那覇空港発 (沖縄県) 関西空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

那覇【OKA】 ➡ 関西 【KIX】

那覇 関西 着の最安値(全期間) ¥5,640 【2018年11月26日など】
2018 11
1 ¥18,830 2 ¥18,830 3 ¥18,830
4 ¥38,830 5 ¥38,830 6 ¥18,830 7 ¥18,830 8 ¥18,830 9 ¥37,230 10 ¥18,830
11 ¥37,230 12 ¥18,830 13 ¥18,830 14 ¥18,830 15 ¥18,830 16 ¥37,230 17 ¥18,830
18 ¥18,830 19 ¥18,830 20 ¥18,830 21 ¥18,830 22 ¥23,140 23 ¥13,640 24 ¥7,240
25 ¥13,640 26 ¥5,640 27 ¥8,040 28 ¥6,140 29 ¥5,640 30 ¥5,840
2018 12
1 ¥5,840
2 ¥8,040 3 ¥6,440 4 ¥5,640 5 ¥5,640 6 ¥5,840 7 ¥5,640 8 ¥5,840
9 ¥8,840 10 ¥5,840 11 ¥5,640 12 ¥5,640 13 ¥5,640 14 ¥5,640 15 ¥5,840
16 ¥8,040 17 ¥5,640 18 ¥5,640 19 ¥5,640 20 ¥5,840 21 ¥6,440 22 ¥6,140
23 ¥6,140 24 ¥6,140 25 ¥8,040 26 ¥7,240 27 ¥6,140 28 ¥7,240 29 ¥9,540
30 ¥7,240 31 ¥8,040

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

那覇空港−関西空港間の移動にかかる時間と費用

那覇空港−関西空港間の路線情報

那覇空港から関西空港間で運航する航空会社は4社です。1日の運航本数はANA(全日空)が4本、JAL(日本航空)が3本、JJP(ジェットスター)が2本、APJ(ピーチ)が3本です。最終便はANAが18時45分発、JALが17時20分発、JJPが14時40分発、APJが19時45分発です。

那覇空港−関西空港の所要時間

モノレールを利用する場合、県庁駅前駅から那覇空港まで12分です。搭乗手続きに1時間、那覇空港から関西空港までの搭乗時間は2時間程度なので、約3時間15分かかります。

那覇空港−関西空港の移動にかかる費用

那覇空港から関西空港間の飛行機の航空券の料金はANA(全日空)、JAL(日本航空)の場合、普通運賃は38 400円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。またJJP(ジェットスター)、APJ(ピーチ)の場合、最安値は4 890 円からです。

大阪の人気グルメ・スポット

大阪では小さい子供から大人まで楽しめる「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」やジンベエザメを間近で見ることが出来る海遊館、ディープなお店が立ち並ぶ新世界など数多くの見所のある観光スポットがあります。大阪といえばたこ焼きやお好み焼きが有名ですが、地元の人なら知らない人はいないくらい有名なのが「551の蓬莱」と「串カツのだるま」です。551の蓬莱は中華料理店で肉まんが看板メニューです。串カツのだるまは低価格でおいしく食べられるのが魅力的なお店です。

大阪府、関西空港のお土産

大阪で定番のお土産は「551の蓬莱」の「肉まん」です。中身は豚肉と玉ねぎがバランスよく詰まっておりシンプルかつジューシーで食べ応えのある大きさです。また、関西空港のお土産コーナーの中には大阪発のチーズタルトの名店「PABLO」や3年連続でモンドセレクション金賞を受賞した「青木松風庵」の「ミルク饅頭 月化粧」などが有名です。大阪のお店だけでなく京都や奈良など関西の有名なお土産も購入できます。

那覇空港から関西国際空港への空港情報

那覇空港ー関西国際空港への便

那覇空港と関西国際空港間は、全日空(ANA)と日本トランスオーシャン航空、LCCのピーチアビエーションが就航しており、那覇空港発の始発と最終便は以下の通りです。
<日本トランスオーシャン航空>
・始発便 7時15分
・最終便 17時25分
<全日空>
・始発便 7時40分
・最終便 20時
<ピーチアビエーション>
・始発便 9時45分
・最終便 19時45分
所要時間は、約2時間です。ピーチアビエーションの場合は那覇空港・関西国際空港ともにLCC専用ターミナルからの利用となります。

那覇空港ー関西国際空港を利用する人の目的

那覇空港は上海や台北・香港などの主要空港から国際便が発着しており、関西国際空港など日本国内の乗り継ぎにも便利なハブ空港として機能しています。また、石垣島や宮古島など離島を結ぶ便も多く、夏の観光シーズンは多くの観光客で混み合うのも那覇空港の特色です。また、那覇空港と関西国際空港間は海外からの観光客が多いのも特徴で、関西方面の観光ルートの拠点ともなっています。特に、海外からLCCの便を利用し、関西国際空港へのアクセスにピーチアビエーションを利用する場合は、LCC専用ターミナルでの乗り継ぎとなり便利です。便数も多く、どちらの空港も街の中心部へのアクセスの良さがあります。
那覇空港から関西方面へのアクセスには伊丹空港もありますが、始発・最終の時間帯でみると、約1時間ほど早い便があるのが関西国際空港です。加えて、LCC専用のターミナルがあり、より安く飛行機を利用したい人に選ばれています。

関西国際空港の特徴

関西国際空港は免税店の数の多さも特徴的で、セキュリティチェック前後や国際線到着エリアなどに総合免税店があり、お土産選びに便利です。また、第1・第2ターミナルビルやエアロプラザの館内では無線LANを利用することができます。その他、気軽に無線LANでインターネットの使用ができるスペースやWi-Fiルーターレンタルのサービスもあり、関西方面の観光情報を調べたい人やビジネスには便利です。
イベントやビアホールなども開催される「関空展望ホール スカイビュー」やピクニック気分で楽しめる「スカイデッキ」も、同空港の人気スポットです。また、空の仕事の体験コーナーがあり、コックピットシミュレーターも楽しめる「スカイミュージアム」も多くの観光客を集めています。その他、機内食が食べられるレストランや飛行機の離発着が間近にみることができるカフェなど特色ある飲食スペースも多くあります。数々の魅力ある施設を備え、飛行機を利用する人も、乗らない人も楽しめる空港です。

※2018年5月調査時点の料金および時間