鹿児島空港発 (鹿児島県) 沖永良部空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

鹿児島【KOJ】 ➡ 沖永良部 【OKE】

鹿児島 沖永良部 着の最安値(全期間) ¥14,500 【2019年01月30日など】
2018 11
1 ¥33,000 2 ¥16,500 3 ¥16,500
4 ¥33,000 5 ¥16,500 6 ¥16,500 7 ¥16,500 8 ¥16,500 9 ¥16,500 10 ¥16,500
11 ¥16,500 12 ¥16,500 13 ¥33,000 14 ¥16,500 15 ¥16,500 16 ¥16,500 17 ¥16,500
18 ¥16,500 19 ¥16,500 20 ¥16,500 21 ¥16,500 22 ¥16,500 23 ¥16,500 24 ¥16,500
25 ¥16,500 26 ¥16,500 27 ¥16,500 28 ¥16,500 29 ¥16,500 30 ¥16,500
2018 12
1 ¥16,500
2 ¥16,500 3 ¥16,500 4 ¥16,500 5 ¥16,500 6 ¥16,500 7 ¥16,500 8 ¥16,500
9 ¥16,500 10 ¥16,500 11 ¥16,500 12 ¥16,500 13 ¥16,500 14 ¥16,500 15 ¥14,900
16 ¥14,900 17 ¥14,900 18 ¥14,900 19 ¥14,900 20 ¥14,900 21 ¥16,500 22 ¥16,500
23 ¥16,500 24 ¥16,500 25 ¥16,500 26 ¥16,500 27 ¥16,500 28 ¥16,500 29 ¥18,900
30 ¥16,500 31 ¥16,500

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

鹿児島空港−沖永良部空港間の移動にかかる時間と費用

鹿児島空港−沖永良部空港の路線情報

鹿児島空港から沖永良部島間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数はJALで3本です。最終便は15時55分です。

鹿児島空港から沖永良部空港の所要時間

鹿児島中央駅から沖永良部空港まではバス利用で40分くらいです。搭乗手続きには1時間ほど時間を要するため、鹿児島空港から沖永良部空港までの1時間15分のフライト時間を合わせて、鹿児島?沖永良部間を飛行機で移動する場合は2時間50分程度かかります。フェリーで行く場合、鹿児島港?和泊港までは18時間くらいかかります。鹿児島?沖永良部間を飛行機で移動した場合、フェリーより半日程度早く移動することができます。

鹿児島空港−沖永良部空港の移動にかかる費用

鹿児島空港から沖永良部空港の飛行機の航空券の料金は、JALで33000円です。また、早期購入割引や株主優待割引を利用すればさらにお得に航空券を予約できます。

沖永良部島の人気グルメ・スポット

沖永良部島は、東洋一の鍾乳洞・昇竜洞をはじめとする200~300の大鍾乳洞群が見られ、「花と鍾乳洞の島」と称されます。また洞入口には様々な亜熱帯植物や蝶が訪れる人の目を楽しませてくれます。また、沖永良部島では周辺の海で獲れた新鮮な魚やエビ、夜光貝などの貝類、農業の島沖永良部ならではの、とりたて野菜や特産品であるジャガイモ、フルーツなどが食べられます。

鹿児島、沖永良部空港のお土産

沖永良部で定番のお土産は、ふりそそぐ南国の太陽とミネラル豊富な赤土で育った桑茶「松本屋 桑茶」、沖永良部で話題の健康食品桑の葉の粉末を小麦粉と練り乾麺に仕上げた「奄美商事 えらぶそば」、数種類のサトウキビをブレンドした「まごころ製糖 純黒糖」などです。また、豊かな風味のパパイヤを使用した漬け物「南国太陽農産 パパイヤ漬け」を購入することもできます。

鹿児島空港から沖永良部空港への空港情報

鹿児島空港ー沖永良部空港への便

鹿児島空港から沖永良部空港へ行くための始発便は、7:40(鹿児島発)ー8:55(沖永良部着)のJAC3801便です。また、最終便は14:55(鹿児島発)ー16:10(沖永良部着)のJAC3809便となっています。
いずれの便もJAC(日本エアコミューター)によって運航されています。

鹿児島空港ー沖永良部空港を利用する人の目的

沖永良部空港は沖永良部島にある空港で、「えらぶゆりの島空港」という愛称で親しまれています。2016年度にはおよそ9万9000人が利用しました。鹿児島空港から沖永良部空港への路線は、沖永良部空港における主要路線であり、また、沖永良部島を訪れる観光客は年間で8万人を超えることから、多くの人が観光目的でこの路線を利用しています。そのほか、島に在住している人や島に帰省する人にとっては、生活に欠かせない路線となっています。
沖永良部島は、鹿児島市から南へおよそ550km離れた場所にある島で、奄美群島の南西部に位置しています。年間の平均気温は22度と温暖で、熱帯や亜熱帯の花々が咲きほこる美しい島です。比較的平坦地が多いことから農業がさかんで、エラブユリ、スプレーキクなどの栽培が行われています。さらに、鹿児島県天然記念物に指定されている鍾乳洞「昇竜洞」をはじめ、島内に200から300もの鍾乳洞が点在しているのも大きな特徴です。こういったことから「花と鍾乳洞の島」とも呼ばれています。
奄美群島国立公園に属する沖永良部島は、奄美諸島の中でもハブがいない島として知られています。このことは、島の豊かな自然とふれあう中で安心できるポイントといえるでしょう。ウミガメが住む美しい海でのダイビング、風を切って島内を巡るサイクリングをはじめ、ケイビング(洞窟探検)といったこの島ならではのアクティビティも楽しむことができます。

沖永良部空港の特徴

沖永良部空港は、どこか懐かしさのあるたたずまいの小さな空港です。空港内にはレストランと売店が1軒ずつあり、コンパクトな中にも来島者を歓迎する気持ちを感じさせてくれます。
沖永良部空港は島の東端にあり、島内には鉄道がないため、市街地や観光地へ行くにはバス・タクシー・レンタカーなどを利用することになります。レンタカーを利用する人は、空港近くのレンタカーショップに予約を入れておくといいでしょう。バスを利用する際は、本数が限られているため、事前に時刻表をチェックしておくとスムーズです。島内を走るバスは、バス停以外の場所で乗降ができるフリー乗降制度で運行されています。

※2018年5月調査時点の料金および時間