格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

予約確認

羽田発 ⇒ 熊本着格安航空券

国内航空券

搭乗日をクリックしてください。

2018/8
1 ¥22,090~ 2 ¥22,090~ 3 ¥22,090~ 4 ¥22,090~
5 ¥22,090~ 6 ¥22,090~ 7 ¥22,090~ 8 ¥22,090~ 9 ¥22,090~ 10 ¥37,790~ 11 ¥43,390~
12 ¥22,090~ 13 ¥22,090~ 14 ¥22,090~ 15 ¥22,090~ 16 ¥22,090~ 17 ¥22,090~ 18 ¥22,090~
19 ¥22,090~ 20 ¥22,090~ 21 ¥22,090~ 22 ¥22,090~ 23 ¥22,090~ 24 ¥22,090~ 25 ¥22,090~
26 ¥22,090~ 27 ¥22,090~ 28 ¥22,090~ 29 ¥19,990~ 30 ¥19,990~ 31 ¥21,790~

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。

※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

羽田空港−熊本空港間の移動にかかる時間と費用

羽田空港−熊本空港の路線情報

羽田空港から熊本空港間で運行する航空会社は3社です。1日に運行する本数は、JALは8本、ANAは10本です。ソラシドエア(Solaseed Air)は5本です。各社の最終便はJALが19時05分、ANAは19時15分、SNAは19時15分発が最終です。

羽田空港−熊本空港の所要時間

東京駅から羽田空港までは電車利用で30分くらいです。搭乗時間に1時間ほど時間を要するので、羽田空港から熊本空港までは1時間45分のフライト時間なので、羽田−熊本間を飛行機で移動する場合、約3時間〜3時間半かかります。新幹線・特急列車で行く場合は、東京駅−熊本駅までは新幹線・特急列車の移動で6時間半くらいかかります。飛行機ではなく、新幹線・特急列車の移動ではだいたい、倍近くの移動時間がかかる事になります。

羽田空港−熊本空港の移動にかかる費用

羽田から熊本空港間の飛行機の航空券の料金はJALの場合、41 390円、ANAの場合、41 390円、ソラシドエアの場合、34 790円からです。各社共通で、早期購入割引を利用すれば、かなりお得に熊本まで移動することができます。新幹線・特急列車で行く場合は、東京駅−熊本駅の新幹線・特急列車の移動でかかる費用は25 460円くらいかかります。新幹線・特急列車での移動に比べ、飛行機のみで移動した場合、早期購入割引を利用すれば10 000円程度、飛行機の方がお得です。

熊本県の人気スポット・グルメ

熊本空港のある熊本県の観光地といえば、加藤清正ゆかりの熊本城が魅力的なスポットの一つです。夏目漱石が熊本滞在中に住居として使用していた坪井旧居や下町情緒あふれる水前寺公園なども市街を走る路面電車一つで巡ることができ、便利です。阿蘇や黒川方面エリアには広大な大自然とゆったり温泉などを楽しむこともできます。グルメは熊本名物の「馬刺し」や「熊本ラーメン」、「太平燕」などが有名です。

熊本県、熊本空港のお土産

熊本空港のある熊本県のお土産といえば、人吉・球磨地域産の米焼酎、肥後もっこすのソールフードである「からし蓮根」、モチモチ感がなんとも言えない「誉の陣太鼓」などが熊本県の手土産として最適な一品です。それ以外にも、伝統工芸品の「肥後象嵌」や「川尻刃物」、「肥後こま」、日田の「竹細工」などが全国的にも有名です。

羽田空港から熊本空港への空港情報

羽田空港ー熊本空港への便

羽田空港発熊本空港行きの始発便はJAL(日本航空)0623便で、午前6時55分に羽田空港を出発し、午前8時35分に熊本空港に到着します。また、羽田空港発熊本空港行きの最終便はANA(全日本空輸)3721便で、午後7時29分に羽田空港を出発し、午後9時に熊本空港に到着します。ちなみに、チェックインの締め切り時間は飛行機が出発する時間の20分前とされており、出発時間の15分前には保安検査場を通過しなければなりません。それから、羽田空港の敷地は広いため移動に時間がかかるだけでなく、混雑状況によってはチェックインの手続きがなかなか進まないケースもあります。ですから、羽田空港にはできるだけ時間の余裕を持って到着するように心がけたほうが良いでしょう。具体的には、通常期であれば出発時間の1時間前、繁忙期であれば出発時間の2時間前までに到着しておけば安心です。

羽田空港ー熊本空港を利用する人の目的

羽田空港発熊本空港行き路線を利用する目的として多いのは、まず、関東地方から東北地方、そして北海道に住んでいる方々が熊本県に行く手段としての利用でしょう。というのも、熊本空港への直行便が運航している空港は東京(羽田・成田)と名古屋(中部・小牧)、大阪(伊丹)、そして、九州・沖縄地方では天草と那覇のみであるからです。特に、東北地方や北海道に住んでいる方々が熊本空港へ行く場合には、羽田空港で飛行機を乗り継いで行くルートが最も便利なアクセス方法となるでしょう。それから、熊本県に行く目的としては、出張などのビジネス、または観光旅行や帰省、知人・親戚訪問などを挙げることができます。それ以外に熊本空港へ向かう目的としては、個人によるボランティア活動もあるかもしれません。たとえば、2016年4月14日に発生した熊本地震の被災地復興を支援するために熊本県を訪れる方々も、羽田空港発熊本空港行きを利用することが多いようです。

熊本空港の特徴

熊本空港は、地元の方々からは「阿蘇くまもと空港」の愛称で親しまれています。そして、熊本空港は国内線ターミナルと国際線ターミナルの2つに分かれていますが、お店やレストランなどがたくさんあるのは国内線ターミナルのほうです。まず、国内線ターミナルの1階にはコインロッカーや銀行ATM、コーヒースタンドなどがあります。次に、国内線ターミナル2階にあるのはショッピングとサービス施設各種です。ですから、2階では、熊本や九州地方のお土産を売る店やラウンジ、会議室など利用することができます。それから、国内線ターミナル3階にはいろいろなジャンルのレストランが5軒入っています。そのうちの4軒は熊本産の食材を活用した各種メニューをそれぞれ提供しており、和食やラーメン、ハンバーガーや焼きそば、オリジナルカレーなどが看板メニューです。その他、国内線ターミナルの3階には展望デッキもあるため、発着する飛行機を眺めることができます(入場無料)。一方、国際線ターミナルにはお店や飲食店は最低限しかありません。
その他、熊本空港ならではの楽しみもいくつか体験することができます。1つめは「隠れくまモン」です。日本のゆるキャラのなかでも人気が高い「くまモン」の姿は空港内のあちこちで見られますが、そのなかで一匹だけ、意外な場所に描かれている「くまモン」がいます。なにげなく空港を利用するだけでは見つけるのがなかなか難しいため、『熊本空港で「隠れくまモン」を発見すると幸せになれる』という伝説が生まれました。それから、2つめの楽しみは、球磨焼酎数種類の飲み比べです。これは、ラウンジ「ASO」を利用するお客様限定で提供される試飲サービスとなっています。また、3つめの楽しみとして、写真撮影を趣味とする方なら見逃せないような絶景を熊本空港で見ることができる場合があります。それは滑走路に沈む夕陽と離陸や着陸をする飛行機が並ぶシーンで、「阿蘇くまもとフォトコンテスト」出品作品にもよく使われている写真テーマです。特に、11月から1月にかけては日没時間と飛行機が離着陸するタイミングがうまく合うため、素晴らしい写真を撮影するチャンスに恵まれることが多いといわれています。

羽田空港へのアクセス

JR東京駅から羽田空港へアクセスするときには、東京モノレールを利用するのが最も便利です。まず、東京駅から山手線を利用して浜松町駅まで移動した後、東京モノレール「羽田空港第2ビル行き」に乗り換えます。すると、浜松町駅での乗継時間を含めても35〜38分程度で「羽田空港第1ビル」または「羽田空港第2ビル」に到着することが可能です。ちなみに、JAL(日本航空)は羽田空港国内線第1ターミナルから、ANA(全日本空輸)とSNJ(ソラシドエア)は羽田空港国内線第2ターミナルから出発します。
あるいは、京浜急行線「羽田空港国内線ターミナル」駅を目的地にして羽田空港へ向かう方法もあります。出発駅が京浜急行線の沿線にある場合、もしくは京浜急行線に接続する電車がある場合には、京浜急行線のエアポート特快やエアポート急行を利用すると良いでしょう。

羽田空港ー熊本空港への航空会社の運行本数

羽田空港から熊本空港へは、1日に合計18本の出発便があります。その内訳は、JAL(日本航空)が8本とANA(全日本空輸)が5本、そしてSNJ(ソラシドエア)とANA(全日本空輸)のコードシェア便(共同運航便)が5本です。そして、始発便から最終便までの約12時間半の間に、時間帯に応じて5〜100分おきで出発するスケジュールとなっています。

羽田空港ー熊本空港への時期による利用者数

羽田空港発熊本空港行き路線を利用するお客様が最も多い季節は、春と秋でしょう。というのは、熊本県の気候には地域による違いがあるものの、全体的には春と秋が観光しやすいベストシーズンといわれているからです。一方、夏は蒸し暑く猛暑日が多くなることや冬の最低気温が東京を下回ることなどによって、夏と冬は比較的、観光目的のお客様は少なくなります。しかし、商用で熊本県に行くビジネスマンの場合には、季節を問わず羽田空港発熊本空港行きの飛行機を利用するでしょう。また、熊本県へ帰省する熊本県出身者がいちばん増える時期は、ゴールデンウィークやお盆休み、そして年末年始の長期休暇です。よって、羽田空港発熊本空港行き路線は、梅雨の時期や真冬を除いては一年中利用者が多いといえるでしょう。

羽田空港ー熊本空港への利用者の多い時間帯

羽田空港発熊本空港行き路線を利用するお客様が多い時間帯は、いくつかあります。まず、午前7時前後は利用者が多い時間帯です。ちなみに、この時間帯には午前6時55分に出発するJAL(日本航空)0623便に続いて、午前7時10分にはSNJ(ソラシドエア)0011便(ANA(全日本空輸)3711便とのコードシェア便)が出発します。それから、午前8時台と午前10時台、午後2時台と午後5時台、そして午後6時台にもそれぞれ2本ずつ出発便があるため、これらの時間帯も利用するお客様が多いといえるでしょう。このように、羽田空港発熊本空港行き路線を利用するお客様が多くなる時間帯には、ある一定の傾向が見られます。すなわち、往路として羽田空港発熊本空港行き路線を利用するお客様は、早朝から午前中に出発する便を利用することが多いようです。一方で、帰路として羽田空港発熊本空港行き路線を利用するお客様は、午後の便を利用するケースが多く見られます。

羽田空港ー熊本空港への距離

羽田空港から熊本空港までの移動距離は、約1.202kmです。

※2016年4月調査時点の料金および時間