとも搭乗率の高い区間は90%近い搭乗率になることを考えればそれほど高い値ではありませんが、余裕をもって座席の予約を取るようにしましょう。

函館空港ー伊丹空港への距離

国土交通省の公表しているデータによると、函館空港から大阪までの区間距離は1049kmとなっています。ただし、これは函館空港から伊丹空港までの正確な区間距離ではなく、「大阪」となっている点に注意してください。

※2018年5月調査時点の料金および時間