小松空港発 (石川県) 那覇空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

小松【KMQ】 ➡ 那覇 【OKA】

小松 那覇 着の最安値(全期間) ¥9,700 【2019年01月30日など】
2018 11
1 ¥22,900 2 ¥33,100 3 ¥22,900
4 ¥22,900 5 ¥45,800 6 ¥45,800 7 ¥22,900 8 ¥46,800 9 ¥22,900 10 ¥22,900
11 ¥45,800 12 ¥22,900 13 ¥22,900 14 ¥22,900 15 ¥22,900 16 ¥46,800 17 ¥45,800
18 ¥45,800 19 ¥22,900 20 ¥22,900 21 ¥34,200 22 ¥34,200 23 ¥45,800 24 ¥22,900
25 ¥22,900 26 ¥22,900 27 ¥22,900 28 ¥22,900 29 ¥22,900 30 ¥22,900
2018 12
1 ¥24,050
2 ¥24,050 3 ¥42,800 4 ¥24,050 5 ¥24,050 6 ¥24,050 7 ¥24,050 8 ¥24,050
9 ¥24,050 10 ¥24,050 11 ¥24,050 12 ¥24,050 13 ¥24,050 14 ¥24,050 15 ¥24,050
16 ¥24,050 17 ¥21,100 18 ¥21,100 19 ¥21,100 20 ¥21,100 21 ¥24,050 22 ¥24,050
23 ¥24,050 24 ¥24,050 25 ¥24,050 26 ¥24,050 27 ¥24,050 28 ¥24,050 29 ¥46,200
30 ¥47,200 31 ¥38,900

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

小松空港−那覇空港間の移動にかかる費用と時間

小松空港−那覇空港の路線情報

小松空港から那覇空港間で運航する航空会社は1社です。1日の本数はJTA(日本トランスオーシャン)1本で、14:15の運航です。

小松空港−那覇空港の所要時間

金沢駅から小松空港まではバスで約40分です。搭乗手続きに1時間、小松空港から那覇空港間の搭乗時間は約2時間25分なので、約3時間25分かかります。

小松空港−那覇空港の移動にかかる費用

小松空港から那覇空港間の飛行機の航空券の料金はJTA(日本トランスオーシャン)の場合19 400円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

沖縄県の人気グルメ・スポット

沖縄県には世界遺産に登録されている赤い建物が特徴の首里城、国内最大の水槽・黒潮の海がある「美ら海水族館」やインスタ映えスポットの「ハートロック」、お土産屋さんや飲食店が並ぶ国際通りなど数多くの観光スポットがあります。人気のグルメは沖縄伝統の揚げドーナツのサーターアンダギーやおなじみの沖縄そばはもちろん、ソウルフードのタコライスなど地元民に愛されているグルメも楽しむことができます。那覇空港内には琉球料理をリーズナブルに食べられる空港食堂があり出発直前まで楽しむことができます。

沖縄県、那覇空港のお土産

沖縄の定番のお土産はインテリアとしても使える魔除けのシーサーやサクサクの食感がたまらない琉球伝統菓子のちんすこう、沖縄県産紅芋を100%使用したしっとり食感の紅芋タルトなどです。那覇空港限定のお土産は、紅芋クリームとレアケーキの2層仕立てで滑らかな舌触りのフェスティバロの「紅芋レアケーキshuri」がおすすめです。

小松空港から那覇空港への空港情報

小松空港ー那覇空港への便

小松空港から那覇空港への直行便は、毎日1便のみの運航となっています。航空会社は日本トランスオーシャン航空(JTA)です。日本トランスオーシャン航空は、日本航空(JAL)グループの子会社で、日本航空や沖縄県を株主とする第三セクター企業として主に沖縄路線を運航しています。小松空港の出発が14:05、那覇空港到着が16:25のJTA037便で、座席タイプは普通席とクラスJの2種類があります。

小松空港ー那覇空港を利用する人の目的

小松空港から那覇空港へ往路として利用する場合は、観光中心ではありますがビジネス利用でも需要があります。また、那覇空港は、県内の新石垣空港、宮古空港、久米島空港など12の離島への乗継地として重要な役割も担っています。離島へは中型ジェットや小型ジェット、プロペラ機などが運航しています。特に、沖縄は観光のお客様やレジャー目的のリピーターも多い地域です。1年を通してマリンスポーツやアウトドア・レジャーが楽しめるため、定期的に行き来する人もいます。沖縄ではリゾートバイトなども多いため、休暇を利用した学生が利用することもあるでしょう。那覇空港から市内の中心地「国際通り」までは、約5kmほどの距離です。那覇空港に乗り入れている那覇市内の唯一の電車「ゆいレール」で13分乗車、「県庁前駅」で下車後徒歩5分ほどで行けます。那覇市内は観光地付近は渋滞が多いため、各地の観光スポットを結ぶゆいレールの利用が便利でしょう。
逆に、那覇空港から小松空港を利用する人は、金沢や加賀温泉郷などの観光に訪れます。ちなみに石川県内には輪島市に能登空港もありますが、那覇空港間の直行便がないため能登半島方面への観光は小松空港を利用することになります。輪島方面へは「のと里山海道」を使い、車で2時間程度で行くことができます。公共交通機関を利用する場合は、金沢駅まで「サンダーバード」「しらさぎ」等の特急列車利用の後、高速バス・特急バス・路線バスなどに乗り換え、早ければ2時間45分程度で到着します。

那覇空港の特徴

年間旅客数では日本国内の5位にランクインする那覇空港ですから、空港の施設も沖縄感満載の充実した施設です。那覇空港から離島の空港への乗り継ぎまでの空き時間も到着ロビー内に併設されている「ラウンジ華〜hana〜」で、ゆったりと落ち着いた時間を過ごせます。また、空港内の飲食店は4階のレストランフロアには12店舗、1階から3階ロビーにはそれぞれカフェやファストフード、沖縄料理店や和洋食レストラン、お弁当やお土産が買える売店など多数あります。

※2018年5月調査時点の料金および時間