新潟空港発 (新潟県) 那覇空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

新潟【KIJ】 ➡ 那覇 【OKA】

新潟 那覇 着の最安値(全期間) ¥16,300 【2019年01月29日など】
2018 11
1 ¥26,400 2 ¥52,800 3 ¥26,400
4 ¥26,400 5 ¥26,400 6 ¥52,800 7 ¥26,400 8 ¥26,400 9 ¥26,400 10 ¥26,400
11 ¥26,400 12 ¥26,400 13 ¥26,400 14 ¥26,400 15 ¥26,400 16 ¥26,400 17 ¥26,400
18 ¥26,400 19 ¥26,400 20 ¥26,400 21 ¥26,400 22 ¥26,400 23 ¥52,800 24 ¥26,400
25 ¥26,400 26 ¥52,800 27 ¥26,400 28 ¥26,400 29 ¥26,400 30 ¥26,400
2018 12
1 ¥55,200
2 ¥55,200 3 ¥27,600 4 ¥27,600 5 「最安値確認」 6 ¥20,500 7 ¥47,500 8 「最安値確認」
9 ¥22,200 10 ¥20,500 11 ¥35,700 12 ¥19,900 13 ¥19,900 14 ¥19,900 15 ¥21,600
16 ¥21,600 17 ¥19,900 18 ¥19,900 19 ¥19,900 20 ¥19,900 21 ¥19,900 22 ¥21,600
23 ¥21,600 24 ¥19,900 25 ¥19,900 26 ¥19,900 27 ¥19,900 28 ¥25,400 29 ¥47,500
30 ¥43,200 31 ¥32,000

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

新潟空港−那覇空港間の移動にかかる時間と費用

新潟空港−那覇空港の路線情報

新潟空港から那覇空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、ANA(全日空)1本です。11時05分の出発です。なお、6月、7月、8月、9月は運航していないためご注意ください。

新潟空港−那覇空港の所要時間

新潟空港までは新潟駅からバスで15分程度です。搭乗手続きに1時間、新潟空港から那覇空港間の搭乗時間は約3時間なので、約4時間15分かかります。

新潟空港−那覇空港の移動にかかる費用

新潟空港から那覇空港間の飛行機の航空券の料金はANA(全日空)の場合43 200円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

沖縄県の人気グルメ・スポット

沖縄には綺麗な海を楽しめる「古宇利大橋」や「瀬底島」、川として唯一の天然記念物指定を受けている「塩川」や世界遺産に登録されている「首里城」などさまざまな観光スポットがあります。国際通りでは人気のご当地グルメの「沖縄そば」や「ゴーヤチャンプル」、「紅いもタルト」を堪能できます。那覇空港内には、国内では沖縄のみで展開している「A&W」や出来立てのポークたまごおにぎりを提供している「ポークたまごおにぎり本店」などがあります。

沖縄県、那覇空港のお土産

沖縄県のお土産は、「ちんすこう」や「シーサーの置物」、「紅いもタルト」などが有名です。他にも沖縄生まれののバウムクーヘン専門店「FUKUGIYA」や沖縄県内の650種類以上の塩を取り揃えている「まーすやー」などもおすすめのお店です。那覇空港内のお土産コーナーでは、フルーツの甘さとサクサクのタルトが楽しめる「旅するタルトサンド」や沖縄のハイビスカスやシークヮーサー、マンゴーを使用した「美ら島ソルベ」などが有名です。その他にも、定番の「サーターアンダギー」など、数多くの魅力的なお土産を購入できます。

新潟空港ー那覇空港への空港情報

新潟空港から那覇空港への始発便の時間は?

新潟空港から那覇空港までの直行便を運行する航空会社は、全日本空輸(ANA)の1社のみです。1日の運行本数は1本ですが、6〜9月は運休となるため注意が必要となります。出発時刻は11時、到着時間は14時、フライト時間は約3時間です。
通常運行の機材は座席数126席のボーイング737-500となります。ただし、運行スケジュールや機材などは予告なしに変更される場合もあるため、航空会社に確認を取りましょう。

新潟空港から那覇空港の便の利用目的は?沖縄のオフシーズン観光情報

新潟空港から那覇空港への路線を利用する人の多くは、沖縄県や新潟県での観光を目的としています。沖縄への観光では往路に、新潟への観光では復路に利用されています。那覇空港は2017年の旅客数が国内で第6位と、有数の利用者を誇る国内線の基幹空港です。人気の観光地として那覇空港は需要が増大しており、滑走路増設工事が行われています。
新潟空港から那覇空港への路線は、沖縄観光のピークである夏に運休し、10〜5月のシーズンオフに運行しています。それにもかかわらず、利用者数は増加しており、2016年度の調査によると同路線の利用者数は前年比1370人増の3万6850人、利用率は3.1%増の61.0%でした。
シーズンオフの沖縄観光は、旅行代金が安く、人気の観光スポットも混み合わずに快適にまわれるというメリットがあります。沖縄はもっとも気温が低くなる1〜2月でも平均気温が17度程度です。冬でも半袖で十分な日もあれば、上着を着ないと寒い日もあるため、観光で訪れる際には温度調節ができる服装をおすすめします。
オフシーズンこそ、超人気スポットである美ら海水族館に行きましょう。那覇空港から高速道路を利用すると車で約2時間、高速バスで約3時間の距離です。空港付近でレンタカーを借りる人が多く、バスには高速バスの他、路線バスや観光地を周遊するツアーバスもあります。美ら海水族館の目玉は、巨大な水槽で泳ぐジンベエザメやマンタ、サメなどでしょう。夏のピーク時には身動きがとれないほど混雑する時間帯もありますが、シーズンを外すとゆっくり見て回ることができます。
琉球王国時代の聖地である斎場御嶽(せいふぁーうたき)もおすすめスポットです。2000年には首里城跡とともにユネスコの世界遺産に登録されました。自然豊かで静謐な空間に、突如折り重なった巨岩があらわれます。沖縄随一のパワースポットで癒やされてみてはいかがでしょうか。那覇空港からは高速道路を利用して約50分の距離、空港から路線バスも出ており1時間20分程度かかります。
冬こそシーズンという観光スポットもあります。ホエールウォッチングやハンマーヘッドシャークを見られる自然観察ツアーです。ホエールウォッチングはほぼ確実にクジラと出会えるという遭遇率の高さが売りとなっています。アクセスはツアー会社によって異なり、集合場所が船の出る港であることもめずらしくありません。一方、ハンマーヘッドシャークは、与那国島でダイビングをして見ることになります。那覇空港から与那国島へは琉球エアーコミューター(RAC)が運航している路線が1日1便あって、所要時間は約1時間30分です。その後、与那国島から石垣島などの離島を巡るのも人気の旅行プランとなります。

那覇空港の快適性やグルメスポットを調査!

那覇空港には、車イスのお客さまにも対応しているインフォメーションカウンターが1〜3階の各階に設置されています。また、障害者や高齢者のサポート活動を行うNPO法人バリアフリーネットワーク会議が案内カウンターを担当しており、観光・宿泊施設、交通機関の案内や、車イスやベビーカーのレンタルなども可能です。国内空港ではバリアフリー環境の整備が当たり前になりつつあります。那覇空港は、歩道やトイレなどの段差が消えて利便性が高いのはもちろん、NPO法人を積極的に登用したマンパワーでのバリアフリー化も推進中です。
また、那覇空港には沖縄料理を楽しめるお店がたくさんあります。沖縄そばの店である「そば処 琉風」と「琉球村」、沖縄そばの他にもさまざまな郷土料理を提供している「郷土料理の店 天龍」、ラフテー丼のように沖縄料理を丼物にして食べることのできる「どんぶりの店 志貴」、沖縄料理やお酒をリーズナブルな値段で楽しめる「空港食堂」など、どのお店を選んだらよいのか目移りしそうです。この他にも、沖縄の食材をふんだんに使った寿司店「琉球開店寿司 海來」や、ユニークなゴーヤサンドイッチを食べられる「サンドイッチハウス グルメ」、沖縄流おにぎりとして大人気となっている「ポークたまごおにぎり本店 空港1F店」、洋食とともに泡盛が飲める「レストラン風月」といったお店があり、沖縄ならではの料理をたっぷりと味わうことができるでしょう。

新潟空港への便利なアクセス方法を解説!

新潟空港へは鉄道の乗り入れがないため、車、リムジンバス、路線バス、タクシーなどのアクセス方法となります。車の場合には、新潟空港インターチェンジからの所要時間が約10分です。
新潟駅からはリムジンバスと路線バスが運行しており、リムジンバスは新潟駅南口発で、20〜30分間隔で1日に65便程度往復しています。新潟空港までは約25分です。路線バスは、新潟駅万台口発で空港までは約34分。運行本数は1時間に1本程度です。
上越地域からのアクセスには、定員9名のジャンボタクシーが便利です。えちごトキめき鉄道の直江津駅・高田駅、上越インター富岡高速バス停留所から新潟空港を結んでおり、要予約で片道3000円です。
佐渡島へ渡ることができる佐渡汽船の新潟港ターミナルからは、新潟空港行きのミニライナーが出ています。定員は9名、所要時間は約25分です。
人気の観光地である新発田・月岡温泉からは、定員20名のバスが新潟空港まで運行しています。要予約で料金は1000円です。

新潟空港から那覇空港への便の運行本数は?

新潟空港から那覇空港への直行便は、ANAが運行している1日1便のみです。運行は10〜5月までとなります。
6〜9月は直行便が運休となるため、新潟空港から大阪・伊丹空港で乗り継いで那覇空港へ向かうのが一般的です。新潟空港から伊丹空港まで運行する航空会社は、ANA、日本航空(JAL)、アイベックスエアラインズ(IBEX)の3社となります。始発はANAの8時出発、9時10分到着の便、最終はANAの19時20分出発、20時25到着の便です。伊丹空港までのフライト時間は、1時間5〜10分となります。
伊丹空港から那覇空港まで運行する航空会社は、ANAとJALの2社です。1日2便ずつ、合計4便が那覇空港へ向かいますが、新潟空港からの乗り継ぎに間に合うのは、ANAの11時5分発、13時10分到着の便と、JALの14時55分発、17時到着の便の2つとなります。所要時間は、約2時間5分です。新潟空港から伊丹空港経由で那覇空港に向かう場合、乗り継ぎ時間も合わせると約4時間15分〜5時間程度かかるでしょう。

新潟空港から那覇空港への便で利用者が増える時期は?

新潟空港から那覇空港への路線で利用者が多くなるのは、10〜5月の運行中です。沖縄旅行のシーズンである夏の間は路線が運休となります。
沖縄旅行のピーク時に運休にする理由については、ネットの質問サイトや口コミなどでも取りあげている人がいました。あくまでネット上の意見ですが、新潟で農業に従事している人は夏場が忙しくて旅行している暇がないからといったものや、新潟の夏は想像以上に暑く、それよりも暑い沖縄にわざわざ行く人はいないから、単純に需要がないから、などがありました。
実際には、10〜5月に沖縄から東北に旅行する人が多く、その復路便として新潟空港から那覇空港への路線が利用されているということでしょう。

新潟空港から那覇空港への便で利用者が多い時間帯は?

新潟空港から那覇空港へ向かう直行便は、10〜5月にかけてANAが1日1便運行しており、出発時刻は11時です。そのため、利用者の多い時間帯は午前11時となります。
ただし、直行便のない6〜9月にかけては、伊丹空港経由で乗り継ぎ便を利用する人が増えます。ANAの11時5分発とJALの14時55分発の便が利用されることになるため、ピークの時間帯はお昼前後となるでしょう。

新潟空港から那覇空港への移動距離はどのくらい?

新潟空港から那覇空港までの移動距離は約1935kmです。乗り継ぎ便を利用する場合には、新潟空港から伊丹空港までが約611km、伊丹空港から約1304km、移動距離を合計すると約1915kmとなります。

※2018年5月調査時点の料金および時間