那覇空港発 (沖縄県) 沖永良部空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

那覇【OKA】 ➡ 沖永良部 【OKE】

那覇 沖永良部 着の最安値(全期間) ¥10,600 【2018年09月01日など】
2019 1
1 ¥22,400 2 ¥11,200 3 ¥22,400 4 ¥11,200 5 ¥11,200
6 ¥11,200 7 ¥10,600 8 ¥10,600 9 ¥10,600 10 ¥10,600 11 ¥10,600 12 ¥10,600
13 ¥15,900 14 ¥10,600 15 ¥10,600 16 ¥10,600 17 ¥10,600 18 ¥10,600 19 ¥10,600
20 ¥21,200 21 ¥10,600 22 ¥10,600 23 ¥10,600 24 ¥10,600 25 ¥10,600 26 ¥15,900
27 ¥15,900 28 ¥10,600 29 ¥10,600 30 ¥10,600 31 ¥10,600
2019 2
1 ¥10,600 2 ¥21,200
3 ¥21,200 4 ¥10,600 5 ¥10,600 6 ¥10,600 7 ¥10,600 8 ¥10,600 9 ¥10,600
10 ¥21,200 11 ¥21,200 12 ¥15,900 13 ¥10,600 14 ¥10,600 15 ¥10,600 16 ¥10,600
17 ¥15,900 18 ¥10,600 19 ¥10,600 20 ¥10,600 21 ¥10,600 22 ¥10,600 23 ¥12,700
24 ¥10,600 25 ¥10,600 26 ¥10,600 27 ¥10,600 28 ¥10,600

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

那覇空港−沖永良部空港間の移動にかかる時間と費用

那覇空港−沖永良部空港の路線情報

那覇空港から沖伊良部空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、JAC(日本エアコミューター)1本です。12時35分に運航しています。(2018年7月1日運航開始)

那覇空港−沖永良部空港の所要時間

那覇空港までは那覇市内からモノレールで20分程度です。搭乗手続きに1時間、那覇空港から沖伊良部空港間の搭乗時間は約1時間なので、あわせて約2時間20分かかります。フェリーで行く場合は、那覇港-和泊港まではフェリーの移動では約7時間かかります。飛行機で移動する場合、フェリーの移動に比べ5時間程度早いです。

那覇空港−沖永良部空港の移動にかかる費用

那覇空港から沖伊良部空港間の飛行機の航空券の料金はJAC(日本エアーコミューター)の12300円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。フェリーで行く場合、那覇‐和泊間は14230円です。フェリーの移動に比べ、飛行機で移動した場合、普通運賃では同じ程度の料金ですが、早期購入割引を活用すれば5000円程度、飛行機の方がお得です。

鹿児島県の人気グルメ・スポット

鹿児島の沖伊良部島は、その温暖な気候から、亜熱帯の花々が咲き、エラブユリやスプレーキクなどの栽培が盛んです。また東洋一の鍾乳洞と称される昇竜洞をはじめ、200〜300の大鍾乳洞群が見られ、「花と鍾乳洞の島」として異名をとっています。

鹿児島県、沖永良部空港のお土産

鹿児島の沖永良部島で定番のお土産は、島の特産品である黒糖やマンゴー、桑の葉、きくらげなど、バリエーションが豊富です。

那覇空港から沖永良部空港への空港情報

那覇空港ー沖永良部空港への便

那覇空港から沖永良部空港へは、1日1本の飛行機が飛んでいます。それはJAC (日本エアコミューター)3715便で、那覇空港を12時35分に出発し、13時35分に沖永良部空港に到着します。

那覇空港ー沖永良部空港を利用する人の目的

那覇空港発・沖永良部空港行きの飛行機を利用する方に多い目的としては、まず、観光やレジャーを挙げることができます。沖永良部島へ行くルートとしては、もともと、鹿児島空港で乗り換えていく方法が一般的でしたが、2018年7月1日より那覇空港ー沖永良部空港路線が就航しました。これにより、全国の主要都市から沖永良部空港へのアクセスがより便利になったので、観光のお客様は今後さらに増えていくとみられます。
次に多い目的は、沖永良部島の出身の方が沖縄本島に仕事や学校、または遊びに行った際に、沖永良部島へ帰る方法として那覇空港発・沖永良部空港路線を利用するというものです。最後に、沖永良部島へ仕事をするために行く方も、この便を利用することがあります。

沖永良部空港の特徴

沖永良部空港は、沖永良部島の最北端に位置する国頭岬の丘陵地にあります。1969年の開港後、2回の滑走路延長工事を経て、2005年に1350メートルの滑走路が供用開始されました。ところで、沖永良部島は温暖な気候を活用して花、特にユリの生産が盛んな場所ですが、沖永良部空港もそれにちなみ、「えらぶゆりの島空港」という愛称で呼ばれています。
沖永良部空港は1階建ての小さな建物のため、設備はそれほど充実しているとはいえませんが、観光のお客様が利用できる設備としては、レストランと売店を兼ねたお店「シーワールドカフェショップ」が1軒あります。ここでは沖永良部島で生産している焼酎各種やマンゴーなどを買うことが可能です。また、キッズコーナーと授乳室も利用できます。
沖永良部空港には無料駐車場(130台)があり、市街地である和泊地区までは車で約15分の距離です。島内循環バスも空港を通りますが本数は少ないため、移動の際はレンタカーかタクシー、あるいは宿の送迎などを利用したほうが便利でしょう。また、沖永良部空港内には案内所がありませんが、無料の無線LAN設備が提供されているため、空港を利用する方はご自分のスマートフォンなどでインターネット検索をして情報を得ることが可能です。
一方、沖永良部空港の中には宅配便サービスやコインロッカー、手荷物預かりサービスはありません。加えて、銀行ATMやキャッシュディスペンサーもないため、そういったサービス利用はあらかじめ那覇空港出発前に済ませておきましょう。あるいは、沖永良部島に到着後、宿や市街地に到着してから行うことになります。

※2018年5月調査時点の料金および時間

那覇空港発の格安航空券

沖永良部空港着の格安航空券