鹿児島空港発 (鹿児島県) 徳之島空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

鹿児島【KOJ】 ➡ 徳之島 【TKN】

鹿児島 徳之島 着の最安値(全期間) ¥10,800 【2019年02月27日など】
2018 12
1 ¥16,250
2 ¥32,500 3 ¥16,250 4 ¥16,250 5 ¥16,250 6 ¥16,250 7 ¥16,250 8 ¥16,250
9 ¥16,250 10 ¥16,250 11 ¥16,250 12 ¥16,250 13 ¥16,250 14 ¥16,250 15 ¥16,250
16 ¥16,250 17 ¥16,250 18 ¥16,250 19 ¥16,250 20 ¥16,250 21 ¥16,250 22 ¥16,250
23 ¥16,250 24 ¥16,250 25 ¥16,250 26 ¥16,250 27 ¥16,250 28 ¥16,250 29 ¥32,500
30 ¥32,500 31 ¥16,250
2019 1
1 ¥16,250 2 ¥16,250 3 ¥16,250 4 ¥16,250 5 ¥16,250
6 ¥16,250 7 ¥15,050 8 ¥15,050 9 ¥15,050 10 ¥15,050 11 ¥15,050 12 ¥11,300
13 ¥11,300 14 ¥11,300 15 ¥11,300 16 ¥11,300 17 ¥11,300 18 ¥11,300 19 ¥11,300
20 ¥11,300 21 ¥11,300 22 ¥11,300 23 ¥11,300 24 ¥11,300 25 ¥11,300 26 ¥11,300
27 ¥11,300 28 ¥11,300 29 ¥11,300 30 ¥11,300 31 ¥11,300

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

鹿児島空港−徳之島空港間の移動にかかる時間と費用

鹿児島空港−徳之島空港の路線情報

鹿児島空港から徳之島空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、JAL(日本航空)が4本です。16時15分まで運航しています。

鹿児島空港−徳之島空港の所要時間

鹿児島中央駅から鹿児島空港まではバス利用で40分程度です。搭乗手続きには1時間、鹿児島空港から徳之島空港間の搭乗時間は約1時間10分なので、あわせて約2時間50分かかります。フェリーで行く場合、鹿児島港?亀徳港までは15時間くらいかかります。鹿児島?徳之島間を飛行機で移動した場合、フェリーより半日程度早く移動することができます。

鹿児島空港−徳之島空港の移動にかかる費用

鹿児島空港から徳之島空港の飛行機の航空券の料金はJAL(日本航空)の15400円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればさらにお得に航空券を予約できます。また、フェリーで行く場合、鹿児島ー徳之島間は28240円です。フェリーでの移動に比べ、飛行機で行く場合、12000円程度料金が高いですが、フェリーは1日の運航本数が1本のみです。

鹿児島県の人気グルメ・スポット

鹿児島の徳之島では、ここでしか見られない動植物が暮らす島です。島はきれいな海に囲まれ、自然豊かな地として観光に最適です。また、闘牛大会が定期的に開催され、この島の名物となっています。

鹿児島県、徳之島空港のお土産

鹿児島の徳之島で定番のお土産は、特産品である黒糖を原料とした黒糖焼酎が有名です。また、農産物直売所や農産物加工所では、島で収穫された新鮮な農産物の味を持ち帰ることもできます。

鹿児島空港から徳之島空港への空港情報

鹿児島空港ー徳之島空港への便

鹿児島空港から徳之島空港へ行く際の始発便は、7:35鹿児島発−8:45徳之島着のJAL3791便です。最終便は、16:15鹿児島発−17:25徳之島着のJAL3797便となっています。2便とも、航空会社は日本航空(JAL)グループのJ-AIRですが、全便がJAL便として運航されます。

鹿児島空港ー徳之島空港を利用する人の目的

2016年の夏に一般社団法人徳之島観光連盟が実施した「来島者向けアンケート調査」によると、46.6%の人が観光目的で来島したという結果が出ており、観光のために利用されることが多い空港といえるのではないでしょうか。
奄美群島国立公園の中にある徳之島は、豊かな自然が残る魅力的な離島です。真っ白な砂浜と青く透き通った海はたいへん美しく、ビーチでの海水浴やスキューバダイビング、磯釣りや船釣りといったマリンレジャーを楽しむことができます。毎年1月〜3月ごろにはホエールウオッチングも開催され、一年を通して海を楽しむことができる島です。
また、緑も多く、島内には絶滅危惧種や環境省のレッドリストに指定されている希少な動植物が数多く生息しています。徳之島と奄美大島のみに分布しているアマミノクロウサギをはじめ、トクノシマトゲネズミなど徳之島のみに分布する固有種も存在し、山の自然を満喫できるエコツアーも人気です。徳之島観光連盟では、希少な動植物を保護するために、きちんとした手順にそってエコガイドに依頼をするなど、ルールを守って楽しむことを呼びかけています。
このほか、闘牛大会も徳之島の名物です。毎年、お正月・ゴールデンウィーク・10月に大規模な大会が開催されるほか、この時期以外にも小さな大会が開かれています。
観光以外の来島目的では、次に多いのはビジネスでの来島(34.2%)で、その次は帰省(15.1%)という結果でした。離島である徳之島に行くには、空路または海路のどちらかを利用する必要があるため、徳之島空港はさまざまな目的で利用されています。

徳之島空港の特徴

徳之島は、奄美群島のほぼ中央にある島で、鹿児島県本土からは南に約500km離れています。徳之島空港があるのは鹿児島県大島郡天城町で、島の北東部です。徳之島空港は1962年に開港し、2012年には「徳之島子宝空港」という愛称がつけられました。以降、出生率の高い島を象徴する愛称として親しまれています。空港内にはレストランのほか、「エアポートおみやげセンター」をはじめとする売店が3店あります。空港内の展望デッキは無料で利用することが可能です。
徳之島には鉄道がないため、観光のために来島した方々は、レンタカーやタクシー、バスを利用することになります。レンタカーショップは、おもに徳之島空港近辺や島南東部に位置する亀徳港の周辺にあります。
バスは徳之島総合陸運株式会社の運行する島内バスです。

※2018年5月調査時点の料金および時間