6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

函館空港発 (北海道) 奥尻空港着 (北海道) 格安航空券・LCCの最安値販売

函館【HKD】 奥尻 【OIR】

最安値 ¥4,900 【2020年3月28日など】
2020 2
1 ¥15,150
2 ¥15,150 3 ¥15,150 4 ¥15,150 5 ¥15,150 6 ¥15,150 7 ¥15,150 8 ¥15,150
9 ¥15,150 10 ¥15,150 11 ¥16,400 12 ¥16,400 13 ¥16,400 14 ¥16,400 15 ¥16,400
16 ¥16,400 17 ¥16,400 18 ¥16,400 19 ¥16,400 20 ¥16,400 21 ¥16,400 22 ¥16,400
23 ¥16,400 24 ¥16,400 25 ¥16,400 26 ¥16,400 27 ¥16,400 28 ¥16,400 29 ¥16,400
2020 3
1 ¥17,600 2 ¥17,600 3 ¥17,600 4 ¥17,600 5 ¥17,600 6 ¥17,600 7 ¥12,500
8 ¥12,500 9 ¥12,000 10 ¥12,000 11 ¥12,000 12 ¥12,000 13 ¥12,000 14 ¥12,500
15 ¥12,500 16 ¥12,000 17 ¥12,000 18 ¥12,000 19 ¥12,000 20 ¥12,000 21 ¥12,500
22 ¥12,500 23 ¥12,000 24 ¥12,000 25 ¥12,000 26 ¥12,000 27 ¥12,000 28 ¥4,900
29 ¥9,700 30 ¥8,100 31 ¥8,100

※搭乗日によって価格が前後します。
カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。

函館【HKD】→ 奥尻【OIR】 2020年03月07日出発

函館【HKD】→ 奥尻【OIR】フライト便利情報

交通手段最安値比較

からまでの移動手段の中で最も安い交通手段をカンタンに比較できます。

函館→奥尻 片道

飛行機 ¥0〜 新幹線  ¥0〜 高速バス  ¥0〜
航空券を検索 新幹線を検索 高速バスを検索

函館【HKD】 → 奥尻【OIR】フライト情報

  • ¥15,150

    先月の最安値の航空券(片道)
  • 2

    直行便航空会社
  • 約 0 時間 30 分(176 km)

    平均飛行時間(合計距離)
  • 日本航空(JAL)

    先月の最も人気の航空会社

国内航空券よくあるご質問国内航空券よくあるご質問

函館空港−奥尻空港間の移動にかかる時間と費用

函館空港−奥尻空港の路線情報

函館空港−奥尻空港間で運行する航空会社は1社です。1日の運行本数は、JAL(日本航空)1本です。午前のみ運行しています。

函館空港−奥尻空港の所要時間

函館駅から函館空港まではバスで20〜50分程度です。路線によって所要時間が異なります。搭乗手続きに1時間、函館空港−奥尻空港間の搭乗時間は約30分なので、約2時間半かかります。フェリーで行く場合、港までの車移動に2時間半前後、港から奥尻間がフェリーおおよそ2時間前後かかります。飛行機で移動する場合、車・フェリーの移動に比べ2時間程度早いです。

函館空港−奥尻空港の移動にかかる費用

函館空港−奥尻空港間の飛行機の航空券の料金はJAL(日本航空)の場合、普通運賃16 100円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。フェリーで行く場合、江差/せたなまで車もしくはJR等で移動していただき、江差/せたなからの料金は(最安値)1 810円〜です。

北海道の人気グルメ・スポット

素晴らしい夕日の見られる絶景ポイントとして有名なのが北追岬公園です。また奥尻ではイカ漁が盛んで、青苗地方で食べられる、イカがふんだんにのった青苗丼も魅力的なグルメのひとつでございます。

北海道、奥尻空港のお土産

フェリーターミナルの2階にございます辻みやげ店では、奥尻島で人気マスコットキャラクターのうにまるくんグッズや粒うに天然寒のり・天然塩もずく・一夜漬・いか塩辛といった奥尻ならではの海産物のお土産を豊富に販売しております。

函館空港から奥尻空港への空港情報

函館空港ー奥尻空港への便

函館空港から奥尻空港の便は、JALの11:15発〜11:45着の1日1便のみです。そのため、便名「JAL2891」の便が始発便・最終便となります。北海道エアライン(HAC)と表記されることもありますが、日本航空(JAL)と同じ便です。2014年に北海道エアラインはJALのグループに加わっています。運賃は、大人普通運賃が1万6100円、往復割引が1万4500円、JAL切符限定の「ビジネスきっぷ」が1万4500円です。また、株主割引が8050円、身体障がい者割引が9450円、介護帰省割引が1万300円となります。

函館空港ー奥尻空港を利用する人の目的

奥尻空港へ向かう人の目的は観光です。北海道の江差沖に浮かぶ奥尻島は、観光スポットとして知られています。なべつる岩という名前のとおり鍋釣状になった岩は奥尻島のシンボルです。また、北海道民には忘れられない、北海道南西沖地震の記録を残した奥尻島津波館があります。奥尻島は北海道で津波の被害が最も甚大だった村があるのです。また、7月中旬から8月中旬が旬の生ウニを求めてやってくるお客様もいます。この時期が観光する方々で最もにぎわう季節ですが、奥尻島の孤島ならではの静かなたたずまいを楽しむ人は、あえて利用されるお客様が少なくひっそりとした時期に訪れるといいます。
また、奥尻島ではワイン作りも行われています。湯の浜温泉ホテル緑館から歩いて5分ほどの場所にあるのが、奥尻ワイナリーです。ここでは工場見学が可能で、全てのワインの試飲もできます。なかには、現地でしか提供していないワインもあるとのことで、ワイン好きには見逃せないスポットといえるでしょう。他にも奥尻島の旅情を感じられる奥津神社、ウニをモチーフにした独特のモニュメントが有名なうにまるモニュメントとうにまる公園があります。ブナ林の雄大な景観が魅力の奥尻21世紀復興の森では、1〜2時間の散策ができ、ブナの原生林ならではのやわらかな絨毯の上を歩くような感覚を楽しめます。春から初夏には数々の野草が見られるため、奥尻島の自然に触れたい人、カメラ撮影が好きな人にとって絶好の観光スポットです。野球観戦をする人なら、奥尻島出身の佐藤義則さんを記念した「佐藤義則野球展示室」を訪れたい人も多いでしょう。

奥尻空港の特徴

奥尻空港は1日1便のみということもあり、とても小さな空港です。その分、木材が多く使われたアットホームな雰囲気が魅力です。空港内にはゆったりとした待合室と広い窓があるため、居心地は快適です。グルメスポットはないため、空港で食事をしたい場合は軽食などを購入して持ち込みます。

※2018年5月調査時点の料金および時間

函館空港発の格安航空券

奥尻空港着の格安航空券

北海道
函館→奥尻