出雲空港発 (島根県) 羽田空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

出雲【IZO】 ➡ 羽田 【HND】

出雲 羽田 着の最安値(全期間) ¥9,690 【2019年01月28日など】
2018 11
1 ¥32,590 2 ¥32,590 3 ¥16,440
4 ¥32,590 5 ¥32,590 6 ¥16,440 7 ¥32,590 8 ¥32,590 9 ¥32,590 10 ¥32,590
11 ¥32,590 12 ¥16,440 13 ¥16,440 14 ¥16,440 15 ¥16,440 16 ¥16,440 17 ¥16,440
18 ¥16,440 19 ¥16,440 20 ¥16,440 21 ¥16,440 22 ¥28,090 23 ¥16,440 24 ¥16,440
25 ¥28,590 26 ¥16,440 27 ¥16,440 28 ¥16,440 29 ¥16,440 30 ¥16,440
2018 12
1 ¥17,590
2 ¥17,590 3 ¥17,590 4 ¥17,190 5 ¥17,190 6 ¥17,190 7 ¥17,590 8 ¥17,590
9 ¥17,190 10 ¥17,190 11 ¥15,190 12 ¥15,190 13 ¥15,190 14 ¥15,190 15 ¥16,690
16 ¥15,190 17 ¥15,190 18 ¥15,190 19 ¥15,190 20 ¥15,190 21 ¥15,190 22 ¥16,690
23 ¥15,190 24 ¥15,190 25 ¥15,190 26 ¥15,190 27 ¥15,190 28 ¥17,590 29 ¥15,690
30 ¥15,690 31 ¥12,190

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

出雲空港−羽田空港間の移動にかかる時間と費用

出雲空港−羽田空港間の路線情報

出雲空港から羽田空港間の移動で利用できる航空会社は1社です。1日に運行する本数は、JALの5本です。始発はJALの7時55分、最終便は19時25分です。

出雲空港−羽田空港間の所要時間

出雲市駅前から出雲空港まではバスを使えば、40分で移動できます。搭乗手続きにかかる約1時間、1時間15分のフライト時間と合わせて、出雲駅から羽田空港まではおよそ、約3時間かかります。新幹線を利用した場合、出雲市駅から東京駅までは、6時間40分程度かかります。出雲空港から羽田空港までの時間を比べた場合、飛行機の方が新幹線よりも3時間30分程度早いです。

出雲空港−羽田空港間の移動にかかる費用

出雲空港から羽田空港へ向かう場合の航空券の料金は、普通運賃は32 590円、早期購入割引3日前は24 290円、早期購入割引21日前は15.190円、早期購入割引55日前は11 590円、早期購入割引75日前は12 590円です。新幹線を利用した場合、出雲駅から東京駅までは19 000円かかります。早期購入割引を利用すれば最大で6 000円程度安くなります。

東京都の人気スポット・グルメ

東京都には、東京ドーム40個分の広大な敷地をもつ国営公園「国営昭和記念公園」、都心にありながら自然を感じられる「明治神宮」、とれたての海産物を楽しめる「築地市場」などがあります。また、グルメでは、約60店舗のもんじゃ焼きを楽しめるレストランがある「月島」、都選定歴史的建造物にも選ばれたまんじゅうを食べられる「竹むら」などが人気のグルメです。

東京都、羽田空港のお土産

東京では、都京駅舎のレンガをモチーフに作られた「東京レンガぱん」や東京駅の待ち合わせ場所として有名な銀の鈴をモチーフにしたもなか「東京鈴もなか」などが人気のお土産です。また、羽田空港では、四国産の厳選した果実を使った一口ゼリー「ゆうたま」、リンゴをバームクーヘンで包んだ「ホーニッヒアッフェルバウム」などが定番のお土産です。

出雲空港から羽田空港への空港情報

出雲空港ー羽田空港への便

出雲空港から羽田空港への始発便は、JAL(日本航空)の7時45分発です。7時45分出雲発の便は、9時10分に羽田に着きます。また、最終便は、JALの19時20分です。19時20分出雲発の便は、20時45分に羽田に着きます。出雲空港から羽田空港までの直行便は、すべての便においてJALのみです。

出雲空港ー羽田空港を利用する人の目的

出雲空港から羽田空港への路線を利用するお客様の多くは、島根県から東京までの出張や東京を経由して国外へ移動するために利用しています。出雲空港には国際線の定期便はありません。国外へ移動する場合は、出雲空港から東京羽田国際線など別の空港を経由します。羽田空港国際線の利用者の多くは会社員です。仕事で島根から海外へ行く場合、国際線への乗り継ぎなど利便性がよい羽田空港が選ばれています。また、出雲空港は、出雲大社への参拝や出雲観光を終えた観光のお客様が羽田方面へ移動する場合もあるでしょう。出雲空港は、島根県の中心部である松江駅から15kmの位置にあり、観光はもちろん、工業地域やソフトビジネスパークへのアクセスにも便利なのです。
その他、休暇を利用して帰省した方々が関東圏にある自宅へ戻る場合や冠婚葬祭などの行事で急ぐ場合などに利用されています。関東圏への移動手段としては、深夜バス、新幹線などもあります。しかし、目的地にはやく到着する利便性、価格が安いシーズンなどもあることから飛行機を利用する方が多いです。特に、島根県から羽田空港経由で海外へ行く場合は、移動距離が長いことから、飛行機が選ばれています。

羽田空港の特徴

充実した設備が整った羽田空港は、旅行やビジネスなどで飛行機を利用するお客様だけでなく、食事や買い物を楽しめるお出かけスポットとしても人気の場所です。羽田空港には、第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルがあり、出雲空港から羽田空港への便は第1旅客ターミナルに到着します。第1旅客ターミナルには案内所が合計6カ所あり、お見送りや見学に訪れたお客様に対してベビーカーや車椅子などの貸し出しを行っています。その他、案内所では都内各所や千葉、成田空港、東京ディズニーリゾート方面へのバス乗車券、ホテルの予約や新幹線特急券も購入が可能です。きめ細やかな案内所のサービスはもちろん、見晴らしのよい展望デッキも羽田空港の魅力です。360度のパノラマで飛行機が離着陸する様子を間近に見学できます。6階の展望デッキにある「スカイステーション」では、飛行機を眺めながら軽食やコーヒーが味わえます。羽田空港限定ビール「スカイエール」やもちもちのパンとソーセージとのハーモニーがたまらない「スカイドック」は「スカイステーション」の人気メニューです。夜は川崎付近の工場の灯りを背景に、離着陸する飛行機を眺めることが可能です。
羽田空港には洋服やおもちゃ、文房具、本などを購入できるショップが20件以上あります。ここでは、羽田空港でしか買えない飛行機のおもちゃをはじめ、限定品も数多く販売されています。たくさんお土産を買った場合や手荷物が多い場合は、1階のロビーにある宅配カウンターを利用しましょう。宅配カウンターでは、都内23区ホテルへ手荷物の宅配や宅配便も全国に配送するサービスを行っています。コインロッカーも、地下1階に2カ所、1階に4カ所、2階に4カ所あります。銀行ATMも13カ所設置されていますので、もしもの時にも安心です。楽しめるのはショッピングだけではありません。靴磨きの専門店や美容室、ネイルサロンやリラクゼーションサロンもあります。身だしなみを整えたり、旅の疲れを癒やしたりする方々で賑わっています。
また、国内線第1・第2旅客ターミナル館内全エリアにおいて無線LANサービスを提供しています。さらに、第1・第2旅客ターミナルの案内所には無料で利用できる充電器も設置済みです。
ゲートラウンジ内は、12カ所パソコンを利用できるスペースがあり、会社員の利用が目立ちます。100円を入れるとインターネットができるコイン式パソコンは自由に使えるので便利です。
空港内は広いため、待ち合わせ場所としては、目印となる地下1階の太陽の塔または月の塔が適しています。他にも、1階到着ロビーなどもわかりやすいでしょう。
ビジネスで利用する方々だけでなく、子育て世代に嬉しいサービスも充実しています。まず、第1ターミナルの1階と2階の合計15カ所に授乳室があり、授乳室すべてに70℃以上の調乳用温水設備が備わっています。子供が楽しめるキッズコーナーも3カ所設置済みです。その他、お子様連れ向けのサービスとして3階の保育園にて一時預かりサービスを行っています。一時保育は、旅行や食事などで空港を利用される方を対象としたサービスです。一時保育を希望する場合は、2日前に予約しましょう。また、子供が急に具合が悪くなっても病院があるので安心です。
和食、洋食、中華やファーストフードまで、レストランやカフェは100店舗以上です。羽田エクセルホテル東急 カフェ&ダイニング「フライヤーズテーブル」は、早朝5時から24時まで営業しています。最終便で羽田空港に到着しても空港内で食事が可能です。また、家族で食べたいものが違う場合は、地下1階のフードコートを利用してもよいでしょう。
第1ターミナルにラウンジは3カ所あります。指定のクレジットカードと搭乗券があれば無料で利用可能です。羽田空港は「バリアフリー新法」のもと、すべての利用者が心地よく過ごせる空間作りを目指しています。スムーズに支援サービスを提供するため、介助技術を取得した「サービス介助士」の資格を持ったスタッフも常駐しています。このように、レストラン、ショッピング、美容院、病院などすべての施設が揃った羽田空港は、使い勝手のよい空港です。

出雲空港へのアクセス

出雲空港へのアクセスは空港連絡バスが便利です。JR松江駅から出雲空港までは片道1 030円でバスが運行しています。道路状況にもよりますが、JR松江駅から約30分で出雲空港まで着きます。JR出雲市駅からは片道720円、所要時間は約15分です。また、出雲大社からは片道880円です。なお、空港連絡バスは座席予約ができません。満席時は乗車できない場合もあるようです。
荘原駅や宍道駅からは車にて10分程度で出雲空港に着きます。
公共の交通機関を利用する場合は、荘原駅から徒歩で斐川東中入口のバス停まで歩き、リムジンバスに乗り、出雲空港まで行く方法もあります。この場合、移動時間は25分です。宍道駅からの公共交通機関を利用するルートは、直江駅まで電車で移動し、直江駅入口からリムジンバスに乗る方法がありますが、1時間以上かかります。なお、雲州平田駅からは車で約15分です。公共機関を使う場合は、出雲市駅を経由し、空港連絡バスに乗る方法がありますが、こちらも1時間以上かかります。直通の空港連絡バスがない最寄り駅は、駅から空港までタクシーまたはレンタカーで直接移動しましょう。
最寄り駅からの距離は以下の通りです。空港に最も近いのは荘原駅です。ただし、タクシーが常駐していないこともあります。
宍道駅から出雲空港までの最短距離5.4 km
荘原駅から出雲空港までの最短距離4.2km
雲州平田駅から出雲空港までの最短距離8.4km
自家用車がある場合、空港の駐車場はすべて無料で利用できます。無料駐車場は第1駐車場、第2駐車場、第3駐車場、東駐車場、公園駐車場、障害者用駐車場の6カ所です。合計で1,196台駐車が可能です。

出雲空港ー羽田空港への航空会社の運行本数

出雲空港に就航している航空会社は、東京(羽田)や札幌を結ぶJAL、名古屋(小牧)や静岡、仙台を結ぶFDA(フジドリーム)、隠岐や福岡を結ぶJAC(日本エアコミューター)です。出雲空港と羽田空港の間の便は、JALのみです。1日の運航本数は出雲発羽田着の便が5便です。始発から最終便まで2〜3時間間隔で運航しています。なお、羽田発出雲着の便もJALのみです。こちらも1日の運航本数は5本で、始発から最終まで2〜3時間間隔で運航しています。出雲から東京羽田を結ぶ便の時刻表は以下の通りです。

JAL 276便07:55発→09:15着
JAL 278便09:55発→11:15着
JAL 280便12:25発→13:45着
JAL 284便16:10発→17:30着
JAL 286便19:25発→20:45着

出雲空港ー羽田空港への時期による利用者数

出雲空港から羽田空港間利用率は9月が90.7%と最も利用率が高く、1月が71.3%と利用率が低くなっています。ただし、年間を通して利用率80%を超える月が多く、いつも混雑している状況が伺えます。飛行機の利用率が80%以下となる月は、4月、12月、1月、2月です。東京路線の利用率は、平均すると83%です。出雲空港から羽田空港間の利用率が80%を超える時期について、観光のお客様の増える休暇時期や週末はより混雑しチケットもとりにくくなるでしょう。

出雲空港ー羽田空港への利用者の多い時間帯

1日5便運航していますが、観光のお客様だけでなくビジネスなどを目的として利用する方が多いため、どの便においても搭乗率は高いです。始発便は旅行客に加えてビジネスで利用する方が増えるため、特に搭乗率が高くなる傾向があります。時間帯にこだわらないのであれば、始発の次便、9時50分出雲発が比較的空いているでしょう。

出雲空港ー羽田空港への距離

出雲空港から羽田空港間の移動距離は約620kmで区間マイルは片道405マイルです(2017年12月時点)。JALの場合、予約や搭乗手続きの際、会員名で発券された航空券で搭乗するとフライトマイルがたまります。マイルは、区間と航空券の利用金額に応じて算出されます。飛行機のフライト時間は、1時間15分です。出雲市駅から出雲空港まではバスで15分。搭乗手続きにかかる約1時間、1時間15分のフライト時間、移動時間と合わせても出雲市駅から羽田空港までは3時間以内です。

※2016年9月調査時点の料金および時間