格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

予約確認

長崎発 ⇒ 羽田着格安航空券

国内航空券

搭乗日をクリックしてください。

2018/9
1 ¥22,090~
2 ¥37,790~ 3 ¥22,090~ 4 ¥22,090~ 5 ¥22,090~ 6 ¥22,090~ 7 ¥22,090~ 8 ¥22,090~
9 ¥22,090~ 10 ¥22,090~ 11 ¥22,090~ 12 ¥22,090~ 13 ¥22,090~ 14 ¥22,090~ 15 ¥22,090~
16 ¥22,090~ 17 ¥37,790~ 18 ¥22,090~ 19 ¥22,090~ 20 ¥22,090~ 21 ¥22,090~ 22 ¥22,090~
23 ¥22,090~ 24 ¥22,090~ 25 ¥22,090~ 26 ¥22,090~ 27 ¥20,990~ 28 ¥21,390~ 29 ¥19,990~
30 ¥21,790~

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。

※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

長崎空港−羽田空港間の移動にかかる時間と費用

長崎空港−羽田空港間の路線情報

長崎空港から羽田空港間の移動で利用できる航空会社は3社です。1日に運行する本数は、JALの便が片道6本、ANAとソラシドエア(Solaseed Air)のコードシェア便が片道4本、ANA単体の便が片道1日4本です。始発の出発時刻はJALの7時45分、最終便の出発時刻はANAとソラシドエアのコードシェア便の21時15分 です。

長崎空港−羽田空港間の所要時間

長崎駅から長崎空港まではバスを利用すれば、45分で移動できます。搭乗手続きにかかる約30分、1時間40分のフライト時間と合わせて、長崎駅から長崎空港まで約2時間45分かかります。新幹線を利用した場合、長崎駅−東京駅間の移動に7時間程度かかります。飛行機を利用すれば、約4時間程度新幹線よりも早く長崎−東京間を移動できます。

長崎空港−羽田空港間の移動にかかる費用

長崎空港から羽田空港への航空券の料金は、普通運賃の場合JAL・ANAでは43 890円、ソラシドエアでは37 790円です。早期購入割引28日前の料金はJALの場合13 590円、ANAの場合15 090円、ソラシドエアの場合12 590円です。長崎駅 から東京駅間を新幹線で移動した場合、自由席の料金では25 300円かかります。長崎−東京間では、飛行機の早期購入割引を利用すれば、新幹線よりも10 000円程度お得です。

東京都の人気スポット・グルメ

東京都には展望台を有する高さ333mの電波塔の「東京タワー」、自然と科学技術に関する貴重なコレクションを展示している「国立科学博物館」、レインボーブリッジの美しい夜景を眺められる「お台場海浜公園」などの観光スポットがあります。おすすめのグルメは、浅い鍋にドジョウを並べて割り下で煮た「ドジョウ鍋」などが人気です。

東京都、羽田空港のお土産

東京都では、東京駅舎のレンガをモチーフに作られた「東京レンガぱん」、バナナ味のクリームを使用したお菓子の「東京ばな奈」などが人気です。また、羽田空港では、タイムズクロスの「焼きチーズケーキ・ラスク」、東京カラメリゼの「東京カラメリゼ シューケット」などのお土産を購入できます。

長崎空港から羽田空港への空港情報

長崎空港ー羽田空港への便

長崎空港から羽田空港への便は、1日に17本あります。始発便は日本航空とハワイアン航空の共同運航です。便はJAL606便とHAL5300便、機種はB737、出航時刻は午前7時40分です。東京の羽田空港へは9時25分に到着します。また、同じく7時40分にはスカイマークの440便があります。機種はB737です。スカイマーク便は神戸を経由しての運航になるため、羽田空港に到着するのは10時25分です。急ぎの用事があるという方は注意が必要です。
最終便はソラシドエアと全日空の共同運航です。便はSNA42便とANA3742便、機種はB737になります。出航時刻は21時05分で、22時45分に羽田空港へ到着します。

長崎空港ー羽田空港を利用する人の目的

長崎空港から羽田空港への路線を利用する方に多い目的としてまず挙げられるのは、出張などのビジネス利用です。長崎空港から羽田空港間は1日に17本の便があり、フライト時間も直行であれば2時間足らずです。そのため、始発で東京に向かい、終発で長崎に帰ってくる、といった日帰り出張での利用客も多く見られます。
また、羽田空港からは都心の主要駅へのアクセスがとてもよいため、長崎から東京への観光に空路を利用する方も多いのが特徴です。羽田空港の国内線ターミナルには京浜急行や東京モノレールの乗り場があり、浅草へは43分、東京駅へは30分で行くことができます。また、東京ディズニーランドや横浜といった東京都近郊のスポットへもアクセスしやすいです。そのほか、路線バスに乗れば新宿や渋谷、お台場へも1時間以内で到着できます。
一方、長崎は古くから貿易の拠点となっていた歴史があることから、さまざまな西洋建築などのみどころがあることで知られています。また、日本の文化と中国やオランダなどの文化が混じり合った独特の雰囲気のある地としても有名です。そのため、長崎空港から羽田空港への便の利用客の中には、関東地方から長崎へ訪れた観光客も多く見られます。長崎空港へは長崎県内の各スポットから容易にアクセスすることができますし、新幹線を利用するよりも早く東京に帰ることができるからです。
ビジネスや観光といった目的以外では、羽田空港に到着後、国際線へと乗り換える方も多くいます。羽田空港は世界で4番目に利用客が多い日本最大の空港です。そうしたことから、日本から海外へ出国する際の窓口であるハブ空港としての機能も有しており、毎日数多くの便が海外の主要空港へと出航しています。

羽田空港の特徴

羽田空港はイギリスの航空サービスリサーチ会社であるSKYTRAX社が実施した2018年国際空港評価の部門賞2部門で世界第1位を受賞するなど、快適に過ごせる空港として知られています。空港内は清潔に保たれており、搭乗口までの移動もしやすいです。
また、空港内にはさまざまなグルメスポットがあります。中でも人気なのは第1旅客ターミナルにある「赤坂うまやうちのたまご直売所」です。たまごかけご飯とたまご丼の専門店であるこのお店では、新鮮な高級褐色卵を使用したこだわりの卵料理を堪能できます。店内はカウンター席のみとなっており、一人でも気軽に入店できる雰囲気です。そのため、家族連れはもちろんのこと、ビジネスマンも多く訪れています。

長崎空港へのアクセス

長崎県内から長崎空港へは、さまざまな手段で行くことができます。空港リムジンバスはハウステンボス・佐世保方面のほか島原市内、諫早市内、昭和町・住吉経由と道の尾・住吉経由、出島道路経由の5便があります。ハウステンボスから長崎空港までは約89分、島原市内から長崎空港までは約112分です。また、佐世保駅からは直行便の乗り合いジャンボタクシーが運行しており、所要時間はおよそ55分です。
陸路だけでなく、海路で長崎空港に行くこともできます。長崎空港行きの船はハウステンボスからと時津からの2便があり、ハウステンボスから長崎空港までは50分、時津から長崎空港までは25分の距離です。
そのほか、福岡や佐賀といった県外からもバスが出ています。

長崎空港ー羽田空港への航空会社の運行本数

長崎空港から羽田空港へは、さまざまな航空会社の便が出ています。最も本数が多いのは全日空で、8時30分の便から終発となる21時05分の便まで合計8本です。また、日本航空は始発の7時40分の便に始まり、20時20分の便まで1日に6本が運行されています。そのほか、スカイマーク便は1日に3本あります。ソラシドエアは全日空との共同運航で、1日に4本出ています。日本航空便も他の航空会社との共同運航があります。たとえば、7時40分の便と12時35分の便はハワイアン航空との共同運航、10時15分の便はハワイアン航空とエールフランス航空、14時55分の便はハワイアン航空とカタール航空との共同運航です。そのほか、17時00分発の日本航空便はハワイアン航空、カタール航空、エールフランス航空との共同運航、20時20分発の日本航空便はハワイアン航空、カタール航空、ブリティッシュ・エアウェイズとの共同運航になります。

長崎空港ー羽田空港への時期による利用者数

長崎空港と羽田空港との間の路線は、都心と地方都市を結ぶ人気路線であることから一年を通じて利用客が多いのが特徴です。ビジネス客や観光客だけでなく帰省客の数も多いので、とりわけ年末年始やお盆、春休みといった長期休暇の時期は混雑することが予想されます。そういった次期に利用する方は、早めに航空券を予約するなどの対策を取っておいた方がよいでしょう。
そのほかの混雑が予想される時期としては、中華街で「中秋節」が行われる9月末から10月の始めが挙げられます。日本における「お月見」にあたるこのイベントは中国の三大節句のひとつともいわれています。毎年日本各地や中国から多くの観光客がつめかけるイベントです。また、オランダの街並みをイメージしたハウステンボスでは、毎年チューリップが見ごろになる2月中旬から春にかけて「花の王国チューリップ祭り」が開催されます。国内最多である650品種のチューリップを楽しむことができるこのイベントも人気ですので、利用客が増えるでしょう。

長崎空港ー羽田空港への利用者の多い時間帯

長崎空港から羽田空港への路線は朝7時40分発の2本から最終便となる21時05分の便まで、およそ1時間に1本程度のペースです。そのため、1日の間に特に混雑するような時間帯があるというよりは、さまざまな時間に適度に利用客が分散しているといえます。ただし、10時台、12時台、14時台、17時台には30分程度の間隔で1時間に2本の便が出航するため、出発ロビーにいる方の数が多くなることが予想されます。空港内での混雑をできるだけ避けたいという方は、そうした時間帯ではない便の予約をする方が無難です。たとえば、9時30分発の便や17時00分発の便のように前の便との間隔が1時間程度開いている便であれば、比較的のんびりと空港内で過ごすことができます。あるいは、7時40分発の始発便や21時05分発の最終便を利用するとよいでしょう。

長崎空港ー羽田空港への距離

長崎空港から羽田空港までの移動距離は981.0kmです。この距離は長崎空港発の国内線では最も長い距離になります。フライト時間は1時間45分です。同じくフライト時間が1時間45分である上海空港までの距離とほとんど同じ長さだといえるでしょう。ただし、スカイマーク便を利用した場合は神戸空港を経由することになるため、フライト時間は2時間45分になるので注意が必要です。

※2017年1月調査時点の料金および時間