那覇空港発 (沖縄県) 新潟空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

那覇【OKA】 ➡ 新潟 【KIJ】

那覇 新潟 着の最安値(全期間) ¥16,300 【2019年01月31日など】
2018 11
1 ¥26,400 2 ¥26,400 3 ¥26,400
4 ¥52,800 5 ¥52,800 6 ¥26,400 7 ¥26,400 8 ¥26,400 9 ¥26,400 10 ¥52,800
11 ¥52,800 12 ¥26,400 13 ¥26,400 14 ¥26,400 15 ¥26,400 16 ¥26,400 17 ¥26,400
18 ¥52,800 19 ¥26,400 20 ¥26,400 21 ¥26,400 22 ¥52,800 23 ¥26,400 24 ¥26,400
25 ¥52,800 26 ¥26,400 27 ¥26,400 28 ¥26,400 29 ¥26,400 30 ¥26,400
2018 12
1 ¥27,600
2 ¥27,600 3 ¥27,600 4 ¥55,200 5 ¥27,600 6 ¥27,600 7 「最安値確認」 8 ¥22,200
9 ¥22,200 10 ¥20,500 11 「最安値確認」 12 ¥20,500 13 ¥20,500 14 ¥20,500 15 ¥21,600
16 ¥32,000 17 ¥19,900 18 ¥19,900 19 ¥19,900 20 ¥19,900 21 ¥19,900 22 ¥21,600
23 ¥21,600 24 ¥19,900 25 ¥19,900 26 ¥19,900 27 ¥21,300 28 ¥22,400 29 ¥28,300
30 ¥22,400 31 ¥22,600

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

那覇空港−新潟空港の移動にかかる時間と費用

那覇空港−新潟空港の路線情報

那覇空港から新潟空港で運航する航空会社はANA(全日空)1社です。1日の運航本数は、14時代に1本です。

那覇空港−新潟空港の所要時間

首里駅から那覇空港まではモノレールで27分程度です。搭乗手続きに1時間、那覇空港から新潟空港の搭乗時間は2時間30分なので、約4時間かかります。

那覇空港−新潟空港の移動にかかる費用

那覇空港から新潟空港の飛行機の航空券の料金は56100円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

新潟県の人気グルメ・スポット

新潟県には、桜が有名な「高田公園」、日本海最大級の水族館である「マリンピア日本海」、紅葉が綺麗な「谷川岳」、日本百名山の妙高山でのスキーなど、四季を通じて楽しむことができるスポットがあります。また、佐渡島にある「トキの森公園」では、生のトキを見ることができます。本州からフェリーで行けるので、足を伸ばすのもオススメです。ご当地グルメでは、新潟のソウルフードである「タレかつ丼」や、郷土料理の「笹寿司」や「のっぺい汁」が有名です。

新潟県、新潟空港のお土産

フランス菓子職人が作った「おむすびころりん」は、コシヒカリの米粉から出来た焼菓子で、県内で賞をとるほど有名なお菓子です。新潟の老舗である大阪屋の「葡萄紀行」や「万代太鼓」は、世代を問わず人気のお土産です。また、「柿の種」も新潟県の浪花屋が生んだ銘菓です。元祖柿の種を買うことができる他、新潟県産もち米100%の柿の種も人気なので、是非お土産にご購入ください。

那覇空港ー新潟空港への空港情報

那覇空港から新潟空港への便

那覇空港から新潟空港へ行く場合は、「関西空港」「福岡空港」「伊丹空港」「成田空港」などを利用して乗り継ぎをする必要があります。始発の時間は関西空港を乗り継ぎに利用して、7時40分になります。航空会社は那覇空港から関西空港までANA(全日本空輸)で、関西空港から新潟空港まではPeach・Aviation(ピーチ・アビエーション)になります。その始発時間で出発した場合、新潟空港には13時に到着予定になります。最終便に関しては、JAL(日本航空)を利用して15時55分です。乗り継ぎは伊丹空港になります。伊丹空港からはANAを利用して19時45分が到着予定です。
那覇空港から新潟空港まではANAによる直行便も運行しています。しかし、直行便の運行本数は13時45分発の1日1本だけになり、運行期間が10月?5月までと期間が決まっています。

那覇空港から新潟空港への便を利用する人の目的

那覇空港から新潟空港を利用する人の目的のなかで一番多いのが観光です。新潟県では日本三大花火大会の1つに入っている長岡まつり花火大会があり、全国からたくさんの観光客が訪れています。他にも、高田城百万人観桜会やぎおん柏崎まつり海の花火大会などがあります。また、冬は津南雪まつり、十日町雪まつりなどがあり、新潟県は日本のなかでも四季折々の有名なイベントを楽しむことができます。冬になると雪が降り、積雪量が多いためスキー場もたくさんあります。舞子スノーリゾートやかぐらスキー場、妙高杉ノ原スキー場などが代表的なスキー場です。沖縄県では雪が降らず、気温も比較的暖かいため新潟県の冬のイベントやスキー場に足を運ぶ人も多いです。スキーを楽しんだあとは温泉を堪能することもできます。新潟県の温泉といえば、綺麗な山に囲まれた月岡温泉、日本海に沈む夕日を堪能できる瀬波温泉が有名です。
また、新潟県のグルメとしては、へぎそばや新潟5大ラーメンが楽しめます。ラーメンに関してはカレーラーメンやしょうが醤油、濃厚味噌など様々な種類があり、新潟県でしか味わえないラーメンです。また、沖縄県のお酒と言えば泡盛ですが、米どころの新潟県では日本酒が有名です。そのため那覇から新潟に地酒を求めて足を運ぶお酒好きな方もいるでしょう。
このように、沖縄県にはない魅力が新潟県にはたくさんあり、観光目的で那覇空港から新潟空港を利用する人が多くなっています。また、時期によっては帰省で利用する人も多くなります

新潟空港の特徴

新潟空港は、新潟駅からバスが運行していて、約30分で到着します。空港にはレストランや売店といった施設も充実しているので、那覇空港から到着したときには食事やショッピングを楽しむことが可能です。レストランでは新潟ラーメンや海の幸を使ったお寿司、そばなどが味わえます。新潟空港の3階にあるエアリアムラウンジはゴールドカード以上の提携クレジットカードをお持ちであれば、無料で利用できます。エアリアムラウンジからは、飛行機を間近で見ることができ、飛行機好きの方にとっては最高の眺望でしょう。授乳室、キャッシュコーナー、ロッカーなどもあるので、快適に安心して過ごすことができる空港だといえます。

那覇空港へのアクセス

那覇空港へのアクセスはモノレール「ゆいレール」、バス、タクシーなどを利用します。ゆいレールは2003年に開業し、那覇空港から首里駅まで結ぶ沖縄唯一の鉄道です。首里駅から那覇空港までは約30分で到着します。首里駅から那覇空港までの料金は330円になります。ゆいレールの1日乗車券を利用する場合は、大人800円、子供は400円で購入可能です。ゆいレールの車窓からは、沖縄の夕景や海などを堪能することができます。また、那覇空港から首里駅までの間には、国際通りなどの主要観光スポットがあります。時間に余裕がある方は1日乗車券を利用して観光してみるといいでしょう。また、収容台数2 472台の空港駐車場も利用できます。

那覇空港から新潟空港への便の運行本数

前述したように、那覇空港から新潟空港まではANAによる直行便も運行しています。しかし、直行便の運行本数は13時45分発の1日1本だけになり、運行期間が10月?5月までと期間が決まっています。那覇空港から、関西空港や福岡空港などで乗り継ぎをして新潟空港に行く場合、運行本数はANAを利用した場合、1日8本。JTA(日本トランスオーシャン空港)、スカイマーク、JALはそれぞれ2本です。また、那覇空港からバニラエアを利用する場合は1本になります。したがって、那覇空港からの直行便の利用と乗り継ぎをする場合を含めて、1日で計16本運行しています。希望する新潟空港への到着時間に合わせて利用する便を選ぶといいでしょう。

那覇空港から新潟空港への便の時期による利用者数

那覇空港から新潟空港までの利用者人数が多い時期は、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始になります。この時期は帰省や旅行をする人が増えるため、早めに航空券を手配しておきましょう。また、長岡まつり花火大会のような全国からたくさんの観光客が訪れる有名なイベントが開催される時期は空港を利用する人は多くなる傾向があります。
大型連休や年末年始などで利用者数が多く、航空券の料金が高くなる時期のことをハイシーズンと言います。ハイシーズンに那覇空港から新潟空港まで利用する場合は、金銭面でも余裕を持っておくといいでしょう。航空券の予約を早くしておくと、早期購入割引で航空券が安くなるので利用する航空会社の情報をぜひチェックしてみてください。利用者が多い時期を避けて航空券の料金を安く済ませたい場合は、できるだけハイシーズン以外での日程で旅行や用事などの予定を組むといいでしょう。

那覇空港から新潟空港への便の利用者が多い時間帯

那覇空港から新潟空港への利用者の多い時間帯は、通勤時間である7時?9時の間と、帰宅ラッシュの時間帯である16時?18時の間に利用する方は多いでしょう。また、11時?14時の時間帯では那覇空港は発着のピークの時間帯です。そのため、空港内が混雑する可能性があるので余裕を持って早めに那覇空港に到着しておいたほうが空港内での移動もスムーズです。保安検査場も11時?14時の間は混雑するため、うっかりポケットにスマホが入っていたり、ベルトをしたりしているとスムーズに通ることができません。その結果、他のお客様にも迷惑をかけてしまうので、混雑時は自分だけではなく周りの人たちへの配慮が必要となります。また、飛行機に乗っても、混雑で離陸待ち、着陸待ちの可能性もあるということも頭に入れておきましょう。混雑を避けるためには、なるべく早朝の時間帯や、発着のピーク時を避けて利用するといいでしょう。飛行機の出発時間に遅れないようにするためには、まず出発時刻を正確に把握しておく必要があります。当日バスや電車など公共交通機関の遅れによって、飛行機に乗り遅れてしまう可能性があるため注意が必要です。もし飛行機に乗り遅れてしまいそうなときは、出発前に航空会社か航空券を購入した旅行代理店に連絡をすると予約の変更ができる場合もあります。

那覇空港から新潟空港までの距離

那覇空港から新潟空港への距離は直行便を利用した場合は約2000kmになります。所要時間は搭乗手続きを含めて、4?6時間程度は見ておいたほうがいいでしょう。那覇空港から関西空港や福岡空港を乗り継ぎで利用した場合は、新潟空港までの距離は約200?300km長くなり、所要時間も約1時間増えます。直行便を利用した場合は、距離も時間も乗り継ぎをするより短く済むため、乗り継ぎが面倒な方は直行便を利用するといいのではないでしょうか。特にハイシーズンの混雑時には、乗り継ぎをするときも空港内での移動は大変です。那覇から新潟は決して短い距離ではないため、利用する時期や時間帯は考えて選ぶと、移動の疲れも最小限に抑えられるのではないでしょうか。

※2018年5月調査時点の料金および時間