女満別空港発 (北海道) 新千歳空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

女満別【MMB】 ➡ 新千歳 【CTS】

女満別 新千歳 着の最安値(全期間) ¥6,270 【2019年01月31日など】
2018 11
1 ¥10,970 2 ¥21,670 3 ¥10,970
4 ¥10,970 5 ¥10,970 6 ¥10,970 7 ¥10,970 8 ¥10,970 9 ¥12,270 10 ¥10,970
11 ¥10,970 12 ¥10,970 13 ¥10,970 14 ¥10,970 15 ¥10,970 16 ¥21,670 17 ¥10,970
18 ¥10,970 19 ¥10,970 20 ¥10,970 21 ¥10,970 22 ¥18,970 23 ¥10,970 24 ¥10,970
25 ¥10,970 26 ¥10,970 27 ¥10,970 28 ¥10,970 29 ¥10,970 30 ¥10,970
2018 12
1 ¥11,420
2 ¥11,420 3 ¥11,420 4 ¥11,420 5 ¥11,420 6 ¥11,420 7 ¥11,420 8 ¥11,420
9 ¥11,420 10 ¥11,420 11 ¥11,420 12 ¥11,420 13 ¥11,420 14 ¥11,420 15 ¥11,420
16 ¥11,420 17 ¥11,420 18 ¥11,420 19 ¥11,420 20 ¥11,420 21 ¥11,420 22 ¥11,420
23 ¥11,420 24 ¥11,420 25 ¥11,420 26 ¥11,420 27 ¥11,420 28 ¥11,420 29 ¥11,420
30 ¥11,420 31 ¥11,420

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

女満別空港‐ 新千歳空港間の移動にかかる時間と費用

女満別空港‐新千歳空港間の路線情報

女満別空港‐新千歳空港間で運航する航空会社は2社です。1日の運航本数は、JAL(日本航空)は4本、ANA(全日本空輸)は3本です。JAL(日本航空)は17時50分まで、ANA(全日本空輸)は20時15分まで運航しています。

女満別空港‐新千歳空港間の所要時間

女満別駅から女満別空港間では電車と徒歩で約26分程度です。搭乗手続きに約1時間、女満別空港から新千歳空港間の搭乗時間は約45分のので、約1時間45分かかります。

女満別空港‐新千歳空港間の移動にかかる費用

女満別空港から新千歳空港間の飛行機の料金は、JALの場合20000円、ANAの場合12000円です。

新千歳の人気グルメ・スポット

新千歳には、羊やアルパカに会える観光スポットとして有名は「えこりん村」や、乳絞りや子牛に餌をやったり、牛乳からバターを作ってみたりと北海道ならではの体験ができる「むらかみ牧場」など数多くの観光スポットが存在します。グルメでは、太縮れ麺と濃厚な味噌スープが癖になる「札幌ラーメン」や、野菜たっぷり、お肉は柔らかく臭みもない「ジンギスカン」などが有名です。また、新千歳空港周辺には様々な飲食店があり、「定食柳ばし」はメンチカツ定食が絶品だと有名なお店です。

北海道、新千歳空港のお土産

北海道で定番のお土産は、バターの香ばしさにもこだわったパイ生地と、コクのあるチョコレートがミルフィーユされた贅沢なクッキー「美冬」、果肉がたっぷり入っていて、メロンの甘みがしっかり味わえる「夕張メロンピュアゼリー」などです。新千歳空港内のお土産コーナーには、北海道名産の果実「ハスカップ」を練り込んだチーズクリームを、生のホワイトチョコでコーティングして凍らせたものを挟んだ「新千歳発」、函館産のクリームチーズや北海道産牛乳を使った生クリームなどから生まれたクリームは、ふんわりとした食感である「レアチーズシュー」など、数多くのお土産を購入できます。

女満別空港からへの新千歳空港への空港情報

女満別空港ー新千歳空港への便

女満別空港から新千歳空港に向かう直行便は、JALとANAが運行しています。2018年8月現在、1日に7便が運行されていて、到着までの所要時間は45〜50分となっています。女満別空港の始発便の時刻は、JALの8時50分です。また、最終便の時刻はANAの20時15分となっています。
女満別空港は、JR石北本線の西女満別駅から車で5分ほどの位置にあります。空港連絡バスが北見・網走バスターミナルとの間で運行されているほか、知床・美幌峠方面を結ぶ期間限定観光シャトルバスもあります。

女満別空港ー新千歳空港を利用する人の目的

女満別空港から新千歳空港までの便を利用する人の目的として多いのが、道東観光の帰路に利用することです。北海道内は広いので、道東を中心に観光したい場合には、新千歳空港から乗り換えをして女満別空港に向かうと効率よく観光できます。帰路も女満別空港から新千歳空港の飛行機を利用すれば、新千歳空港からは全国各地に向かう乗換便が充実しています。
道東にある空港のなかでも女満別空港は、網走湖・能取湖をはじめ、北見・知床方面に近い位置にあります。女満別空港からレンタカーを利用すれば、知床まで比較的短時間でアクセスできます。また、季節便の観光シャトルバスを利用して知床に行くのもよいでしょう。シャトルバスだと、女満別空港からウトロ温泉バスターミナルまで約130分で着くので、知床観光におすすめです。
また、レンタカーを利用して阿寒国立公園に向かい、屈斜路湖や摩周湖・阿寒湖方面を観光する人も多くみられます。湖のなかでも摩周湖は透明度の高いカルデラ湖として知られ、晴れた日には湖面が青くきらめき周囲の山々も含めて壮大な景観が広がります。霧がかかる日の多いことでも有名ですが、霞んだ景観も荘厳な趣があり満足できることでしょう。
さらに、レンタカーやJRを利用して北見を観光する人も多いです。北見周辺には「北の大地の水族館」や「ワッカ原生花園」、「北きつね牧場」、「北見ファミリーランド」などの施設が充実しています。温泉も多いので、ファミリーや三世代での観光など、幅広い世代におすすめです。

新千歳空港の特徴

新千歳空港は、国内線の年間乗降客数が全国で2位、国際線は全国7位の北海道内で最大規模の空港です。空港内には土産品を扱う店舗や飲食店が充実しています。土産店では北海道各地のスイーツをはじめ、水産、農畜産品、クラフト、雑貨などが購入でき、飲食店では海鮮・和食のほか、ラーメンやスイーツ、洋食、中華、韓国料理などが味わえます。映画館や温泉、ホテルやミュージアムなどの施設も整っているので、ゆったりと過ごすのにもピッタリです。

※2018年5月調査時点の料金および時間