宮古空港発 (沖縄県) 石垣空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

宮古【MMY】 ➡ 石垣 【ISG】

宮古 石垣 着の最安値(全期間) ¥6,700 【2018年09月01日など】
2018 11
1 ¥13,400 2 ¥13,400 3 ¥6,700
4 ¥13,400 5 ¥11,000 6 ¥13,400 7 ¥13,400 8 ¥11,000 9 ¥13,400 10 ¥13,400
11 ¥6,700 12 ¥13,400 13 ¥6,700 14 ¥6,700 15 ¥13,400 16 ¥11,000 17 ¥6,700
18 ¥6,700 19 ¥6,700 20 ¥10,400 21 ¥6,700 22 ¥6,700 23 ¥6,700 24 ¥6,700
25 ¥6,700 26 ¥6,700 27 ¥6,700 28 ¥6,700 29 ¥6,700 30 ¥6,700
2018 12
1 ¥6,950
2 ¥11,500 3 ¥6,950 4 ¥6,950 5 ¥6,950 6 ¥6,950 7 ¥11,500 8 ¥6,950
9 ¥6,950 10 ¥6,950 11 ¥6,950 12 ¥6,950 13 ¥6,950 14 ¥6,950 15 ¥6,950
16 ¥6,950 17 ¥6,950 18 ¥6,950 19 ¥6,950 20 ¥6,950 21 ¥6,950 22 ¥6,950
23 ¥6,950 24 ¥6,950 25 ¥6,950 26 ¥6,950 27 ¥6,950 28 ¥6,950 29 ¥6,950
30 ¥6,950 31 ¥6,950

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

宮古空港−石垣空港間の移動にかかる時間と費用

宮古空港−石垣空港の路線情報

宮古空港から石垣空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、RAC(琉球エアーコミューター)2本です。17時25分まで運航しています。

宮古空港−石垣空港の所要時間

宮古空港までは市街地から20分程度です。搭乗手続きに1時間、宮古空港から石垣空港間の搭乗時間は約35分なので、約2時間かかります。

宮古空港−石垣空港の移動にかかる費用

宮古空港から石垣空港間の飛行機の航空券の料金はRAC(琉球エアーコミューター)の場合13 400円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

沖縄県の人気グルメ・スポット

沖縄には綺麗な海を楽しめる「古宇利大橋」や「瀬底島」、川として唯一の天然記念物指定を受けている「塩川」や世界遺産に登録されている「首里城」などさまざまな観光スポットがあります。国際通りでは人気のご当地グルメの「沖縄そば」や「ゴーヤチャンプル」、「紅いもタルト」を堪能できます。石垣空港内には、石垣牛専門店である「いしがき屋」で贅沢な石垣牛を味わえます。

沖縄県、石垣空港のお土産

沖縄県のお土産は、「ちんすこう」や「シーサーの置物」、「紅いもタルト」などが有名です。他にも沖縄生まれののバウムクーヘン専門店「FUKUGIYA」や沖縄県内の650以上の塩を取り揃えている「まーすやー」などもおすすめのお店です。石垣空港内のお土産コーナーには、石垣牛を100%使用した「石垣牛生ハンバーグ」や沖縄の黒糖の甘さと塩味がきいたロイズの「黒糖チョコレート」など、数多くの魅力的なお土産を購入できます。

宮古島空港ー石垣島空港への空港情報

宮古島空港ー石垣島空港への空港情報

宮古島空港(宮古空港「MMY」)と石垣島空港(石垣空港「南ぬ島石垣空港」)間の飛行機の運婚本数は、JALが1日2本です。
始発便は11:25発、最終便は17:15発となっています。JAL便は、那覇空港を拠点に沖縄と奄美の離島路線を運航するRACと共同運航するケースもあるので、航空券はJAL便またはRAC便で購入します。RACは琉球エアコミューターの略称で、JALグループの構成企業です。

宮古島空港ー石垣島空港への便

かつては宮古島と石垣島の移動手段は飛行機またはフェリーの二択でした。しかし、現在はフェリーが運航していないので、宮古島から石垣島へ移動する場合は、必ず飛行機を利用することになります。
宮古島と石垣島は、共に沖縄県の離島で、よく知られた人気の観光地です。宮古島の方が沖縄本島から近く、宮古島から石垣島までは、飛行機で35分の距離です。
観光地としてより整備されているのは、石垣島です。石垣島は一流のリゾートホテルから、リーズナブルなホステルまであり、幅広い観光客を獲得しています。観光客向けの施設やシャトルバスなども充実していて、手軽に離島を楽しみたい人にはぴったりのリゾート地です。
それに対して宮古島は、空港からのシャトルバスもなく、観光地化されていない場所も多くあります。その分、自然を満喫したい人にはおすすめのリゾート地です。沖縄本島より、さらに美しい海と砂浜、それを存分に味わえるダイビングやシュノーケリングといったツアーが充実しています。
したがって、宮古島空港と石垣島空港を利用する人は、違った良さを持つ沖縄の離島を楽しみたい人が多く利用する路線だといえるでしょう。東京・大阪・名古屋から石垣島直行便もあるので、一度石垣島を訪れ、そのあとに宮古島空港を訪れるコースも人気です。

宮古島空港ー石垣島空港を利用する人の目的

石垣島空港は、2階建てのターミナルビルを備えた空港です。1階に到着ロビーと手荷物検査場、2階に出発ロビーがあります。1階にはレストランやお土産ショップが軒を連ねています。
沖縄ならではのグルメを扱うお店から、全国展開しているコーヒーショップまで幅広いラインナップとなっています。
空港内は南国の雰囲気満載で、お土産ショップでは琉球ガラスで作られた工芸品やリゾートワンピース、水着なども販売されています。石垣島特産のお酒やお菓子を販売しているお土産店が、特に人気があります。

石垣島空港の特徴

宮古島には電車がありません。よって移動は、レンタカー・バス・タクシーとなります。空港付近には送迎付きのレンタカー営業所があります。宮古島を周遊するバスもありますが、期間限定での運行となっています。空港と市街地を結ぶ、通称「くるりんバス」は10人乗りの小型タクシータイプで試験的な導入です。
自家用車やレンタカー以外の方法で、主要な観光地から宮古島空港までアクセスするには、タクシーが便利でしょう。

宮古島空港へのアクセス

宮古島空港と石垣島空港間はJAL便のみが運航しています。JAL便は、グループ企業である琉球エアコミューターと共同運航するケースもあります。JAL便は午前1本、午後1本、合計2本の運航本数です。ただし、沖縄の離島を結ぶ路線は、運航の見直しが頻繁に行われています。本土からの直行便、那覇空港からの経由便の運航状況によって、宮古島空港と石垣島空港の便にも変更が出るので、事前にしっかりと確認をしましょう。時期によっては、ANA便がお昼前後に1本運航することもあります。

宮古島空港ー石垣島空港への航空会社の運行本数

宮古島空港と石垣島空港間のハイシーズンは、年末年始、GW期間、夏休み期間です。これらの繁忙期の月間利用者数は、約1万人となっています。7月、8月の夏休みシーズンは平日の利用者も多いので、年間を通して最も混雑する時期といえるでしょう。
宮古島空港と石垣島空港間は、時期と年度によって、運航するJAL(RAC)便とANA便が変わるので、利用者数も運行状況によって変動します。

宮古島空港ー石垣島空港への時期による利用者数

現在宮古島空港と石垣島空港を繋ぐ便は、JALとRAC共同運航の2本のみです。多少の差異はありますが、始発便は11:25発、最終便は17:15発となっていて、それぞれの利用者数はほぼ同じです。始発便も比較的ゆっくりとした出発時間となっているので、観光地を巡ったり、海に入ってからでも十分に間に合う時間となっています。最終便は17時発ですが、搭乗時間は30分強です。到着後の手続きを含めても、19時には石垣島のホテルに到着できます。始発便は旅行を終えて岐路に着く人、最終便は石垣島でさらに数日過ごす人が多い傾向にあります。

宮古島空港ー石垣島空港への利用者の多い時間帯

宮古島空港から石垣島空港までは、約110kmです。マイル換算でいくと、約70マイルの距離で、およそ35分で到着できます。
飛行機での移動距離としては、かなり短い路線となっています。
ただし空港では搭乗手続きや降機手続きがあるため、おおよそ2時間程度を見ておくと安心です。
沖縄本島の那覇空港から宮古島までは約300km、石垣空港までは約400kmです。宮古島の方が石垣島よりも、沖縄本島側に位置しています。

※2018年5月調査時点の料金および時間