羽田空港発 (東京都) 宮崎空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

羽田【HND】 ➡ 宮崎 【KMI】

羽田 宮崎 着の最安値(全期間) ¥8,290 【2019年02月03日など】
2018 11
1 ¥19,840 2 ¥19,840 3 ¥19,840
4 ¥19,840 5 ¥19,840 6 ¥19,840 7 ¥19,840 8 ¥19,840 9 ¥20,840 10 ¥19,840
11 ¥19,840 12 ¥19,840 13 ¥19,840 14 ¥19,840 15 ¥19,840 16 ¥34,790 17 ¥19,840
18 ¥34,790 19 ¥19,840 20 ¥19,840 21 ¥19,840 22 ¥27,790 23 ¥20,840 24 ¥19,840
25 ¥19,840 26 ¥19,190 27 ¥19,190 28 ¥19,190 29 ¥19,190 30 ¥19,190
2018 12
1 ¥14,490
2 ¥14,490 3 ¥16,790 4 ¥14,390 5 ¥14,390 6 ¥14,390 7 ¥15,990 8 ¥16,790
9 ¥14,390 10 ¥14,890 11 ¥14,390 12 ¥14,390 13 ¥16,790 14 ¥15,990 15 ¥14,590
16 ¥13,890 17 ¥13,590 18 ¥13,590 19 ¥13,590 20 ¥13,590 21 ¥16,290 22 ¥20,490
23 ¥17,490 24 ¥16,190 25 ¥20,490 26 ¥20,690 27 ¥22,490 28 ¥22,090 29 ¥37,790
30 ¥34,790 31 ¥20,690

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

羽田空港−宮崎空港間の移動にかかる時間と費用

羽田空港−宮崎空港の路線情報

羽田空港から宮崎空港間で運行する航空会社は3社です。1日に運行する本数は、JALは6本、ANAは12本、ソラシドエア(Solaseed Air)は7本です。最終便は各社とも19時15分発の便が最終です。

羽田空港−宮崎空港の所要時間

東京駅から羽田空港までは電車利用で30分くらいです。搭乗時間に1時間ほど時間を要するので、羽田空港から宮崎空港までは1時間45分のフライト時間なので、羽田−宮崎間を飛行機で移動する場合、だいたい3時間くらいかかります。新幹線で行く場合は、東京駅−宮崎駅までは新幹線・バスの移動で8時間くらいかかります。飛行機のみの移動ではなく、新幹線・バスの移動は宮崎まで5時間程度の移動時間がかかります。

羽田空港−宮崎空港の移動にかかる費用

羽田から宮崎空港間の飛行機の航空券の料金はJALの場合、普通運賃は43 890円から、ANAの場合、普通運賃は41 390円から、SNAの場合、普通運賃は34 790円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。新幹線・特急列車で行く場合は、東京駅−宮崎駅の新幹線・高速バスの移動でかかる費用は30 000円くらいです。新幹線・高速バスでの移動に比べ、飛行機のみで移動した場合、早期購入割引を利用すれば15 000円程度、飛行機の方がお得です。

宮崎県の人気スポット・グルメ

宮崎県はプロ野球のキャンプ地に使用されているのでプロ野球選手が毎年祈願に訪れる宮崎神宮、鵜戸神宮は観光地として有名です。パワースポットの高千穂峡、豊かな草原が広がる都井岬、国立公園に指定されているえびの高原など大自然を満喫できます。グルメについても宮崎牛や地鶏、チキン南蛮、宮崎マンゴーなど魅力あふれる名物が多くあります。

宮崎県、宮崎空港のお土産

宮崎県のお土産といえば、日向夏ゴーフレットやマンゴーキャラメル、赤鶏の炭火焼きなどが全国的にも有名です。また、ちょっとしたお菓子なら「青島ういろう」や「愛のスコール」「チーズまんじゅう」なんかも珍ししいので、お土産には最適です。他にも、宮崎にはたくさん美味しい物があるので、是非いろいろと探して見るのも旅の楽しみの一つです。

羽田空港から宮崎空港への空港情報

羽田空港ー宮崎空港への便

羽田空港から宮崎空港へ向かう便の始発は6時45分発です。始発便の航空会社はANA(全日空)とソラシドエアですが、共同運航便となっています。便名はANAが3751便、ソラシドエアは051便です。
最終便はANA3763便とソラシドエア063便の共同運航便とJAL(日本航空)697便があります。出発時刻はいずれも19時10分ですが、JALの到着予定時刻がやや早く、20時45分です。ANAとソラシドエアの共同運航便でも到着予定時刻は20時55分と10分程度の差となっています。最終便を利用する場合には、宮崎空港到着後の予定に合わせて、どちらの航空会社にするか選ぶと良いでしょう。

羽田空港ー宮崎空港を利用する人の目的

羽田空港から宮崎空港の空路を利用する方の目的としては、宮崎や南九州方面への旅行が大半です。南国のような気候や、自然を満喫できる環境が人気で、1年を通して旅行者が多く訪れます。また、南九州への帰省するお客様の利用も非常に多い傾向にあるようです。
もちろん、ビジネスでの利用もさかんで、とりわけ早朝便ではビジネスマンの姿を見かけることもあります。

伊丹空港の特徴

宮崎空港は、宮崎ブーゲンビリア空港という別名をもち、その外観は南国の建物のような雰囲気を醸し出しています。空港のつくりは3階建てで、屋上には送迎・展望デッキと子どもたちが楽しめるエアプレインパークがあるのが特徴です。航空大学校の訓練機が展示されているエアプレインパークは、展示機と記念撮影をしたり、コックピットに乗ったりすることもできます。ただし、天候・メンテナンスにより展示中止となっていることもありますので、事前確認をしておきましょう。
1階のチェックイン・到着ロビーと2階の出発ロビーにはカフェやドリンクスタンド、ラーメン店といった軽食をとれる店があります。搭乗前や機内で食事をとれなかった場合でも、手早く食事を済ませたいなら1・2階が便利といえるでしょう。売店も充実しているので、食べものや飲みものを購入して次の移動をすることもできます。
もし、しっかりと食事をとりたい場合や宮崎名物を食べたい場合は、3階のレストランフロアを利用すると良いでしょう。3階には、宮崎近海で獲れた海の幸を楽しめる寿司店や宮崎名物の冷や汁が楽しめるレストランがあります。滑走路を眺めながらゆったりとティータイムを過ごせるカフェもあるので、出発まで時間に余裕のある時や、到着してひとまず休憩をしたい時には3階に足を運んでみると良いでしょう。また、このフロアには旅の疲れを癒すことのできるタイ古式マッサージの店もあるのも特徴です。

羽田空港へのアクセス

東京の各所から羽田空港へのアクセス方法としては、電車やモノレール、リムジンバスなどがあります。
電車を利用する場合、京浜急行電鉄を利用することになり、品川駅から15分ほどで羽田空港へ到着可能です。国際線ターミナル駅と国内線ターミナル駅があるので注意しましょう。また、利用する航空会社によって?乗車位置を変えた方がアクセスが便利です。JALを利用する場合は後ろ寄り、ANAやソラシドエア利用の場合は前寄り車両に乗っておくと、空港内で歩く距離も短くなります。また、京浜急行電鉄は横浜から羽田空港へ向かうことも可能です。その場合の所要時間は30分ほどです。ただし、行先によっては蒲田駅での乗り換えが必要となる場合があるので注意しましょう。
モノレールは、浜松町駅から出ており、羽田空港までは20分ほどです。モノレールの場合は国際線ビル駅・第1ビル駅・第2ビル駅に分かれています。JAL利用の場合は第1ビル駅、ANAやソラシドエア利用の場合は第2ビル駅で下車しましょう。また、各駅停車に乗車した場合は第2ビル駅まで25分程度かかる点に注意が必要です。
リムジンバスに関しては、東京都内のほとんどの主要駅から利用可能です。東京駅からは30分くらいが目安とはなっていますが、都内の道路状況により1時間近くかかる可能性もあります。
特に、東京郊外からリムジンバスを利用する場合には曜日や時間帯に注意が必要です。バスを利用する際はチェックイン時間をよく確認し、時間に余裕をもっておくと良いでしょう。

羽田空港ー宮崎空港への航空会社の運行本数

羽田‐宮崎間を運航している航空会社は、JALとANAそしてソラシドエアの3社です。そのうち、ANAとソラシドエアには共同運航便があります。3社合わせての便数は1日に25便です。
JALの始発は8時ちょうど発の687便で、到着予定時刻は9時35分となっています。その後、午前中は10時台と11時台に、午後は14時台と16時台にあり、最終便が19時10分発です。1日に6便とやや少ない印象を受けるかもしれません。しかし、他社と同時刻に最終便があるため、ひとつの便に集中してしまって空席がとりにくいという事態を避けることができます。そのため、旅行でもビジネスでも非常に利用しやすい設定といえるでしょう。
ANAは1日12便の設定があり、始発は6時45分発のソラシドエアとの共同運航便になります。始発便の機材と乗務員はソラシドエアでのフライトです。ANA単独での運航は12便中4便となっています。7時・9時・13時・18時はANAの機材と乗務員による運航です。
ソラシドエアは1日8便で、ANAとの共同運航便となっています。羽田‐宮崎間の始発と最終便はソラシドエアでの運航となっており、早朝や夜に移動して観光を楽しみたい方や、ビジネスで利用する方にはぴったりです。
全体を通して、羽田‐宮崎間の空路は1時間に1便以上は運航しているので、非常に便利な路線といえるでしょう。

羽田空港ー宮崎空港への時期による利用者数

宮崎や南九州方面は気候も温暖であり、冬であっても過ごしやすいために、観光するお客様がある季節に集中するということはあまりありません。そのため、1年を通して利用者が安定しています。
とはいえ、帰省するお客様が増える年末年始や夏季・春季の長期休暇・お盆の時期には利用者が多くなる可能性が高いでしょう。また、関東から九州方面への修学旅行でも使われる可能性があるので、秋ごろの修学旅行の時期に団体で席が埋まっている可能性もあります。このような時期に利用する場合には、早めに空席状況を確認して予約をとるようにしましょう。

羽田空港ー宮崎空港への利用者の多い時間帯

羽田‐宮崎間の空路は、始発の6時台から最終便19時台までの間、1時間に1便以上は運航があります。そのため、どこかの時間帯に集中することもなく、まんべんなく利用者がいると考えて良いでしょう。
ただし、便数の多い8時台や9時台に関しては、利用者が比較的多い可能性があります。この時間帯の便は、午前中のうちに宮崎へ到着することができるため、地元観光に時間をとりたい方には人気なのです。また、空港からさらに長距離移動を考えている方が集中する可能性もあります。さらに、午前中から仕事の予定が入っているビジネスマンにとっても便利な時間帯の便なのです。そのため、この時間帯の搭乗を考える場合は、空席があるかどうかをこまめにチェックし、早めの予約を心掛けると良いでしょう。
また、最終便は他の路線と比べて比較的早めに設定されています。最終便も始発と同様に2社が運航しているので、混みあいそうな時期にはJALとソラシドエアの両方の空席状況を確認しておきましょう。

羽田空港ー宮崎空港への距離

東京から宮崎まで、陸路で移動した場合は1 000kmを超えます。羽田‐宮崎の空路の場合は、太平洋上を通ることになるので、直線距離としてはだいたい900km前後です。
飛行時間としては、1時間30〜50分で、天候や風向き、滑走路の混雑状況によって多少前後すると考えておきましょう。

※2016年4月調査時点の料金および時間

トラベルコラム記事