宮古空港発 (沖縄県) 那覇空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

宮古【MMY】 ➡ 那覇 【OKA】

宮古 那覇 着の最安値(全期間) ¥4,700 【2019年01月29日など】
2018 11
1 ¥9,000 2 ¥21,100 3 ¥9,000
4 ¥9,000 5 ¥10,800 6 ¥9,000 7 ¥9,000 8 ¥9,000 9 ¥20,600 10 ¥9,000
11 ¥18,000 12 ¥9,000 13 ¥9,000 14 ¥9,000 15 ¥9,000 16 ¥22,600 17 ¥9,000
18 ¥7,900 19 ¥7,900 20 ¥7,800 21 ¥7,800 22 ¥19,600 23 ¥8,300 24 ¥8,000
25 ¥8,900 26 ¥7,900 27 ¥7,800 28 ¥7,800 29 ¥7,800 30 ¥8,300
2018 12
1 ¥8,900
2 ¥8,900 3 ¥8,900 4 ¥8,700 5 ¥8,700 6 ¥7,900 7 ¥8,200 8 ¥8,200
9 ¥8,200 10 ¥8,200 11 ¥7,900 12 ¥7,900 13 ¥7,100 14 ¥7,300 15 ¥7,400
16 ¥7,400 17 ¥7,400 18 ¥7,100 19 ¥7,100 20 ¥7,100 21 ¥7,300 22 ¥8,200
23 ¥8,200 24 ¥8,000 25 ¥8,000 26 ¥7,800 27 ¥7,800 28 ¥7,800 29 ¥8,000
30 ¥7,100 31 ¥7,300

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

宮古空港−那覇空港の移動にかかる費用と時間

宮古空港−那覇空港の路線情報

宮古空港から那覇空港間で運航する航空会社は2社です。1日の運航本数はJAL(日本航空)9本、ANA(全日空)5本です。19:50が最終便です。

宮古空港−那覇空港の所要時間

宮古島中心市街地から車で約10分です。搭乗手続き時間は1時間、宮古空港から那覇空港間の搭乗時間は約50分なので、約1時間50分かかります。

宮古空港−那覇空港の移動にかかる費用

宮古空港から那覇空港間の飛行機の航空券の料金はJAL(日本航空)の場合4 600円、ANA(全日空)の場合4 600円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

沖縄県の人気グルメ・スポット

沖縄県には世界遺産に登録されている赤い建物が特徴の首里城、国内最大の水槽・黒潮の海がある「美ら海水族館」やインスタ映えスポットの「ハートロック」、お土産屋さんや飲食店が並ぶ国際通りなど数多くの観光スポットがあります。人気のグルメは沖縄伝統の揚げドーナツのサーターアンダギーやおなじみの沖縄そばはもちろん、ソウルフードのタコライスなど地元民に愛されているグルメも楽しむことができます。那覇空港内には琉球料理をリーズナブルに食べられる空港食堂があり出発直前まで楽しむことができます。

沖縄県、那覇空港のお土産

沖縄の定番のお土産はインテリアとしても使える魔除けのシーサーやサクサクの食感がたまらない琉球伝統菓子のちんすこう、沖縄県産紅芋を100%使用したしっとり食感の紅芋タルトなどです。那覇空港限定のお土産は、紅芋クリームとレアケーキの2層仕立てで滑らかな舌触りのフェスティバロの「紅芋レアケーキshuri」がおすすめです。

宮古島から那覇空港への空港情報

宮古空港ー那覇空港への便

宮古島空港から那覇空港までの路線はANA、またはJALグループの一部であるJTAやRACの3社が就航しています。ANAの宮古島から那覇への始発便は午前11時出発、午後0時到着予定の便です。ANAの宮古島発、那覇行きの最終便は午後6時20分発、午後7時10分到着予定の便となっています。一方、JTAおよびRACの宮古島から那覇への始発便は、午前8時55分発、午前9時45分到着予定のJTAの飛行機です。最終便については、午後7時40分発、午後8時30分到着予定のRACの便となっています。

宮古空港ー那覇空港を利用する人の目的

宮古島空港から那覇空港への路線を利用する人の多くは、観光目的の人です。宮古島には白い砂浜にコバルトブルーのきれいな海があり、毎年多くの観光客が訪れています。しかし、沖縄本島から宮古島への移動手段は基本的に空路しかありません。宮古島空港からは那覇空港以外にも、大阪や名古屋、東京といった主要都市に向けて飛行機の路線が就航しています。そのため、宮古島の観光のみを目的とする人は直行便で往復する人も多い傾向です。
しかし、せっかく沖縄方面に来たのだから、宮古島だけでなく沖縄本島も観光したいという人は宮古島空港から那覇空港への飛行機を利用します。
また、那覇空港には北海道から九州地方まで全国各地の空港からの直行便が乗り入れています。大阪や名古屋、東京といった大都市以外の人でそれらの空港へのアクセスが良くない人にとっては、観光もかねて沖縄本島にある那覇空港を経由したほうが便利なケースもあるのです。宮古島空港から那覇空港への路線を利用する方は観光を目的としている人が多いので、利用客数のピークが訪れるのは基本的に7〜9月の夏休みシーズンです。宮古島は7月になると本州よりもいち早く梅雨が明けて、晴れる日が多くなります。また、平均最高気温も1年を通して一番暑い時期にはなりますが、そのぶんマリンスポーツを中心とした観光を目的にする訪問者数も増えます。7〜9月に宮古島空港から那覇空港への路線を利用するときは、特に早めの予約を心がけましょう。

那覇空港の特徴

那覇空港には、「ゆいレール」と呼ばれるモノレールが乗り入れています。ゆいレールは那覇空港から沖縄県の中心地である県庁前駅を通り、観光名所として有名な首里城のある首里駅までおよそ30分で行くことが可能です。那覇の市街地は渋滞が発生することがあり、タクシーやバスでの移動はなかなか予定通りにいかないことがあります。手荷物の量にもよりますが、モノレールで移動すると渋滞に悩まされることなく、スムーズな移動ができるでしょう。

※2018年5月調査時点の料金および時間