宮崎空港発 (宮崎県) 羽田空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

宮崎【KMI】 ➡ 羽田 【HND】

宮崎 羽田 着の最安値(全期間) ¥8,290 【2019年02月03日など】
2018 11
1 ¥19,840 2 ¥19,840 3 ¥19,840
4 ¥20,840 5 ¥19,840 6 ¥19,840 7 ¥19,840 8 ¥19,840 9 ¥20,840 10 ¥19,840
11 ¥34,790 12 ¥19,840 13 ¥19,840 14 ¥19,840 15 ¥19,840 16 ¥19,840 17 ¥19,840
18 ¥19,840 19 ¥19,840 20 ¥19,840 21 ¥19,840 22 ¥19,840 23 ¥19,840 24 ¥19,840
25 ¥20,840 26 ¥19,840 27 ¥19,190 28 ¥19,190 29 ¥16,790 30 ¥16,790
2018 12
1 ¥15,690
2 ¥16,490 3 ¥15,890 4 ¥15,890 5 ¥15,990 6 ¥15,990 7 ¥16,790 8 ¥15,690
9 ¥17,290 10 ¥16,190 11 ¥15,890 12 ¥15,990 13 ¥13,790 14 ¥14,290 15 ¥14,290
16 ¥14,490 17 ¥14,290 18 ¥14,290 19 ¥14,290 20 ¥10,790 21 ¥14,190 22 ¥13,690
23 ¥14,190 24 ¥13,690 25 ¥13,690 26 ¥14,090 27 ¥14,090 28 ¥14,090 29 ¥14,990
30 ¥14,390 31 ¥14,390

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

宮崎空港−羽田空港間の移動にかかる時間と費用

宮崎空港−羽田空港の路線情報

宮崎空港から羽田空港間の移動で利用できる航空会社は3社です。1日に運行する本数は、JALの6本、ANAとソラシドエア(Solaseed Air)の共同運航便が7本、ANA単体が5本の計18本です。始発はANAとソラシドエアの共同運航便の7時35分、最終便はANAの19時45分です。

宮崎空港−羽田空港の所要時間

宮崎駅から宮崎空港までは電車を利用すれば、10分で移動できます。搭乗手続きにかかる約1時間、1時間40分のフライト時間と合わせて、宮崎駅から羽田空港まで2時間50分程度かかります。新幹線を利用した場合、宮崎駅から東京駅まで約9時間かかります。

宮崎空港−羽田空港の移動にかかる費用

宮崎空港から羽田空港へ向かう場合の航空券の普通運賃の料金は、JAL・ANAの場合41 390円、ソラシドエアの場合34 790円です。早期購入割引3日前を利用した航空券の料金は、JAL・ANAの場合27 090円、ソラシドエアの場合25 890円です。早期購入割引75日前を利用した航空券の料金はJAL・ANAの場合12 290円、ソラシドエアの場合11 290円です。新幹線を利用した場合、宮崎駅から東京駅まで29 970円かかります。

東京都の人気スポット・グルメ

東京都には、ショッピングやグルメを楽しめる「お台場」、360度どこからでもイルカショーを楽しめる「アクアパーク品川」、屋内型のテーマパークである「ナムコ・ナンジャタウン」などの観光スポットがあります。グルメは、東京ではラーメンが人気です。池袋や新宿などラーメン激戦区が数多くあります。また、野菜を中心にさまざまな食材を入れた寄せ鍋である「ちゃんこ鍋」も人気です。

東京都、羽田空港のお土産

東京都で定番のお土産は、老舗和菓子屋である空也の「空也もなか」、肉厚のレーズンが入った巴裡 小川軒「元祖レイズン・ウィッチ」などです。羽田空港では、千疋屋の「マンゴープリン」、羽田空港でしか買うことができないとらやの「空港限定小型羊羹」などを購入できます。

宮崎空港から羽田空港への空港情報

宮崎空港ー羽田空港への便

宮崎空港発羽田空港行きの始発便はSNA(ソラシドエア)52便で、午前7時35分に宮崎空港を出発し、午前9時10分に羽田空港に到着します。そして、この便はANA(全日本空輸)3752便とのコードシェア便(共同運航便)です。また、宮崎空港発羽田空港行きの最終便はANA(全日本空輸)618便で、午後8時5分に宮崎空港を出発し、午後9時45分に羽田空港に到着します。なお、チェックインは飛行機が出発する20〜30分前までに済ませるようにしましょう。

宮崎空港ー羽田空港を利用する人の目的

宮崎空港発羽田空港行き路線をよく利用するお客様としては、まず、首都圏への出張旅行に向かうビジネスマンが最も多いようです。その理由としては、羽田空港が都心や東京近郊への交通アクセスが良いだけでなく、宮崎空港から1日に18便もの羽田空港便が出ており、急な商用の際にも便利なことが挙げられます。次に、首都圏への観光旅行や知人・親戚訪問を目的として宮崎空港発羽田空港行き路線を利用するお客様も、出張でこの路線を利用するビジネスマンと同じくらい多いといわれています。
それから、宮崎県に住んでいる方が東北・北海道方面へ商用や観光などで行くときも、宮崎空港発羽田空港行き路線を利用するケースがほとんどでしょう。というのは、宮崎空港からは東北地方や北海道への直行便が運航していないため、羽田空港で飛行機を乗り継がなければならないからです。また、関東地方以北から宮崎県や九州地方へ観光旅行や帰省で訪れたお客様が、帰路として宮崎空港発羽田空港行き路線を利用するケースもよくあります。
そこに加えて、羽田空港に国際線を乗り入れている外国航空会社を利用して訪日した外国人も、宮崎空港発羽田空港行き路線を利用することがあるでしょう。その理由は、そういった方たちが観光のために宮崎県や九州地方まで足を伸ばした場合に、帰りのルートとして宮崎空港発羽田空港行き路線も選択肢に入ることが多いためです。

羽田空港の特徴

羽田空港は正式名称を「東京国際空港」といい、日本国内で最も規模の大きな空港です。そして、2017年の記録では、世界に数ある空港の中で4番目に乗降客数が多い空港にランクインしました。また、羽田空港の国際線ターミナルは、日本国内では珍しく24時間オープンしている空港のひとつです。そして、羽田空港は大きく分けて国内線第1ターミナルと国内線第2ターミナル、それから国際線ターミナルの3つに分かれています。
広大な敷地を持つ羽田空港内の各施設は種類にしても数にしてもたいへん充実しているため、飛行機に乗らない方が空港施設を利用するために羽田空港を訪れる機会も多いようです。旅行者もそれ以外のお客様も利用できる施設としては、まず、幅広いジャンルのショップ・レストランエリアを挙げることができます。たくさんの店舗が一カ所にそろっているため、羽田空港にやってきた方は大型ショッピングセンターを訪れるような感覚で、買い物や食事、散策などを1日かけてゆっくり楽しむことができます。たとえば、国内線第1ターミナルでは合計68店、国内線第2ターミナルでは52店のショップとレストランを利用することが可能です。また、国際線ターミナルには44店のレストランと31店のショップ、32店の免税店があります。ショップのジャンルは旅行用品やお土産だけでなく、衣料品・服飾品や美容院、文房具やおもちゃ、そしてコンビニエンスストアまでが勢ぞろいしている場所です。そのため、飛行機を利用して旅行に行くお客様だけでなく空港で働く方や空港散策を目的として訪れた方まで、ありとあらゆる方々が必要とするものをなんでも買うことができる場所といって良いでしょう。
それから、羽田空港ではさまざまなグルメを楽しむこともできます。レストランのジャンルとしては、和食をはじめとして西洋料理からアジア・エスニック料理まで多彩に設けられているため、日本に居ながらにしてインターナショナルな食文化に出会う機会を得ることができるでしょう。それに、高級レストランからファーストフードやフードコートまでバラエティーに富んだ飲食店がたくさんそろっているため、予算や利用目的、その日の体調や気分に合わせて、自由に選択することが可能です。
さらに、羽田空港はビジネスマンにとってたいへん有用な設備を備えています。たとえば、国内線第1ターミナルと国内線第2ターミナル、そして国際線ターミナルでは、無料のWi‐Fiを利用することが可能です。また、無料で使えるノートパソコン・携帯電話の充電器も設置されています(国内線ターミナルにおいては飛行機に搭乗するお客様のみ利用が可能。国際線ターミナルにおいては、出国後エリアのみならず一般エリアにあるPCデスクでも無料充電器の利用が可能)。加えて、会議やミーティングに使用できる多目的ホールを貸し切って利用することもできるのです。
もちろん、飛行機を利用するお客様にとって役に立つ各種設備が質・量ともに充実していることはいうまでもありません。羽田空港国内線第1ターミナルと国内線第2ターミナル、そして国際線ターミナルには、航空会社が提供するラウンジ(待合室)以外にも、有料で使用できるラウンジがそれぞれ設けられています。そして、国内線ターミナルのラウンジではフリードリンク(ソフトドリンクのみ)やシャワーなどを利用することが可能です。その他、診療所やドラッグストア、授乳室やキッズコーナーなども利用できます。また、国内線第1ターミナルと国内線第2ターミナル、国際線ターミナルのそれぞれに併設されているホテルも、旅行者にとって便利な施設です。このような空港ホテルでは、早朝・深夜便を利用するときの前泊や後泊をするだけでなく、トランジット時間が長いときに数時間の休憩を手軽にとることもできます。それから、旅行に出るときに困ることのひとつとしてペットを連れて行けないことが挙げられますが、羽田空港には国内線第1ターミナルと国際線ターミナルにペットを預かってもらえる施設があります(事前の予約が必要)。また、国内線第1ターミナルにある旅行センターでは、国内・海外向けツアーなどの旅行商品や東京ディズニーランド・ディズニーシーの入場券、羽田空港船着き場発着のクルーズチケットなどを取り扱っています。
それ以外の施設として、美術館やウェディングプランナー会社までが空港内に存在することも、羽田空港の特徴です。たとえば、美術館「ディスカバリーミュージアム」は第2ターミナルの3階にあり、そこでは日本の歴史に関連するさまざまな企画展が行われています。また、「スカイウェディング羽田」は羽田空港で行う結婚式をプロデュースする会社で、ウェディングプランの申し込みや相談から挙式、披露宴など、結婚に関連するサービスを一貫して取り扱っています。

宮崎空港へのアクセス

JR日豊本線の宮崎駅から宮崎空港までのアクセス時間は35〜40分くらいかかります。まず、宮崎駅前からバス停までは歩いて2〜3分程度必要な距離です。それから、宮崎交通「高速・連絡バスの西都城駅前BC行き」、または、宮崎交通の路線バス「西都城・西都城駅前バスセンター行き」に乗車します。乗車してから25〜30分くらいでバス停「宮崎空港」に到着しますが、下車してから宮崎空港までは徒歩での移動時間が1〜3分かかるので、注意が必要です。

宮崎空港ー羽田空港への航空会社の運行本数

宮崎空港を出発して羽田空港に到着する飛行機の運行本数は、1日の合計で18本あります。その内訳は、ソラシドエアと全日本空輸のコードシェア便が7本、全日本空輸のみで運行する便が5本です。その他、日本航空が運航する便も6本あります。すなわち、始発便から最終便までの12時間半の間は、30分〜2時間弱ごとに羽田空港行きの便が出発しているため、お客様にとって都合の良い時間の便を選ぶことが可能です。

宮崎空港ー羽田空港への時期による利用者数

宮崎空港発羽田空港行き路線を利用するお客様で最も数が多いのは、商用で訪れるビジネスマンを除けば、宮崎県へ帰省した後に居住地へ戻る宮崎県出身者です。そのため、お盆休みや年末年始などの大型連休の後半には、利用者数が最も多くなるでしょう。
一方、宮崎県は一年を通じて気候が温暖であるため、県外や国外からの観光客が一年中訪れています。そのため、宮崎空港発羽田空港行き路線を観光旅行後の帰路として利用するお客様の数は、年間を通じてそれほど大きな変動はないといっても良いでしょう。ただし、台風の多く通過する夏から秋にかけてのシーズンには、比較的観光目的のお客様が少なくなる場合があります。それから、宮崎県にはサーフィンに適したビーチがたくさんあるため、大小さまざまの競技会が一年中開催されています。その中には国際大会もあるため、その時期になると国内からも海外からもサーファーが集まってくるようです。

宮崎空港ー羽田空港への利用者の多い時間帯

宮崎空港発羽田空港行き路線で利用者の多い時間帯としては、まず、午前7時台が挙げられます。この時間帯には、7時35分発のソラシドエア・全日本空輸のコードシェア便と、7時50分発の日本航空便が、相次いで出発するからです。次に、午前10時前後からお昼12時過ぎにかけての2時間強には各航空会社の羽田空港行き便が連続して6本も出発するため、この時間帯に宮崎空港発羽田空港行きの便を利用するお客様はかなり多いといって良いでしょう。それから、14時台と16時台、18時台にも、それぞれ2本ずつの羽田空港行き出発便が出ています。こういった時間帯ごとの運行頻度と旅行者の行動パターンから考えると、宮崎空港発羽田空港行き路線を往路として利用するお客様は、早朝からお昼頃に出発する便を利用することが多いといえるでしょう。逆に、帰路として利用するお客様の場合は午後便を利用する傾向がみられます。

宮崎空港ー羽田空港への距離

宮崎空港から羽田空港への移動距離は約1136kmです。

※2016年8月調査時点の料金および時間