中部国際空港発 (愛知県) 松山空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

中部国際【NGO】 ➡ 松山 【MYJ】

中部国際 松山 着の最安値(全期間) ¥11,010 【2019年01月27日など】
2018 11
1 ¥12,860 2 ¥25,410 3 ¥12,860
4 ¥12,860 5 ¥12,860 6 ¥12,860 7 ¥12,860 8 ¥25,410 9 ¥25,410 10 ¥25,410
11 ¥25,410 12 ¥12,860 13 ¥12,860 14 ¥12,860 15 ¥12,860 16 ¥23,710 17 ¥20,010
18 ¥20,010 19 ¥12,860 20 ¥12,860 21 ¥12,860 22 ¥12,860 23 ¥12,860 24 ¥12,860
25 ¥12,860 26 ¥12,860 27 ¥12,860 28 ¥12,860 29 ¥12,860 30 ¥12,860
2018 12
1 ¥13,510
2 ¥13,510 3 ¥13,510 4 ¥13,510 5 ¥13,510 6 ¥13,510 7 ¥13,510 8 ¥13,510
9 ¥13,510 10 ¥13,510 11 ¥13,510 12 ¥13,510 13 ¥13,510 14 ¥13,510 15 ¥13,510
16 ¥13,510 17 ¥13,510 18 ¥13,510 19 ¥13,510 20 ¥13,510 21 ¥13,510 22 ¥13,510
23 ¥13,510 24 ¥13,510 25 ¥13,510 26 ¥13,510 27 ¥14,310 28 ¥21,510 29 ¥25,810
30 ¥21,510 31 ¥21,510

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

中部国際空港−松山空港間の移動にかかる時間と費用

中部国際空港−松山空港間の路線情報

中部国際空港から松山空港間の移動で利用できる航空会社は1社です。1日に運行する本数は、ANAの4本です。始発便の出発時刻は8時10分、最終便の出発時刻は18時50分です。

中部国際空港−松山空港間の所要時間

名古屋駅から中部国際空港までは電車を使えば、30分で移動できます。搭乗手続きにかかる約40分、1時間5分のフライト時間と合わせて、名古屋駅から松山空港までは2時間15分かかります。名古屋駅から松山駅まで列車を利用する場合、4時間30分程度かかります。飛行機を利用すれば列車よりも2時間15分程度も短時間で移動できます。

中部国際空港−松山空港間の移動にかかる費用

中部国際空港から松山空港への航空券の料金は、普通運賃は、26 610円です。早期購入割引28日前の料金は13 810円です。ANAでもっともお得な早期購入割引75日前の料金はANAの場合、6 650円です。列車の場合、14 830円です。ANAの早期購入割引75日前を利用すれば、列車よりも3 500円程度お得になります。飛行機を利用する場合は、早期購入割引28日前と75日前では、2 500円程度の差があるので、出張や帰省のスケジュールがある程度わかっている場合はできる限り75日以上前から航空券を予約するとお得です。

愛媛県の人気スポット・グルメ

愛媛には、天守閣から東側からは法皇山脈、西北には瀬戸内の島々の景色が広がる「川之江城」、四季によって趣の異なる姿を見せる「翠波高原」、さまざまな海の生き物を見られる「虹の森公園四万十川学習センターおさかな館」などのスポットがあります。グルメは、魚のすり身を油で揚げた「ガンス」、真珠貝の貝柱を卵でとじた「真珠丼」などを味わえます。

愛媛県、松山空港のお土産

愛媛のお土産では、カルシウムの豊富な「いりこせんべい」、梅酒がきいたお菓子の「青梅ケーキ」などのお土産が人気です。また、松山空港では愛媛県内の柑橘や柑橘を使ったお土産を購入できます。

中部国際空港から松山空港への空港情報

中部国際空港ー松山空港への便

中部国際空港から松山空港までの始発便は、ANA(全日空)の便で8時20分発です。松山空港には9時25分に到着予定となっています。最終便もANA(全日空)が運航していて、中部国際空港を18時55分発、松山空港には20時ちょうどに到着予定です。中部国際空港と松山空港を結ぶ便は1日に3本で、いずれもANA(全日空)が就航しています。

中部国際空港ー松山空港を利用する人の目的

中部国際空港−松山空港間は、名古屋市近郊から松山市及び愛媛県にビジネスや観光で利用する人が多い路線です。ビジネスで利用する場合は始発便での利用が多く、最終便は、観光やビジネスで松山空港から名古屋市近郊を訪れた人の帰路としても利用されています。
松山市内からの交通アクセスが良い松山空港は、四国で最も利用者数の多い空港です。空港からは路線バスやタクシーなどで市内に出ることで、ビジネスにも観光にも便利に利用することができます。ビジネスで利用する際には、松山市の中心部へのアクセスの良さは大きな利点です。名古屋市近郊と松山市内を短時間で移動できることにより、双方の交流も活発に行うことができます。また、松山市やその近郊には、道後温泉を中心とした温泉街や松山城など、観光名所も多く存在します。特に、日本で最も古い温泉として知られる道後温泉は、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台としても人気があり、全国的に知られた観光スポットです。名古屋市の近郊からも旅行目的で松山市に訪れる人が多く、その場合には鉄道や自動車での移動は時間がかかることから、航空機での移動も選択肢に入れられます。
観光目的で多く利用されるこの路線は、ゴールデンウィークをはじめとした観光シーズンはお客様が増加する傾向が見られます。特に観光シーズンにビジネスの目的で利用する場合には、早目に予約をしておいた方が良いでしょう。

松山空港の特徴

松山空港は四国最大の規模を持ち、その空港内は常ににぎわいを見せています。国内の主要空港ほどの規模はないものの、飲食店やショッピングゾーンも充実しています。2階のグルメゾーン・ショッピングゾーンでの食事やお土産の購入、3階の送迎デッキでの展望など、空港内でも快適に過ごすことが可能です。3階の展望ロビーでは、フェンスの一部を切り抜いて飛行機の離発着を間近に見ることができ、カメラマンや見学者から人気を集めています。また、1階にある「憩いの広場」には、お遍路さんをおもてなしするための「休憩コーナー」や「着替えコーナー」が用意されており、この地域ならではの特色といえます。

※2017年6月調査時点の料金および時間