羽田空港発 (東京都) 新千歳空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

羽田【HND】 ➡ 新千歳 【CTS】

羽田 新千歳 着の最安値(全期間) ¥6,960 【2019年01月29日など】
2018 11
1 ¥18,660 2 ¥29,560 3 ¥18,660
4 ¥18,660 5 ¥18,660 6 ¥18,660 7 ¥18,660 8 ¥18,660 9 ¥38,060 10 ¥18,660
11 ¥18,660 12 ¥18,660 13 ¥18,660 14 ¥18,660 15 ¥18,660 16 ¥29,560 17 ¥15,560
18 ¥12,460 19 ¥12,160 20 ¥10,160 21 ¥10,160 22 ¥13,060 23 ¥14,960 24 ¥12,160
25 ¥10,160 26 ¥12,160 27 ¥9,160 28 ¥9,160 29 ¥9,160 30 ¥9,160
2018 12
1 ¥11,160
2 ¥9,160 3 ¥9,160 4 ¥9,160 5 ¥9,160 6 ¥9,160 7 ¥10,160 8 ¥11,160
9 ¥9,160 10 ¥9,160 11 ¥9,160 12 ¥9,160 13 ¥9,160 14 ¥9,160 15 ¥10,160
16 ¥9,160 17 ¥9,160 18 ¥9,160 19 ¥9,160 20 ¥9,160 21 ¥10,160 22 ¥12,160
23 ¥12,160 24 ¥12,160 25 ¥13,560 26 ¥16,060 27 ¥21,060 28 ¥20,510 29 ¥20,510
30 ¥20,510 31 ¥15,160

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

羽田空港−新千歳空港間の移動にかかる時間と費用

羽田空港−新千歳空港の路線情報

羽田空港から新千歳空港で運行する航空会社は、JAL、ANA、エアドゥ(AIR DO)、スカイマーク(SKYMARK)の4社です。1日に運行する本数は、JALが17本、ANAが29本、エアドゥが11本、スカイマークが8本です。最初の便が6時20分発、最終便が21時00分発です。

羽田空港−新千歳空港の所要時間

東京駅から羽田空港まで電車で約30分、搭乗手続きに1時間、搭乗時間が約1時間40分かかり合計3時間程度です。新幹線で札幌駅へ向かう場合、以前は在来線や特急列車を使う必要がありましたが、北海道新幹線が開業することにより8時間程度で札幌駅まで行けるようになります。飛行機を利用した場合、半分程度の時間で到着できます。

羽田空港−新千歳空港の移動にかかる費用

飛行機の航空券の料金は、JAL、ANAで40190円からあり、エアドゥで35410円から、スカイマークで28 190円からです。新幹線では、東京駅から札幌駅まで31 260円かかります。早期購入割引や株主優待を利用すれば、お得に航空券を購入できます。

北海道の人気スポット・グルメ

北海道は、新鮮な海産物や味噌ラーメンなどがあります。また、新千歳空港は、空港内の施設が充実しており、北海道のグルメを楽しめます。3階のフードコートにある元祖ちとせラーメンでは、店内から飛行機が見えるスペースがあり、飛行機を見ながら醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンなどを楽しめます。また、1階には明治から続く有名店である蕎麦屋「まるき」の支店があり、100%北海道産の二八そばを味わえます。特に「北海道産いくら丼セット」は新千歳空港限定のメニューがあります。

北海道、新千歳空港のお土産

新千歳空港内の売店では、北海道のお土産として有名な「ロイズ」の生チョコレートや他にはない食感を楽しめる「じゃがポックル」など喜ばれるお土産を買えます。また新千歳空港限定のお土産も多く、2階の「北菓楼 新千歳空港店」では新千歳空港限定のカップシュー夢風船を、「北海道本舗 総合土産店」では新千歳空港限定のオリジナル地酒「純米大吟醸 耕人」を買えます。新千歳空港でしか買えないお土産を買って帰ってみてはいかがでしょうか?

羽田空港から新千歳空港への空港情報

羽田空港ー新千歳空港への便

羽田空港から新千歳空港までの始発便と最終便の時間は以下の通りです。
・ANA
始発便の出発時刻は06:15、到着時刻は07:45です。最終便の出発時刻は21:00、到着時刻は22:35です。
・JAL
始発便の出発時刻は06:30、到着時刻は08:05です。最終便の出発時刻は20:30、到着時刻は22:05です。
・スカイマーク
始発便の出発時刻は06:45、到着時刻は08:20です。最終便の出発時刻は21:30、到着時刻は23:05です。
・エア・ドゥ
始発便の出発時刻は06:50、到着時刻は08:20です。最終便の出発時刻は21:00、到着時刻は22:35です。
始発便の出発時刻が一番早い航空会社はANAで、最終便の出発時刻が一番遅い航空会社はスカイマークとなっています。

羽田空港ー新千歳空港を利用する人の目的

北海道へ訪れる際に最も多く利用されているのが新千歳空港で、羽田空港から新千歳空港への路線はさまざまな目的で利用されています。国土交通省が行った航空動態調査では平日はビジネスでの利用のほうが多く、休日は観光での利用が多くなるという結果が出ています。ビジネス利用の場合、羽田空港からの始発便は6時台から多く運行しているため、日帰りで訪れることが可能です。さらに、早朝からの仕事に間に合わせるために、首都圏で通常の仕事が終ってから21時台の最終便を利用して訪れる方もいます。新千歳空港から鉄道で数分の距離に建ち並ぶホテルに宿泊をして、翌朝の仕事に向かうことができるからです。逆に、北海道から首都圏へ日帰りビジネスで訪れた方が、最終便で帰ることも少なくありません。朝早い時間帯から、仕事が終ってからでも間に合う遅い時間帯まで運行していることで、多くのビジネスマンが時間を有効に使えるのです。
また、空港の地下には「JR新千歳空港駅」があり、道内各地への移動が便利です。そのため、北海道旅行の拠点として利用しやすいといえます。たとえば、北海道の中心地である札幌まではJRエアポート快速が1時間に4本運行されていて、所要時間は40分程度です。観光スポットとして有名な小樽は、JRで75分程度で移動することができます。JR以外にも高速バスが充実しているため、苫小牧や室蘭等への観光や、ニセコや富良野でウィンタースポーツなどを楽しむにも便利です。
ほかにも、長期休暇などの期間は帰省目的や、新千歳空港への直行便のない海外へ旅行をしていた方が羽田空港経由で北海道へ帰るために利用します。

新千歳空港の特徴

新千歳空港は千歳市と苫小牧市にまたがっていて、24時間離着陸が可能な北海道最大規模の空港です。空港内には北海道ならではのグルメを味わえる店舗が数多く点在しています。なかでも、国内線ターミナル3階の「北海道ラーメン道場」は、札幌や函館、旭川など道内の人気ラーメン店が軒を連ねている注目のスポットです。
また、空港内に「新千歳空港温泉」という、宿泊もできる温泉施設があります。大浴場はもちろん、露店風呂やサウナが完備されていて、旅の疲れを癒してくれます。通常料金のほかに深夜料金を支払えば、翌朝9時までの滞在が可能になり朝食が無料です。リクライニングチェアが並ぶ休憩室だけでなく、女性専用ルームもあります。
新千歳空港でも楽しめるスポットがいくつもあります。国内の空港では初の映画館「じゃがポックルシアター」や、子連れの方々に人気のある「ドラえもんわくわくスカイパーク」などです。映画館では3D映画も上映されていますし、ドラえもんわくわくスカイパークでは有料で体験型アトラクションが楽しめます。それから、冬季は閉鎖されるものの、4月1日〜11月30日までは飛行機の離発着を見学できる「新千歳空港展望デッキ」が利用できます。

羽田空港へのアクセス

羽田空港は主要駅とのアクセスが良いため、スムーズな移動ができます。京急線の場合、品川駅から「羽田空港国際線ターミナル駅」まではエアポート快特で12分、「羽田空港国内線ターミナル駅」までは15分です。東京モノレールの場合は、浜松町駅から「羽田空港国際線ビル駅」まで快速で13分、「羽田空港第1ビル駅」までは17分、「羽田空港第2ビル駅」までが19分です。
電車以外にはリムジンバスも利用できます。リムジンバスは各地から運行していて、乗り換えすることなく空港まで向かうことが可能です。所要時間はたとえば、成田空港から羽田空港までが85分程度、新宿高速バスターミナルからは45分程度です。ただし、道路状況によっても所要時間は変わります。
自動車を利用する場合は第1ターミナルと第2ターミナル、それぞれに2つずつ駐車場があります。4つとも羽田空港に直結しているので、大変便利です。ただし、繁忙期は満車となることが多く、駐車場の利用が難しくなる可能性があるので注意しましょう。

羽田空港ー新千歳空港への航空会社の運行本数

就航している航空会社の1日の運行本数は以下の通りです。
・ANA28便
・JAL16便
・スカイマーク11便
・エア・ドゥ11便
羽田空港から新千歳空港まではどの時間帯でも5〜30分おきに運行しており、1日あたり66便もの出発便があります。一般的には、利用者が増える時間帯に運行数が増えて、お昼過ぎなど比較的利用者が少ない時間帯は本数も減ります。しかし、この路線の場合は、時間帯に関係なくコンスタントに運行しているのが特徴です。なかでもANAの運行本数が28本と最も多く、8時台は3便運航しています。

羽田空港ー新千歳空港への時期による利用者数

羽田空港から新千歳空港の路線は旅行目的で利用されることも多い路線なので、北海道の旅行シーズンは利用者も増えます。北海道の夏から秋にかけては過ごしやすく、ラベンダー畑や紅葉など自然を満喫できる季節です。冬になるとスキーやスノーボードといったウィンタースポーツを楽しめるので、7〜12月が利用者の増える時期となります。なかでも、年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの大型連休の期間は最も利用者が多く、日にちや時間帯によっては早い段階で満席となってしまいます。そのため、日程が決まり次第、早めに予約をしておいたほうが安心です。
また、夏休み期間の7〜9月下旬は繁忙期運賃となるため、運賃は通常よりも割高です。予定が分かっている場合は、早期購入割引を利用すると大幅に運賃を下げられる可能性があるのでチェックしてみましょう。

羽田空港ー新千歳空港への利用者の多い時間帯

就航便数が一番多い時間帯は20時台で、次に午前中から12時にかけてと16時以降となっています。実際に利用する方が多い時間帯は午前中から12時にかけてです。平日はビジネスで利用する方が多いため、7時前後が特に混雑します。7時前後は新千歳行きに限らず、羽田空港の国内線が最も混み合う時間帯です。通常の時期の混雑する時間帯以外であれば、搭乗手続きや保安検査などを考慮してもフライト1時間前に空港に到着していれば間に合います。しかし、繁忙期になると、ビジネスで利用する方のほかに旅行で利用する方も増えるので、1時間前ではギリギリになる可能性があります。手続きや保安検査は通常時以上に混み合うことが多いため、ゆとりをもって1時間30分前には空港に到着しておきたいものです。また、混雑することの多い7時前後や就航便数の多い20時台や16時以降も利用者は多い傾向があるので、多少ゆとりをもって出発時間を計算しましょう。

羽田空港ー新千歳空港への距離

羽田空港から新千歳空港までの移動距離は822kmで、平均飛行時間は1時間30分です。搭乗手続きなどで1時間程度、降機手続きで30分程度必要だとすると、羽田空港に到着してから新千歳空港を出るまでに3時間程度という計算になります。

※2016年4月調査時点の料金および時間