羽田空港発 (東京都) 福岡空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

羽田【HND】 ➡ 福岡 【FUK】

羽田 福岡 着の最安値(全期間) ¥8,890 【2018年11月07日など】
2018 10
1 ¥20,840 2 ¥20,840 3 ¥18,540 4 ¥20,840 5 ¥36,790 6 ¥20,840
7 ¥20,840 8 ¥20,840 9 ¥20,840 10 ¥18,540 11 ¥18,540 12 ¥20,840 13 ¥20,840
14 ¥20,840 15 ¥20,840 16 ¥18,540 17 ¥18,540 18 ¥19,290 19 ¥20,840 20 ¥17,790
21 ¥13,790 22 ¥15,790 23 ¥12,790 24 ¥11,890 25 ¥12,790 26 ¥18,490 27 ¥16,790
28 ¥13,790 29 ¥14,790 30 ¥11,890 31 ¥9,890
2018 11
1 ¥11,890 2 ¥15,790 3 ¥14,790
4 ¥11,890 5 ¥12,790 6 ¥9,890 7 ¥8,890 8 ¥9,890 9 ¥14,790 10 ¥13,790
11 ¥10,890 12 ¥11,890 13 ¥8,890 14 ¥8,890 15 ¥9,890 16 ¥11,890 17 ¥13,790
18 ¥10,890 19 ¥11,890 20 ¥8,890 21 ¥8,890 22 ¥14,990 23 ¥17,790 24 ¥12,790
25 ¥11,890 26 ¥10,890 27 ¥8,890 28 ¥8,890 29 ¥11,890 30 ¥13,790

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

羽田空港−福岡空港間の移動にかかる時間と費用

羽田空港−福岡空港の路線情報

羽田空港から福岡空港間で運行する航空会社は4社です。1日に運行する本数は、JALは17本、ANAは25本、スターフライヤー(STARFLYER)は7本、スカイマーク(SKYMARK)は13本です。どの航空会社も20時くらいまで運行しています。

羽田空港−福岡空港の所要時間

東京駅から羽田空港までは電車利用で32分です。搭乗時間に1時間程度かかるのでSKYMARKの場合、羽田空港から福岡空港までは3時間40分程度時間がかかる計算になります。JALとANAもかかる時間はSKYMARKと同じです。新幹線で行く場合は、東京駅−博多駅までは新幹線の移動では5時間11分です。新幹線の移動に比べ、飛行機のみで移動するケースは約2時間程度、早いです。

羽田空港−福岡空港の移動にかかる費用

羽田から福岡空港間の飛行機の航空券の料金はJALの場合、41 390円、ANAの場合、41 390円、スターフライヤー(STARFLYER)の場合、36 790円、スカイマーク(SKYMARK)の場合、30 190円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。新幹線で行く場合は、東京駅−博多駅までは新幹線の移動では22 950円です。新幹線の移動に比べ、飛行機で移動した場合、早期購入割引を活用すれば5 000円程度飛行機の方が安いです。

福岡県の人気スポット・グルメ

福岡県の観光地は下町文化を味わうことができる櫛田神社エリア、思いっきり買い物を楽しみたい場合はキャナルシティや天神界隈、福岡の歴史を学びたい場合は大濠公園エリアなど、時間を忘れて楽しめる観光地がいっぱいです。

福岡県、福岡空港のお土産

福岡のお土産といえば、小石原焼きや博多織、八女提灯などが全国的に知られています。また、ちょっとしたお菓子なら東雲堂のにわかせんべいや福太郎のめんべい、ひよこ饅頭などが魅力的です。それ以外にも糸島や筑前前原方面には海の幸、山の幸を使ったお土産などいろいろと面白いものがたくさんあります。

羽田空港から福岡空港への空港情報

羽田空港ー福岡空港への便

羽田空港から福岡空港への始発便は6時20分発のJAL(日本航空)303便とスカイマーク001便があります。ただし、福岡空港への到着予定時刻がJAL303便が8時5分、スカイマークが8時15分となっている点に注意が必要です。
最終便は20時発のものが時刻表上では3便あります。ただし、ANA(全日空)3855便とスターフライヤー055便はコードシェア便(共同運航)ですので、実質的にはANAとスカイマーク027便の2便です。到着予定時刻はどちらも21時55分となっています。

羽田空港ー福岡空港を利用する人の目的

日本の主要な空港である羽田と、九州の玄関口でもある福岡空港は、観光目的以外にもビジネスで多くの人が利用します。
観光の場合、羽田‐福岡間は日本人の国内旅行だけでなく、海外からの旅行者による日本国内の移動でもよく利用されているという傾向がみられるでしょう。特に、福岡空港はアジア方面への便が多いため、アジアからの旅行者が東京方面への観光に利用し、帰国の際に羽田‐福岡便を利用するというパターンもあるようです。
また、ビジネスに関しては福岡空港がアジアとの窓口となっていることからも、九州方面への出張などで羽田‐福岡便がよく利用されます。九州の他の県にも空港はありますが、羽田‐福岡便の多さや福岡空港が博多駅とも近く他県への移動にも便利なために、九州出張の際にまず羽田から福岡へ空路を用いるという傾向があるのです。

福岡空港の特徴

福岡空港は、日本の数ある空港の中でも都市に近いところにあるのが特徴です。しかも、国内で第4位の乗降客数を誇る規模であることから、空港内の施設も充実しています。
まず、福岡空港の最大の特徴である利便性に関しては、山陽新幹線・九州新幹線の主要駅である博多駅まで地下鉄で5分ほどの距離という点からも明白です。空港から福岡県内でも県外でも非常に移動しやすいということがわかります。さらに、福岡の中心地からも近いために、有名観光スポットや飲食店、屋台を楽しむことも可能です。
空港内の飲食店に関しても、国内線・国際線の両方のターミナルをもつことから非常に多くの店舗が入っていることがわかります。手軽なフードコートやファストフードはもちろんのこと、本格的な洋食店や九州近海で獲れた新鮮な魚介類を楽しめる寿司店、さらに博多名物のラーメンを堪能できるのです。観光で行きそこねた所があったとしても空港内で補えますし、また仕事で観光をする余裕がない人でも空港内で名物を楽しむこともできるでしょう。
また、空港内にはマッサージ店や有料のマッサージチェアもあります。出発前や到着後に疲れを癒すことのできる施設も充実している福岡空港は、旅行者にもビジネスマンにも非常に利便性の高い空港だといえるでしょう。

羽田空港へのアクセス

羽田空港へのルートとしては、車やリムジンバス以外に東京モノレールと京浜急行があります。
まず、リムジンバスに関しては東京の大半のエリアを網羅しているといっても良いでしょう。八王子や町田といった郊外からの利用も可能です。代表的なルートとしては、新宿・池袋・東京駅などから出ているリムジンバスがあります。駅だけでなく、駅周辺のホテルからも発着している点は非常に便利です。所要時間は約30分前後と表記されていることが多いのですが、都心の道路渋滞などの事情により時間帯によっては倍以上かかる可能性も考慮に入れておいた方が良いでしょう。特に、東京郊外からのリムジンバス利用の場合は高速道路の渋滞も考えられます。時間に余裕をもって移動するようにしましょう。
東京モノレールは、浜松町駅から羽田空港を結ぶ線です。東京・池袋・新宿からは山手線を利用して浜松町駅で乗り換えます。国際線ターミナル駅へは各駅停車で17分、空港快速で最短13分で到着することが可能です。国内線ターミナルへは羽田空港第1ビル駅と第2ビル駅があり、各駅停車では最大24分、空港快速では20分以内で到着できます。
京浜急行を利用する場合、品川駅から最短で14分で羽田空港に到着可能です。横浜から羽田空港へ向かうこともでき、この場合は急行を利用して28分ほどで国内線ターミナルへ到着します。
以上のように、東京の主要駅から羽田空港へはリムジンバスやモノレール・私鉄でのアクセスが可能であり、選択肢も多いといえるでしょう。ただし、交通事情などを考慮に入れて、早めの移動を心掛けることが重要です。

羽田空港ー福岡空港への航空会社の運行本数

羽田‐福岡間を就航している航空会社は、JAL・ANA・スカイマーク・スターフライヤーの4社です。
JALは1日17便の運行で、始発が6時20分となっています。その後、だいたい1時間おきに出発し、乗客数が多いであろう9時台と18時・19時台には2便ずつです。
ANAは1日26便運行しています。そのうち、スターフライヤーとのコードシェア便が8便です。ANAの始発は6時25分発となっていますが、後述するスカイマークの始発便と到着予定時刻が同時刻となっています。一方、最終便が20時ちょうどにあるため、日帰りで丸1日福岡を満喫したい人や出張のビジネスマンには非常に役立つでしょう。
スカイマークは1日11便設定されています。始発はJALと同じ6時20分で、その後だいたい1時間半ごとに便が設定されている傾向です。
スターフライヤーに関しては、1日8便ですべてANAとのコードシェア便です。始発は6時40分で、比較的昼過ぎまでの便は1時間〜1時間半ごとに就航しています。夕方にかけての便は16時前の1便のみで、あとは夜間に2便となっている点に注意が必要です。

羽田空港ー福岡空港への時期による利用者数

羽田‐福岡間は、特に決まった繁忙期・閑散期がない路線です。
その理由としては、まずビジネスマンが多く利用する路線であることが挙げられます。そのため、日常的に移動する人の数が多いのです。また、観光目的だとしても、福岡はあまり季節に左右されるところではありません。さらに、アーティストのコンサートツアーの開催地となることも多いので、時期を問わず利用する人が多い傾向がみられます。
ただし、年末年始や夏休みなどの長期休暇の時期には、普段より混雑する可能性が高いです。とりわけ、博多どんたくや博多祇園山笠といった祭りや大規模なイベントの開催時期と重なる場合は、早めの予約をすると良いでしょう。

羽田空港ー福岡空港への利用者の多い時間帯

羽田‐福岡間のフライトは、設定便数も各社非常に充実しており、全時間帯を通して利用客数が多いことがわかります。
特に、早朝の6時台は始発の6時20分から6時40分までの間に5便もあり、ビジネスマンに重宝されているようです。もちろん、弾丸旅行を計画している人や早朝に移動して丸1日福岡を楽しみたいという人にも人気の時間帯です。
最も便数が多い時間帯は、9時台・15時台・18時台になります。各地から羽田空港への移動時間も考慮に入れると、この時間帯が最も移動しやすい時間帯だといえるでしょう。

羽田空港ー福岡空港への距離

羽田空港から福岡空港までの飛行距離は1041kmです。飛行時間は約2時間となっています。
この路線は、東海道・山陽新幹線でも移動が可能であるため、陸路をとるか空路をとるか迷う人も多いようです。しかし、羽田‐福岡間は便数も1日60便以上と非常に多いうえに、新幹線移動の場合5時間近くかかるという点を考えると、飛行時間の短い空路を選んだ方が便利であることがわかります。また、到着地である福岡空港と九州の主要駅である博多駅がとても近いことも考慮に入れれば、快適な空の旅を利用しない手はないでしょう。

※2016年4月調査時点の料金および時間