那覇空港発 (沖縄県) 奄美大島空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

那覇【OKA】 ➡ 奄美大島 【ASJ】

那覇 奄美大島 着の最安値(全期間) ¥13,100 【2018年09月03日など】
2018 11
1 ¥22,100 2 ¥13,100 3 ¥13,100
4 ¥13,100 5 ¥19,650 6 ¥26,200 7 ¥26,200 8 ¥13,100 9 ¥13,100 10 ¥13,100
11 ¥13,100 12 ¥26,200 13 ¥13,100 14 ¥13,100 15 ¥19,650 16 ¥13,100 17 ¥13,100
18 ¥13,100 19 ¥13,100 20 ¥13,100 21 ¥13,100 22 ¥19,650 23 ¥19,650 24 ¥19,650
25 ¥19,650 26 ¥26,200 27 ¥13,100 28 ¥13,100 29 ¥13,100 30 ¥13,100
2018 12
1 ¥13,700
2 ¥13,700 3 ¥13,700 4 ¥13,700 5 ¥13,700 6 ¥27,400 7 ¥20,800 8 ¥20,800
9 ¥13,700 10 ¥13,700 11 ¥13,700 12 ¥13,700 13 ¥13,700 14 ¥13,700 15 ¥13,700
16 ¥13,700 17 ¥13,700 18 ¥13,700 19 ¥13,700 20 ¥13,700 21 ¥13,700 22 ¥13,700
23 ¥13,700 24 ¥13,700 25 ¥13,700 26 ¥13,700 27 ¥13,700 28 ¥13,700 29 ¥23,300
30 ¥27,400 31 ¥23,300

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

那覇空港−奄美大島空港間の移動にかかる時間と費用

那覇空港−奄美大島空港の路線情報

那覇那覇空港から奄美大島空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、RAC(琉球エアーコミューター)1社です。12時50分の出発です。

那覇空港−奄美大島空港の所要時間

那覇空港までは車で15分程度です。搭乗手続きに1時間、那覇空港から奄美大島空港間の搭乗時間は約1時間なので、約2時間15分かかります。

那覇空港−奄美大島空港の移動にかかる費用

那覇空港から奄美大島空港間の飛行機の航空券の料金はRAC(琉球エアーコミューター)の場合26 200円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

鹿児島県の人気グルメ・スポット

鹿児島には仙巌園や霧島神宮、西郷隆盛銅像など日本の歴史を感じられる観光スポットが多くあります。また屋久島や奄美大島など有名なスポットも欠かせません。人気グルメのきびなご、黒豚しゃぶしゃぶの他にも名物の「白熊」などスイーツまで堪能できます。奄美大島空港内のレストランでは、奄美の郷土料理である鶏飯が堪能できます。

鹿児島県、奄美大島空港のお土産

鹿児島で定番のお土産は、カスタードクリームとふわふわの生地が相性抜群「かすたどん」、鹿児島ならではの和菓子「かるかん饅頭」などです。奄美大島空港内のお土産コーナーでは、奄美大島の昔らながらのお菓子「舟焼」や奄美大島の郷土料理「鶏飯」などが有名です。スーパーなどで販売されている「奄美みき」など、数多くのご当地のお土産を購入できます。

那覇空港ー奄美大島空港への空港情報

那覇空港から奄美大島空港へ向かう始発と最終便は?

那覇空港から奄美大島空港への便には、直行便と乗継便があります。直行便は12:50発、13:50着の1本のみで、航空会社は琉球エアーコミューター(RAC)です。乗り継ぎ便は関西空港を経由する便と、羽田空港を経由する便があります。乗り継ぎ便の始発は、7:15に那覇空港を出発し、9:10に関西空港に到着します。その後9:50に関西空港から奄美大島へ向かって出発します。奄美大島空港に着くのは11:35です。那覇空港から関西空港まではJTA、関西空港から奄美大島まではVanilla Airの飛行機に乗ります。乗り継ぎ便の最終便は、8:00に那覇空港を出発し、羽田空港で乗り継いだ飛行機で、14:10に奄美大島空港に到着します。那覇空港から羽田空港まではANA、羽田空港から奄美大島空港まではJALの飛行機です。

どんな利用者が多い?

那覇空港から奄美大島空港を利用する人は、もともと沖縄本島や奄美大島に住んでいる人もいますが、観光目的の利用客が圧倒的に多いです。旅行会社でも、那覇から奄美大島を巡るプランを組んでいます。那覇には首里城などの歴史的な遺跡をはじめ、ビーチやパワースポットなどの観光スポットが豊富です。沖縄一の繁華街である国際通りには、お土産や特産品を扱う店が軒を連ね、常に観光客で賑わっています。国際通り屋台村では、沖縄の郷土料理や創作料理、スイーツが味わえます。
一方、奄美大島は沖縄や九州、本州への直通便があり、アクセスが良いことから観光地として人気です。鹿児島には与論島や徳之島、沖永良部島などさまざまな島がありますが、奄美大島は他の島よりも比較的整備が行き届いており、レンタカーなどの移動手段や宿泊施設も充実しています。ダイビングやホエールウォッチングなどのマリンアクティビティを楽しむために、奄美大島へ行く人も多いです。また、奄美大島は沖縄に次ぎ、全国2位の規模を誇るマングローブ原生林を有しています。マングローブの森をカヌーで散策する遊覧ツアーも人気です。
また、豊かな自然を有する奄美大島には、絶景スポットが多数存在します。奄美を代表する10カ所の景勝地は「奄美十景」と呼ばれ、奄美大島に来たらぜひ立ち寄りたい観光スポットです。もっとも有名なスポットは奄美大島空港から車で10分ほどでアクセスできる「あやまる岬」です。岬の周辺には多目的公園や海中プール、グラウンドゴルフ場などの設備があり家族連れにも人気があります。奄美大島空港から車で2時間ほどの場所にある「高知山展望台」は、あやまる岬より遠いものの、人気のある絶景スポットです。天気の良い日は大島海峡や加計呂麻島を一望できます。

奄美大島空港の特徴とは?

奄美大島空港は、奄美群島にある空港の中では大規模な空港です。3階建ての空港の最上階には見学者デッキがあり、滑走路の様子だけでなく空港の周りを囲むサンゴ礁や喜界島を一望できます。2階は搭乗待合口のほか、有料待合室やレストランがあるフロアです。有料待合室は1時間2000円で利用できます。席数は13席、利用時間8:00〜19:00です。1階には手荷物受取所やチケットカウンター、総合案内所、ATMやコインロッカーなどがあります。売店は1階と2階に1店舗ずつあるので、ここでお土産を買って行くのも良いでしょう。奄美大島空港からホテルや観光スポットに行くには、レンタカーを借りると便利です。レンタカーショップは空港周辺に集中しているので、到着後すぐに借りられます。

那覇空港へアクセスする方法は?

那覇市内には電車が通っていません。主な交通手段はモノレールやバス、タクシー、レンタカーなどです。ホテルや観光スポットから那覇空港へアクセスするなら、レンタカーを使うのが最も効率的でしょう。那覇空港の周辺にはレンタカーショップが多く、レンタカーを返した後、徒歩で空港まで行けます。空港まで送迎を行っている店舗もあるので、荷物が多いときや悪天候のときは利用してみるのも良いでしょう。モノレールを使う場合は、那覇空港駅で降りれば駅から連絡通路を通って空港内に入れます。運行時間は6:00〜23:30です。路線バスは具志川線や普天間空港線、宜野湾空港線、空港あしびなー線、天久新都心線が那覇空港まで運行しています。

奄美大島空港行きの運行本数は?

那覇空港から奄美大島空港へ向かう便は、直行便が1日1本、乗継便が1日3本運行しています。ただし、7〜9月にかけての台風シーズンは運休になったり、発着時間がずれたりすることもあるので注意が必要です。台風シーズンに沖縄や奄美群島へ向かう場合は、運行情報をこまめにチェックしておきましょう。直通便の運賃は片道26200円、乗り継ぎ便は片道65000〜67000円です。ただし、運賃は利用する時期や予約状況によって変化します。安く利用できるのは直通便ですが、運行本数が限られているため、早めに予約をしないと席が取れなくなってしまいます。特に観光シーズンに当たる7〜9月や、ゴールデンウィークなどの連休中は、席を取るのが難しくなっています。

時期による利用者数の変化は?

那覇空港も奄美大島空港も、全国的に見て利用者数の多い空港です。特に、那覇空港は国内線だけでも利用者数が年間1700万人にも及び、全国第6位の乗降客数を誇ります。一方、奄美大島空港には国際線こそ発着していないものの、年間76万人もの利用者が訪れている空港です。どちらの空港も、観光シーズンである7〜9月は、利用者が増加します。10月以降からは徐々に利用者が減り、最も少なくなるのは1月です。2月から7月にかけては、再び利用者が増えていきます。
できるだけ飛行機が空いている時期を狙うのであれば、利用者の少ない冬の時期か、温かくなってくる4〜5月を選ぶと良いでしょう。観光シーズンを避ければ運賃が抑えられて、飛行機の座席やホテルの予約も取りやすくなります。秋口や春先でも、天気が良ければ十分に海水浴やマリンスポーツを楽しむことができるでしょう。ただし、卒業旅行のシーズンに当たる3月は、観光客が増えるので注意しましょう。

利用者が多い時間帯はいつ?

那覇空港から奄美大島空港への直通便は1日1本です。そのため、利用者が同じ時間に集中します。搭乗口が混雑することも考慮して、搭乗時は早めにロビーへ待機していたほうが良いでしょう。また、奄美大島空港に到着する12:00〜13:00は、羽田や大阪方面から来た便が到着する時間帯でもあります。他の飛行機の利用客も集中するため、スムーズに移動できるよう、空港を出た後の移動手段はあらかじめ確保しておきましょう。
また、直通便の発着時間は、日射しが最も強くなる時間帯です。熱中症対策のために、スポーツドリンクや飲料水を用意しておきましょう。なお、那覇市も奄美大島も天気が変わりやすく、1日のうちに何度も雨が降ったり、晴れたりを繰り返すこともあります。急な悪天候に備えて、パーカーやウインドブレーカーを持ち歩いておくと安心です。気温は冬場でも本土よりは暖かく、日中に最高気温が20度を下回る日はほとんどありません。しかし、早朝や夜は冷え込みが厳しくなる日もあります。暖かいからと油断せず、セーターやジャケットなどの防寒具を持って行きましょう。

那覇空港から奄美大島空港までの距離は?

那覇から奄美大島までは、直線距離で299kmほど離れています。那覇空港から奄美大島空港まで飛行時間としては1時間5分、搭乗手続きや降機手続きなども含めると2時間30分ほどかかります。搭乗手続きには40〜60分ほどかかるため、搭乗時間の1時間前までに空港へ到着しておくと安心です。万が一、当日に悪天候に見舞われてしまった場合は、飛行機の運航状況をチェックしながら待機しましょう。

※2018年5月調査時点の料金および時間