出雲空港発 (島根県) 隠岐空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

出雲【IZO】 ➡ 隠岐 【OKI】

出雲 隠岐 着の最安値(全期間) ¥6,900 【2018年09月01日など】
2018 12
1 ¥6,900
2 ¥6,900 3 ¥13,800 4 ¥13,800 5 ¥6,900 6 ¥6,900 7 ¥13,800 8 ¥13,800
9 ¥13,800 10 ¥13,800 11 ¥6,900 12 ¥6,900 13 ¥13,800 14 ¥13,800 15 ¥6,900
16 ¥13,800 17 ¥13,800 18 ¥13,800 19 ¥6,900 20 ¥6,900 21 ¥6,900 22 ¥13,800
23 ¥6,900 24 ¥13,800 25 ¥13,800 26 ¥13,800 27 ¥13,800 28 ¥13,800 29 ¥12,400
30 ¥13,800 31 ¥13,800
2019 1
1 ¥13,800 2 ¥13,800 3 ¥13,800 4 ¥13,800 5 ¥13,800
6 ¥13,800 7 ¥6,900 8 ¥13,800 9 ¥6,900 10 ¥6,900 11 ¥13,800 12 ¥13,800
13 ¥8,700 14 ¥13,800 15 ¥8,700 16 ¥8,700 17 ¥6,900 18 ¥8,700 19 ¥6,900
20 ¥6,900 21 ¥8,700 22 ¥6,900 23 ¥6,900 24 ¥6,900 25 ¥6,900 26 ¥6,900
27 ¥6,900 28 ¥8,700 29 ¥8,700 30 ¥6,900 31 ¥6,900

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

出雲空港−隠岐空港間の移動にかかる時間と費用

出雲空港ー隠岐空港の路線情報

出雲空港から隠岐空港までは1日1便JAC(日本エアーコミューター)と言われる日本航空系列の飛行機が運航しています。

出雲空港ー隠岐空港の所要時間

JR松江駅から出雲空港まで空港連絡バスで約30分です。搭乗手続きに1時間、出雲空港から隠岐空港間の搭乗時間は約30分なので、約2時間かかります。本土(境港)からフェリーで西郷まで行くと約4時間かかります。

出雲空港−隠岐空港の移動にかかる費用

出雲空港から隠岐空港は1日1便JAC(日本エアーコミューター)により運航されています。費用は普通運賃は13800円からで早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を購入することができます。

隠岐諸島の人気グルメ・スポット

隠岐諸島は世界ジオパークに認定されており、貴重な地質資源が見られるだけでなく、大地の成り立ちや独自の生態系を楽しむことができます。海に囲まれていると言うこともあり、カキやイカと言った海産物や隠岐そばが有名です。「味乃蔵」という西郷港近くのお店では隠岐そばをさばの出汁で食べると言う他では食べることのできない珍しい料理を食べることができます。

隠岐諸島、隠岐空港のお土産

隠岐のお土産は様々あります。中でも隠岐近海でとれるサザエやウニ、カキは有名で、お土産に適した瓶詰めや一夜干しが人気のお土産です。そのほかにもお酒や塩も人気があります。隠岐では魅力あり、美味しさありのお土産を購入することができます。

出雲空港から隠岐空港への空港情報

出雲空港ー隠岐空港への便

出雲縁結び空港から隠岐世界ジオパーク空港までの便は、1日1便のみで運行会社はJALグループエアラインの日本エアコミューターです。
すでに確定している情報によると、2018年9月1日から10月27日までは、出雲縁結び空港を9時35分に出発し、隠岐世界ジオパーク空港に10時05分に到着する便になります。2018年10月28日から2019年1月7日までは、出雲縁結び空港を9時30分に出発し、隠岐世界ジオパーク空港に10時00分に到着する便になります。飛行距離は約93km、65マイルほどで、運行時間も30分と短めです。

出雲空港ー隠岐空港を利用する人の目的

出雲縁結び空港から隠岐世界ジオパーク空港までを利用する人の主たる目的は、隠岐諸島の観光です。隠岐諸島は平成25年に世界ジオパークの認定を受けました。それ以降、隠岐を観光するお客様は増加傾向にあります。それを機に空港名にもジオパークを冠するなど隠岐世界ジオパーク空港は隠岐ジオパークの玄関口となる空港です。起源を数億年も前にさかのぼる大地の成り立ちや、約1万年前に離島になったというユニークな環境によって生まれ育まれた固有の生物や植物を観測できるなど、滅多に体験できない雄大な大自然を堪能できるとあって国内外からも人気の高い観光スポットです。
隠岐諸島は島根半島の北方50kmほどの海上にある群島です。
そのため、アクセス方法は飛行機あるいはフェリーとなります。隠岐までの機種はジェット機ではなくプロペラ機で、座席数は36席と少なめです。出雲縁結び空港から隠岐世界ジオパーク空港までのプロペラ機の利用は、地域住民の生活路線という側面もあります。8月の観光シーズンは特に限られた座席の奪い合いになる可能性もあるため、この時期の予約は早めにしておくのがおすすめです。
観光する方々の中には大阪国際空港(伊丹空港)から飛ぶジェット機の直行便にて隠岐世界ジオパーク空港へ向かうという選択をする場合も多くあります。海から入島する場合、近隣の島根の松江駅からですと、フェリーを使って約2時間半、高速船でも1時間強かかります。

隠岐空港の特徴

隠岐世界ジオパーク空港は、島後の中心から若干離れた島の先端部にある小さくのどかな空港です。滑走路も空港ビルも小さく、都会の大規模空港を見慣れている人はびっくりしてしまうほどです。待合室や荷物受取所のほかに、小さいながらも売店と喫茶店がひとつずつあります。空港内部は決して利便性が高いとはいえませんが、空港の外にでると一面海が広がるなど開放感があり、リゾート気分が味わえます。
空港ターミナルビル内には、レンタカー事業者の受付カウンターがありません。レンタカーの利用を予定している場合は、事前に空港公式webサイトに載っているレンタカー会社に問い合わせておきましょう。また、夏季の繁忙期には、空港ターミナルビル前のタクシー乗り場にタクシーが不在の場合もあります。この時期はレンタカーと同様に、空港公式webサイトに載っているタクシー会社に連絡をして配車予約しておくことをおすすめします。

※2018年5月調査時点の料金および時間