小牧空港発 (愛知県) 新潟空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

小牧【NKM】 ➡ 新潟 【KIJ】

小牧 新潟 着の最安値(全期間) ¥9,000 【2019年01月31日など】
2018 11
1 ¥14,300 2 ¥27,800 3 ¥28,600
4 ¥28,600 5 ¥27,800 6 ¥27,800 7 ¥14,300 8 ¥27,800 9 ¥27,800 10 ¥27,800
11 ¥27,800 12 ¥14,300 13 ¥14,300 14 ¥14,300 15 ¥14,300 16 ¥14,300 17 ¥27,800
18 ¥14,300 19 ¥21,200 20 ¥18,000 21 ¥14,300 22 ¥14,300 23 ¥18,000 24 ¥14,300
25 ¥21,000 26 ¥16,000 27 ¥14,300 28 ¥16,000 29 ¥14,300 30 ¥16,000
2018 12
1 ¥15,550
2 ¥15,550 3 ¥15,550 4 ¥15,550 5 ¥15,550 6 ¥15,550 7 ¥16,000 8 ¥15,550
9 ¥15,550 10 ¥15,550 11 ¥15,550 12 ¥15,700 13 ¥15,200 14 ¥15,550 15 ¥15,300
16 ¥13,400 17 ¥14,800 18 ¥14,800 19 ¥14,800 20 ¥14,700 21 ¥15,200 22 ¥15,300
23 ¥15,300 24 ¥15,200 25 ¥15,200 26 ¥15,200 27 ¥15,200 28 ¥15,550 29 ¥19,100
30 ¥19,100 31 ¥19,500

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

小牧空港−新潟空港間の移動にかかる時間と費用

小牧空港−新潟空港間の路線情報

小牧空港から新潟空港まではFDA(フジドリームエアラインズ)が往復1日1便運航しています。

小牧空港−新潟空港間の所要時間

小牧空港は名古屋駅や栄からバスで20分程度です。小牧空港から新潟空港までのフライト時間はおよそ50分です。

小牧空港−新潟空港間の移動にかかる費用

普通運賃は28000円ですが、早期購入割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

新潟県の人気グルメ・スポット

新潟県といえばお米や日本酒が有名です。江戸時代から数百年も続く酒蔵もあり、見学イベントも頻繁に行われています。また、夏には日本でも有数のロックフェスティバルである「フジロック・フェスティバル」が開催されたり、冬にはスキーやスノボといったウィンタースポーツが楽しめるので、年間を通して観光を楽しめます。

新潟県、新潟空港のお土産

米どころ新潟県定番のお土産には、新潟県産もち米を100%使用した浪花屋の「柿の種」、新潟県特産の餡の入ったヨモギ団子をササの葉でくるんで蒸した「草団子」などがあります。新潟空港ではこれら定番のお土産に加え、魚沼産のコシヒカリが300gパック432円のお手頃価格で国内線出発ロビーの売店で購入できたりと、新潟の味を思う存分持ち帰ることができます。

小牧空港から新潟空港への空港情報

小牧空港ー新潟空港への便

小牧空港から新潟空港までを結ぶ便は、1日に1本の就航です。11時に小牧空港発で、新潟空港には11時50分到着予定です。JAL(日本航空)とフジドリームエアラインズ(FDA)が、コードシェア便として運航しています。

小牧空港ー新潟空港を利用する人の目的

小牧空港から新潟空港を結ぶ便は、観光目的での利用が多く見られます。新潟県は越後湯沢温泉や月岡温泉、弥彦温泉などの温泉地が多くあるほか、今昔物語集に登場して歴史的建造物も多く残る佐渡島があります。そして、冬場には湯沢や苗場・赤倉などのスキーリゾートも豊富にあることから、観光地としての魅力が多い地域です。
新潟空港からは、直行のリムジンバスで新潟駅まで約25分です。運賃は大人410円で、約20分〜30分間隔で運行をしているため、長時間待つ心配がありません。そのため、スキー場や温泉などの観光地にも便利に利用できます。また、佐渡島に行く際にもミニライナー直行便で佐渡汽船ターミナルまで約25分・大人600円で行くことができます。定員9名と少ないですが、予約も可能なため、あらかじめ予約をしておくと安心でしょう。温泉地に向かう場合には、月岡温泉や瀬波温泉などにも直行ライナーや周遊ライナーがあり、観光で訪れた際に交通面で苦労する心配はありません。観光として四季を通じて見どころがありますが、スキーを目的に利用する人が増える冬場には特に混雑が見られます。また、観光目的以外では、名古屋方面に出張などのビジネスに訪れた帰路としても利用されます。

新潟空港の特徴

新潟空港は、1階にチェックイン・到着ロビー、2階には出発ロビー、3階にレストランがあり、4階に展望デッキがあります。1階と2階には売店もあり、銘菓や米菓・海産物などの新潟土産も各種販売されています。それぞれ販売する商品に特色があるので、時間があれば両方の売店を見て回っても楽しめるでしょう。また、3階のレストランでは新潟の名物を味わうことができます。そのほか、空港内には喫茶や軽食もあり、待ち時間などに利用する人も多く見られます。そして、4階にあるのが「見学・送迎デッキ」です。発着する旅客機だけでなく、作業車両も間近に見ることができるため、見送りなどの目的だけでなく、見物目的の家族連れの方々も多い人気スポットです。送迎デッキは大人100円で入場することができます。
新潟空港には「新潟空港ファンクラブ」があり、入会すると割引やプレゼント企画などの特典があります。無料で加入できる上に会費も無料なので、新潟空港を頻繁に利用する場合には魅力のある制度です。

※2018年5月調査時点の料金および時間