成田空港発 (千葉県) 宮崎空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

成田【NRT】 ➡ 宮崎 【KMI】

成田 宮崎 着の最安値(全期間) ¥6,520 【2018年11月24日など】
2018 11
1 ¥9,820 2 ¥10,720 3 ¥11,820
4 ¥8,520 5 ¥11,820 6 ¥9,120 7 ¥8,520 8 ¥8,020 9 ¥10,720 10 ¥11,820
11 ¥8,520 12 ¥14,120 13 ¥11,820 14 ¥8,020 15 ¥8,020 16 ¥9,120 17 ¥14,120
18 ¥9,820 19 ¥11,820 20 ¥7,520 21 ¥12,920 22 ¥12,120 23 ¥16,920 24 ¥8,520
25 ¥6,520 26 ¥10,720 27 ¥11,820 28 ¥9,820 29 ¥10,720 30 ¥11,820
2018 12
1 ¥8,520
2 ¥6,520 3 ¥11,820 4 ¥10,720 5 ¥9,120 6 ¥7,520 7 ¥11,820 8 ¥8,520
9 ¥7,520 10 ¥9,120 11 ¥10,720 12 ¥9,120 13 ¥9,820 14 ¥10,720 15 ¥8,520
16 ¥6,520 17 ¥11,820 18 ¥9,820 19 ¥9,820 20 ¥9,820 21 ¥12,120 22 ¥12,120
23 ¥9,120 24 ¥7,520 25 ¥14,220 26 ¥16,920 27 ¥23,220 28 ¥26,520 29 ¥35,520
30 ¥35,520 31 ¥26,520

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

成田空港−宮崎空港の移動にかかる時間と費用

成田空港−宮崎空港間の路線情報

成田空港−宮崎空港間間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数はJJP(ジェットスター)の1本のみで12:00発です。

成田空港−宮崎空港の所要時間

電車を利用する場合、東京駅から成田空港までは最短53分です。搭乗手続きに1時間、成田空港から宮崎空港間の搭乗時間は2時間10分なので約4時間かかります。新幹線を利用する場合の所要時間は9時間かかります。新幹線に比べて飛行機を利用するほうが約5時間早く移動することが出来ます。

成田空港−宮崎空港の移動にかかる費用

成田空港から宮崎空港間の航空券の料金は6870円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。新幹線を利用する場合の料金は約35000円です。新幹線と比べて飛行機の方が約27000円安く移動できます。

宮崎県の人気グルメ・スポット

宮崎にはパワースポットとして有名な高千穂峡があります。高千穂峡の''真名井の滝''はまさに神秘的で、宮崎を訪れた時には訪れたいスポットの1つです。また、宮崎県発祥の料理といえばチキン南蛮です。一般的にチキン南蛮は鶏のモモ肉が使われますが本場宮崎県では鶏のむね肉が使われることが多く、油で揚げたあとに甘酢をかけるため、チキン単体でも深い味わいとなっています。

宮崎県、宮崎空港のお土産

宮崎県で定番のお土産はお菓子の日高の「なんじゃこら大福」です。大福の中に、イチゴ、クリ、そしてクリームチーズが入っており見た人が思わずなんじゃこらといってしまいそうなボリュームのある大福です。また、宮崎空港のお菓子の売上ランキングで1位を獲得した宮崎マンゴーラングドシャも人気お土産商品の1つです。

成田空港から宮崎空港への空港情報

成田空港ー宮崎空港への便

成田空港から宮崎空港への直行便は、ジェットスター・ジャパンのGK633便が毎日就航しています。また、この便はJALのJL6093便およびカンタス航空のQF5175便とのコードシェア便(2社以上の航空会社で共同運航している便)です。そして、成田空港から宮崎空港への直行便はこの便1本しかありません。成田空港を12時20分に出発し、宮崎空港には14時20分に到着予定となっています。

成田空港ー宮崎空港を利用する人の目的

宮崎空港振興協議会が宮崎県民を対象に行った調査によると、約67%の宮崎県民が成田空港と宮崎空港を結ぶ直行便の就航を希望するという結果が出ました。また、宮崎県民は日本国内で県民のパスポート所持率がもっとも低いため、県民が気軽に海外へ行けるように成田空港路線の就航を求める宮崎県側の意向もあったようです。同時に、海外から宮崎県を訪れるインバウンド観光客数を増やす目的もありました。そういった宮崎県の需要や誘致活動にジェットスター・ジャパンが応じて、2017年12月21日から成田空港〜宮崎空港路線が運航を開始したのです。
こうした経緯によって就航された路線であることから、成田空港〜宮崎空港路線の利用者で一番多いのは宮崎県民だと考えられます。つまり、宮崎県在住者がビジネスや観光を目的として首都圏や日本主要都市および海外を訪れたあと、宮崎へ帰るときの交通手段として成田空港〜宮崎空港路線を利用しているのでしょう。
つぎに、関東地域および南東北地方に住んでいる宮崎県出身者が宮崎県へ帰省するときにも、成田空港〜宮崎空港路線を利用していると考えられます。
さらに、宮崎県への交通費を安く抑えたい人も成田空港〜宮崎空港路線便を選ぶでしょう。というのも、羽田空港〜宮崎空港路線の便と比較して、ジェットスター・ジャパンが提供する成田空港発宮崎空港行きのチケット代はかなり安いからです。また、
ジェットスター・ジャパンの九州路線便は宮崎のほか、福岡や大分、そして熊本や鹿児島にも就航しているため、九州への周遊旅行をする観光客にとってリーズナブルに利用できます。
加えて、外国人観光客もある程度は利用しているのではないでしょうか。というのは、この便はカンタス航空とのコードシェア便です。そのため、オーストラリアまたはカンタス航空路線網にある世界の主要都市から日本を訪れる外国人観光客が、訪問地のひとつとして宮崎県を選ぶ可能性もあります。特に、カンタス航空はアジア・北米路線の数が多いため、それらの国々から宮崎または九州地方を訪れる旅行者が成田空港発宮崎空港行きを選ぶ可能性は高いといえるでしょう。
ちなみに、宮崎県は訪日外国人の訪問率や訪問人数および宿泊人数についても、九州・沖縄地方では最下位となっています。しかし、訪日外国人が宮崎を訪れたいという需要は全国平均に近い水準といわれており、それを反映するかのように、平均宿泊日数は4.7泊と長めです。インバウンド対応の施設やサービスの増強も宮崎県で進められているため、成田空港〜宮崎空港路線を利用する外国人観光客は、今後増加すると見られています。

宮崎空港の特徴

宮崎空港は正式名称を「宮崎ブーゲンビリア空港」といい、南国リゾートのムードが空港内施設の各所に感じられます。空港内には宮崎の郷土料理を味わえるお店をはじめとして、各ジャンルのレストランや飲食店を利用できます。
また、宮崎空港で必見の施設といえば、屋上にある「エアプレインパーク」でしょう。ここでは、東日本大震災の津波被害を逃れた仙台航空大学校の訓練機「ビーチクラフトC90Aキングエア」の実機が展示されています。そして、本物の飛行機が展示されている空港は全国でも宮崎空港だけです。特に、6歳以下の子どもはパイロットの制服を着て飛行機といっしょに写真を撮ることができますし、中学生以下ならコックピット搭乗体験もできます。また、混雑する時期を除き、大人でもコックピット搭乗体験を楽しめます。

成田空港へのアクセス

東京駅から成田空港第2ビル駅へは、直通のJR特急成田エクスプレスを使用すれば50分ほどで行けます。また、上野か日暮里で乗り換えて京成特急スカイライナーを利用する場合は約55分です。成田空港発宮崎空港行きは12時20分出発ですから、どんなに遅くとも1時間前まで、つまり11時20分にはチェックインを済ませられるよう、余裕を持って成田空港へ向かいましょう。
ちなみに、この便が出発するのは成田空港第3ターミナルですが、成田空港第2ビル駅から第3ターミナルへは徒歩で約20分かかります。また、ターミナル間移動用シャトルバスを利用すると、バスの待ち時間やルートによっては30分以上かかる場合もあるので注意が必要です。

成田空港ー宮崎空港への航空会社の運行本数

成田空港発宮崎空港行きの運航本数は、ジェットスター・ジャパンのGK633便とJALのJL6093便およびカンタス航空のQF5175便のコードシェア便1本のみです。そのため、この便に乗り遅れてしまうと代替便がないので注意してください。

成田空港ー宮崎空港への時期による利用者数

この路線の主な利用者は観光や帰省目的の宮崎県民および宮崎県出身者と考えられるため、利用者数がもっとも多いのは週末や連休、お盆休み、年末年始でしょう。また、宮崎は年間を通して温暖な気候であるため、県外や国外からの観光客は一年中見込まれます。

成田空港ー宮崎空港への利用者の多い時間帯

成田空港発宮崎空港行きは1日1便で、12時20分に成田空港を出発し、14時20分に宮崎空港到着となっています。そのため、宮崎空港行きの空港ロビーがもっとも混雑する時間帯は11〜12時の間になります。搭乗を予定している方は、11時前には空港に着いていると安心でしょう。

成田空港ー宮崎空港への距離

成田空港から宮崎空港までの飛行距離は、およそ1110kmです。飛行時間は約2時間となっています。ちなみに、羽田空港から宮崎空港までの飛行距離はおよそ1023 km、飛行時間は約1時間40分です。

※2018年5月調査時点の料金および時間