那覇空港発 (沖縄県) 長崎空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

那覇【OKA】 ➡ 長崎 【NGS】

那覇 長崎 着の最安値(全期間) ¥10,200 【2019年02月02日など】
2018 11
1 ¥14,650 2 ¥14,650 3 ¥14,650
4 ¥14,650 5 ¥14,650 6 ¥14,650 7 ¥14,650 8 ¥14,650 9 ¥14,650 10 ¥14,650
11 ¥30,600 12 ¥29,300 13 ¥14,650 14 ¥14,650 15 ¥14,650 16 ¥27,400 17 ¥14,650
18 ¥24,700 19 ¥14,650 20 ¥14,650 21 ¥14,650 22 ¥31,800 23 ¥14,650 24 ¥14,650
25 ¥36,700 26 ¥30,600 27 ¥14,650 28 ¥14,650 29 ¥14,650 30 ¥14,650
2018 12
1 ¥15,300
2 ¥15,300 3 ¥15,300 4 ¥15,300 5 ¥15,300 6 ¥15,300 7 ¥15,300 8 ¥12,700
9 ¥12,700 10 ¥15,300 11 ¥15,300 12 ¥15,300 13 ¥14,100 14 ¥16,000 15 ¥12,400
16 ¥12,400 17 ¥14,100 18 ¥14,100 19 ¥14,100 20 ¥14,100 21 ¥15,300 22 ¥12,400
23 ¥12,400 24 ¥14,100 25 ¥14,100 26 ¥14,100 27 ¥14,100 28 ¥23,000 29 ¥18,900
30 ¥18,900 31 ¥16,700

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

那覇空港−長崎空港間の移動にかかる時間と費用

那覇空港ー長崎空港の路線情報

那覇空港から長崎空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、ANA(全日空)の1本で、運航時間は15時です。

那覇空港ー長崎空港の所要時間

首里駅からからモノレールを使用する場合は約27分です。搭乗手続きに1時間、那覇空港から長崎空港間の搭乗時間は1時間40分なので、約3時間かかります。

那覇空港−長崎空港の移動にかかる費用

那覇空港から長崎空港間の飛行機の航空会社の料金はANA(全日空)の場合10 700円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

長崎県の人気グルメ・スポット

長崎にはイルミネーションや四季折々のお花を楽しめるハウステンボスや、世界遺産に登録されており歴史を感じることのできる軍艦島などの数多くの観光スポットがあります。人気のグルメである中華街の皿うどんやちゃんぽん、豚の角煮まんや佐世保市民のソウルフードである佐世保バーガーなどのB級グルメも楽しむことができます。また、長崎空港内には様々な種類のレストランがあり、「つばき」は日本三大うどんの1つに認定されている五島うどんを提供するお店で、椿油をつなぎで使ったつるつるのうどんを食べられる魅力的なお店です。

長崎県、長崎空港のお土産

長崎の定番のお土産は、シンプルな生地にシャリシャリのザラメ糖の食感がたまらない「福砂屋のカステラ」、中にチョコレートがはさまれておりサクッとした食感の長崎の伝統菓子「クルス」、名産品のびわを使った「びわゼリー」などが有名です。長崎空港内のお土産コーナーでは、とろけるような口どけがたまらない赤い風船のチーズケーキ「フォンダンフロマージュ」が有名です。また、長崎空港限定商品のジャガイモとキャラメルを合わせた「じゃがメル」など、数多くの魅力的なお土産を購入できます。

那覇空港ー長崎空港への空港情報

那覇空港ー長崎空港への便

那覇空港から長崎空港までの路線を運行している航空会社は、全日本空輸(ANA)の1社です。1日の運行本数は1本で、那覇空港の出発時刻は15時、長崎空港の到着時刻が16時35分、フライト時間は約1時間35分になります。

那覇空港ー長崎空港を利用する人の目的

那覇空港から長崎空港までの路線を利用する人は、仕事と観光を目的としている場合が多いです。仕事のために空港を利用した人のほとんどが長崎市内を目的地とする一方で、観光の場合には長崎市とハウステンボスのある佐世保市の2カ所に分散する傾向があります。それ以外にも、ほぼ全域が国立公園に指定されていて美しい自然が楽しめる五島列島や、2018年に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」も注目の観光スポットです。
長崎市内へのアクセスは空港リムジンバスが便利です。長崎駅前まで約43分、ノンストップで運行しています。市内観光では、出島やグラバー園、長崎原爆資料館など、歴史的に価値のある施設が人気です。また、長崎市は世界新三大夜景に認定されました。稲佐山や鍋冠山の頂上から眺めると、街の灯りが海に映りこんだ幻想的な景色を楽しめます。市内を走る懐かしい路線電車も長崎市のシンボルといえるでしょう。全長11.5km、市内の観光地を巡るのに最適です。冬の祭典として毎年2月に開催されるのが、「長崎ランタンフェスティバル」。長崎新地中華街を中心に約1万5000個のランタンとオブジェが並びます。期間中は中華グルメを提供するたくさんの屋台が出店し、踊りや二胡の演奏などで盛り上がります。
佐世保市にあるハウステンボスも人気の観光地です。オランダの街並みを再現した大型テーマパークとして知られ、アトラクションや建物などのイルミネーションが楽しめるほか、季節に応じたイベントやショーを数多く開催しています。長崎空港からの所要時間はバス利用で約56分、連絡船に乗ると約50分です。
世界文化遺産である「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」と、五島列島を巡る周遊観光も多くの人の関心を集めています。範囲が広いために貸切バスやタクシー、フェリーなどを利用した観光が一般的です。頭ヶ島教会や江上天主堂、旧五輪教会など、世界遺産に登録された教会群をまわるのも風情があるでしょう。旅の合間には、日本三大うどんでもある五島うどんや、五島列島の新鮮な海の幸を楽しむことができます。長崎空港からのアクセスは、五島市にある福江空港まで空の便を使うのがもっとも早いでしょう。空港間の所要時間は約30分となります。

長崎空港の特徴

長崎空港は長崎大村市に位置し、海上空港であるために周囲への騒音被害が少ないことで知られています。地元の人々からは大村空港と呼ばれることも多いようです。2017年の調査によると、国内空港の乗降客数で第13位でした。
空港内グルメでは、日本三大うどんの五島うどんを提供している「つばき」が人気です。地元産の椿油を使ったコシのある麺が特徴で、麺好きならば押さえておきたい一品でしょう。「中華レストラン 牡丹」では、長崎名物のちゃんぽんと皿うどんが食べられます。せっかく長崎に来たのに食べる時間が取れなかった人には最後のチャンスです。長崎近海の海の幸を楽しみたいならば、「鮨どころ しょうぶ」をおすすめします。にぎり寿司や刺身盛り合わせとともに、九州産の各種焼酎を楽しみましょう。

那覇空港へのアクセス

那覇空港へ直接向かうならば、モノレールである「ゆいレール」が便利です。始発の「首里駅」から、終点「那覇空港駅」までを約27分で結んでいます。もっとも乗降客数の多い中心街「県庁前駅」からは約12分、おしゃれな街でショッピングが楽しめる「おもろまち駅」からは約19分の所要時間です。ゆいレールの始発は6時、最終は23時30分となります。
沖縄本島のリゾートホテルから那覇空港まではリムジンバスも運行しています。ホテルや空港で乗車券を購入すれば、ホテルの宿泊者以外でも利用可能です。北谷、読谷、瀬良垣、名護など、沖縄本島の各地から那覇空港へ向かう路線が組まれています。県内最大規模のバスターミナルである「那覇バスターミナル」では、ゆいレールの「旭橋駅」との乗り換えも可能です。空港に向かう前にもう少し観光を楽しみたい人は、ゆいレールとリムジンバスを上手に使いましょう。

那覇空港ー長崎空港への航空会社の運行本数

那覇空港から長崎空港までの路線を運行している航空会社はANAの1社です。1日の運行本数は、15時発、16時35分到着の1便のみとなります。

那覇空港ー長崎空港への時期による利用者数

那覇空港から長崎空港までの路線で、もっとも利用者数が多い時期は夏から秋にかけてです。夏は長崎県の各地でお祭りや観光イベントが開催され、観光を目的とした旅行者が増えます。秋になると修学旅行のシーズンが始まり、学生の団体が定番スポットを周遊する光景が見られるでしょう。長崎を訪問する旅行者の多くは、鉄道などよりも航空機を利用する傾向が顕著となっており、8月、9月、10月、11月の空港利用者数が多くなります。

那覇空港ー長崎空港への利用者の多い時間帯

那覇空港から長崎空港までの路線は、ANAが運行する1日1便のみとなります。そのため、利用者の多い時間帯は、出発時間の15時〜到着時間の16時35分です。

那覇空港ー長崎空港への距離

那覇空港から長崎空港までの移動距離は、約777kmです。

※2018年5月調査時点の料金および時間