成田空港発 (千葉県) 新千歳空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

成田【NRT】 ➡ 新千歳 【CTS】

成田 新千歳 着の最安値(全期間) ¥5,030 【2018年11月28日など】
2018 11
1 ¥18,810 2 ¥18,810 3 ¥18,810
4 ¥18,810 5 ¥28,460 6 ¥18,810 7 ¥18,810 8 ¥18,810 9 ¥19,460 10 ¥18,810
11 ¥18,810 12 ¥18,810 13 ¥18,810 14 ¥18,810 15 ¥18,810 16 ¥36,910 17 ¥18,810
18 ¥18,810 19 ¥18,810 20 ¥18,810 21 ¥5,530 22 ¥12,230 23 ¥15,230 24 ¥6,220
25 ¥5,920 26 ¥6,900 27 ¥5,530 28 ¥5,030 29 ¥5,530 30 ¥6,220
2018 12
1 ¥5,530
2 ¥5,530 3 ¥5,530 4 ¥5,530 5 ¥5,030 6 ¥5,530 7 ¥5,030 8 ¥5,530
9 ¥5,030 10 ¥5,530 11 ¥5,030 12 ¥5,030 13 ¥5,530 14 ¥5,030 15 ¥5,530
16 ¥5,530 17 ¥5,530 18 ¥5,030 19 ¥5,030 20 ¥5,030 21 ¥6,900 22 ¥9,540
23 ¥8,730 24 ¥8,020 25 ¥8,020 26 ¥10,650 27 ¥12,860 28 ¥18,270 29 ¥27,630
30 ¥22,630 31 ¥15,630

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

成田空港−新千歳空港間の移動にかかる時間と費用

成田空港−新千歳空港の路線情報

成田空港から新千歳空港間で運行する航空会社は4社です。1日の運行本数は、JALは1本、ANAは2本、ジェットスター(Jetstar)は7本、バニラ・エア(Vanilla Air)は6本、ピーチ・アビエーション(PeachAviation)が1本です。最初の便は6時05分発、最終便が20時20分発です。

成田空港−新千歳空港の所要時間

東京駅から成田空港までは、高速バスで約1時間、搭乗手続きに1時間、搭乗時間が約1時間40分かかるので、成田から新千歳までは合わせて3時間40分程度です。新幹線で札幌駅へ向かう場合、以前は在来線や特急列車を使う必要がありましたが、北海道新幹線が開業した場合でも8時間程度かかり、飛行機が約5時間程度早いです。

成田空港−新千歳空港の移動にかかる費用

成田空港から新千歳間の航空券の料金は、JAL、ANAの場合37 940円、ジェットスター(Jetstar)の場合6 190円、バニラ・エア(Vanilla Air)の場合4 800円、ピーチ・アビエーション(Peach Aviation)の場合4 790円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。開業予定の北海道新幹線・特急列車で札幌まで行く場合、26 820円です。飛行機で移動した場合新幹線の移動に比べ、早期購入割引やLCCを活用すれば、お得に移動できます。

北海道の人気グルメ・スポット

札幌には、夏には大規模なビアガーデン、冬には雪まつりが開催される大通公園や、札幌の夜景を眺められるJRタワー展望室T38などがあります。また、札幌にはジューシーなラム肉が美味しいジンギスカン、濃厚な味噌の香りが魅力的な味噌ラーメンなど数多くの人気グルメ・スポットがあります。

北海道、新千歳空港のお土産

札幌で買えるお土産に六花亭の「マルセイバターサンド」があります。北海道産生乳100%のバターを使ったビスケットサンドのしっとりとした味わいが魅力です。また、ポテトチップスにチョコレートをかけた「ポテトチップチョコレート」もあります。お土産で何を買おうか迷っている場合購入を検討してみてはいかがでしょうか。その他、とろけるような、食感が楽しめるルタオの「ドゥーブルフロマージュ」や滑らかな口どけとタルト生地のサクサクした食感が同時に楽しめる「ふらの雪どけチーズケーキ」なども空港内のお店で買うことができます。

成田空港から新千歳空港への路線情報

成田空港ー新千歳空港への便

成田空港から新千歳空港への直行便は搭乗する時期や曜日によって運行本数や時刻などが変動することがありますが、基本的には以下のとおりです。
・始発便はジェットスター・ジャパンのGK103 便で、7時5分に出発し、8時45分に到着
・最終便はバニラ・エアのJW929 便で、20時15分に出発し、22時5分に到着
年末年始や夏休みシーズンにはこれよりも早い時間や遅い時間に増便される場合があります。住いの地域によっては始発便に間に合わないことがあるかもしれません。その場合は、前日に成田空港近くに宿をとるのもひとつの方法です。最終便は20時以降までありますので、仕事帰りにそのまま飛行機に乗って旅行することも可能でしょう。

成田空港ー新千歳空港を利用する人の目的

北海道最大の空港である新千歳空港は国際空港でもあるので、観光目的で来道する国内外の旅行者はもちろん、商用目的で利用するビジネスパーソンも多いのが特徴です。北海道エリアは修学旅行地としても人気が高いので、成田空港〜新千歳空港路線は関東エリアの修学旅行生による団体客にもよく利用されます。また同じ道内の国際空港である函館空港と比べて北海道の中心地にあること、各地からのアクセスもよく国際線の本数も多いこと、LCCも多く参入していることから、まさに北海道の玄関口と呼ぶにふさわしい空港です。
普段は観光やビジネス目的の人が多いですが、お盆や年末年始は帰省目的の北海道出身者が多くなります。関東方面から道内の他空港への乗り継ぎ客のほか、外国人観光客の利用も増えています。特に冬場はニセコやトマムなどの国際スキー場があり、海外からのスキー客の需要が高いのも一因です。
また、成田空港〜新千歳空港路線はLCCが多く乗り入れているため、交通費を節約したいと考える若い世代にも人気となっています。

新千歳空港の特徴

空港に着いたらすぐに出発してしまうのはもったいないくらい施設が充実しているのが、新千歳空港の魅力といえるでしょう。
まず、お土産店や飲食店がとても充実しています。免税店を除けば、お土産店や飲食店は50軒程度あり、北海道各地の名産品やスイーツを楽しむことができます。また新千歳空港でしか買えないお土産もたくさんあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。
つぎに、朝から晩まで過ごせるくらい空港内にエンターテインメント施設がそろっています。天然温泉やエアポートシネマ、さらにはドラえもんやハローキティの施設や北海道が誇る有名チョコレート店・ロイズのミュージアムショップもあります。ビジネスパーソンから学生の旅行グループ、家族連れまで幅広く楽しめる空港となっています。
また、ホテルも併設されているので、遅い時間の到着の場合は天然温泉に入ってからホテルで1泊、翌日から観光や仕事に出かけるのもよいでしょう。食の名店が集まるグルメスポットやミュージアムなどのエンタメスポットなどは、早めに空港に寄って時間つぶしをするのにもうってつけです。
空港から各地のアクセスも充実しています。空港の地下にはJR新千歳空港駅、地上には高速バスのターミナルやタクシー乗り場があります。JRでは札幌駅まで快速エアポートで1本、およそ37分で行くことができます。高速バスでは札幌市内はもちろん、北海道の有名な温泉である定山渓温泉や登別温泉、室蘭や帯広などの主要都市へ向かうこともできます。冬季はニセコやトマムなど主要なスキーリゾート地へ向かうバスも運行されています。

新千歳空港へのアクセス

成田空港へは成田スカイアクセス線、京成本線、JR線の3路線が乗り入れています。主要駅から成田空港へのアクセスは電車で向かう方法と高速バスを使う方法の2通りがあります。
電車の場合は、新宿・渋谷・池袋・上野・日暮里・東京・品川からだと乗り換えなしで空港まで行くことができます。また、高速バスは上記のターミナル駅以外の駅も通るように運行されており、観光客やビジネスパーソンの多様な需要にも対応しています。ターミナル駅から遠い場所に住む人は最寄りの高速バス停車駅を利用するとよいでしょう。
成田空港からLCC路線に乗る場合は、出発ターミナルが空港駅から距離があるので時間に余裕を持って行動することが大切です。目安として、成田空港に到着して出発ターミナルまでの移動に30分、ターミナルに到着してから搭乗手続き完了までに60分と考えておきましょう。

成田空港ー新千歳空港への航空会社の運行本数

成田空港〜新千歳空港路線を就航している航空会社は、バニラ・エア、ジェットスター・ジャパン、ANA、JALの4社です。バニラ・エアとジェットスター・ジャパンはLCC(ローコストキャリア)で、他の2社はFSC(フルサービスキャリア)です。毎日運航している本数を合計すると、1日20便となります。
・バニラ・エアのJW便は1日9便
・ジェットスター・ジャパンのGK便は1日8便
・ANAのNH便は1日2便
・JALのJL便は1日1便
年末年始や夏休みシーズンなどの繁忙期は利用客が増えるので、これよりさらに本数が増える場合があります。

成田空港ー新千歳空港への時期による利用者数

もっとも利用者数の多い混雑する時期はハイシーズン(最盛期)と呼ばれ、夏休み期間と年末年始が一般的です。特にお盆と学生の夏休みが重なる8月は、空港内や機内も混雑します。空港に向かう交通機関も混雑する可能性が高くなるので、時間に余裕を持って空港に到着するようにしましょう。
ハイシーズンの反対であるローシーズン(閑散期)の場合、航空券の値段にも数千円の差が出ることがあります。また、休日と平日、さらに金曜日とそれ以外の平日とでも金額が大きく変わります。少しでも安く航空券を手に入れたいという人は、ローシーズンの金曜日以外の平日を狙ってみるといいでしょう。

成田空港ー新千歳空港への利用者の多い時間帯

基本的に曜日を問わず、午前中に出発する便と最終便近くの便は利用者が多くなります。特に観光目的の場合、少しでも滞在時間を長くするために早い便で行きたい人が多いからでしょう。一方でビジネス目的の場合は、出発日が平日なら仕事帰りに空港へ向かい、そこで1泊する前乗りのパターンが人気となっており、遅い時間の利用が増えます。

成田空港ー新千歳空港への距離

成田空港から新千歳空港までの移動距離はおよそ892kmです。フライト時間の平均は1時間50分ほどになります。ちなみに、東京から新幹線と特急列車を乗り継いで札幌へ行く場合、所要時間はおよそ9時間かかります。

※2016年4月調査時点の料金および時間