鹿児島空港発 (鹿児島県) 松山空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

鹿児島【KOJ】 ➡ 松山 【MYJ】

鹿児島 松山 着の最安値(全期間) ¥13,800 【2019年01月28日など】
2018 11
1 ¥14,400 2 ¥14,400 3 ¥14,400
4 ¥28,800 5 ¥14,400 6 ¥14,400 7 ¥14,400 8 ¥14,400 9 ¥28,800 10 ¥14,400
11 ¥14,400 12 ¥14,400 13 ¥14,400 14 ¥14,400 15 ¥14,400 16 ¥28,800 17 ¥14,400
18 ¥14,400 19 ¥14,400 20 ¥14,400 21 ¥14,400 22 ¥14,400 23 ¥28,800 24 ¥14,400
25 ¥28,800 26 ¥14,400 27 ¥14,400 28 ¥14,400 29 ¥14,400 30 ¥14,400
2018 12
1 ¥15,050
2 ¥30,100 3 ¥15,050 4 ¥15,050 5 ¥15,050 6 ¥15,050 7 ¥15,050 8 ¥15,050
9 ¥15,050 10 ¥15,050 11 ¥15,050 12 ¥15,050 13 ¥14,800 14 ¥14,800 15 ¥14,800
16 ¥14,800 17 ¥14,800 18 ¥14,800 19 ¥14,800 20 ¥14,800 21 ¥14,800 22 ¥14,800
23 ¥14,800 24 ¥14,800 25 ¥14,800 26 ¥14,800 27 ¥14,800 28 ¥15,050 29 ¥15,050
30 ¥15,050 31 ¥15,050

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

鹿児島空港−松山空港間の移動にかかる時間と費用

鹿児島空港−松山空港の路線情報

鹿児島空港から松山空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、JAC(日本エアーコミューター)1本です。13時45分発です。

鹿児島空港−松山空港の所要時間

鹿児島空港までは鹿児島市内からバスで40分程度です。搭乗手続きに1時間、鹿児島空港から松山空港間の搭乗時間は約1時間なので、約2時間40分かかります。

鹿児島空港−松山空港の移動にかかる費用

鹿児島空港から松山空港間の飛行機の航空券の料金はJAC(日本エアーコミューター)の場合28 800円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

愛媛県の人気グルメ・スポット

愛媛には日本三大水城と呼ばれる「今治城」や勝山の山頂に建つ「松山城」、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台となった「道後温泉」など観光スポットが多くあります。また、人気グルメのじゃこ天や郷土料理の鯛めしが堪能できます。有名なみかんも欠かせません。松山空港内には、さまざまな種類のレストランがあります。「すし処」は瀬戸内で獲れた新鮮な魚を味わえ、「かどや」ではふるさとの味を感じられる「宇和島鯛めし」と「さつま」を中心とした料理を楽しむことができます。

愛媛県、松山空港のお土産

愛媛で定番のお土産は、愛媛自慢の「ポンジュース」や和菓子の上品な餡の味わいとビスケットの洋菓子の風味が味わえる「母恵夢」、ご飯にもおやつにもぴったりな「花かまぼこ」などです。松山空港内のお土産コーナーでは、200年の歴史を誇る「志ぐれ」や特製の餡をカステラで一つ一つ丁寧に巻き上げた「六時屋タルト」、夏目漱石の坊ちゃんが由来の「坊ちゃんだんご」などが有名です。ほかにも、ゆるきゃらのバリィさんがモチーフの「バリィふぃーゆ」など、数多くのご当地のお土産を購入できます。

鹿児島空港から松山空港への空港情報

鹿児島空港ー松山空港への便

鹿児島空港から松山空港へはJAL(日本航空)の13時45分発の1日1便のみしか運行していません。そのため、ゴールデンウィークや夏休みなどの繁忙期には航空チケットが早めに完売することもあるので注意してください。

鹿児島空港ー松山空港を利用する人の目的

鹿児島空港から松山空港への利用者の目的としては、観光や帰省が多い傾向にあります。飛行機で約1時間のフライトで行けるので、アクセスしやすい国内旅行先の1つといえるでしょう。ただし、前述の通り松山空港へのフライトは1日に1便のみとなっているため、繁忙期に旅行する際は、早めに航空券を予約しておくことがポイントです。松山は雨が少なく温暖な天候に恵まれているため1年を通して旅行しやすいことが魅力です。しかし、梅雨や台風の時期は降水量が増えるので旅行時期としてはできるだけ避けたほうが無難かもしれません。また、夏場は東京などの都市部よりも気温は高くなります。台風の過ぎた秋頃は気温も下がり空気も澄んでいるのでベストシーズンかもしれません。日本最古の温泉といわれる「道後温泉」をはじめ、現存十二天守のうちの1つである「松山城」や、ライオンやキリンのパノラマ展示が人気の「愛媛県立とべ動物園」などさまざまな観光スポットを楽しめるでしょう。
それ以外の目的としては平日のビジネス利用があります。松山空港からJR松山駅までのアクセスは車で約15分となっており、市内には出張者が利用しやすいビジネスホテルも多くあります。他の交通手段として安く移動できるリムジンバスも人気ですが、バスの本数が少ないというデメリットもあります。このため、バスの利用時には事前に時刻表をチェックしておいたほうが良いかもしれません。こちらのリムジンバスは松山市内や道後温泉へも運行しています。

松山空港の特徴

松山空港の大きな特徴は四国最大規模の空港であることです。松山空港限定のお土産が購入できるショッピングゾーンをはじめ、飛行機の離着陸を間近で見られる展望台など、設備が大変充実しています。特に、展望台はカメラ撮影しやすいように、フェンスの一部が切り抜かれていることも利点の1つでしょう。そして、ビジネスマンや旅行者がくつろげるビジネスラウンジもあり、快適性も備えた空港といえます。
空港内には、すし屋や、うどん店、かまぼこ店などさまざまな地元グルメを楽しめるお店が入っています。そのなか、特に人気なのが空港2階にある「かどや」です。店内では名物の宇和島鯛めしをはじめ、瀬戸内産海鮮丼やさつま汁など四国の味を十分に堪能できるでしょう。

※2018年5月調査時点の料金および時間