那覇空港発 (沖縄県) 仙台空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

那覇【OKA】 ➡ 仙台 【SDJ】

那覇 仙台 着の最安値(全期間) ¥16,730 【2019年01月30日など】
2018 11
1 ¥26,830 2 ¥26,830 3 ¥26,830
4 ¥53,430 5 ¥71,030 6 ¥26,830 7 ¥26,830 8 ¥62,430 9 ¥26,830 10 ¥53,430
11 ¥53,430 12 ¥26,830 13 ¥26,830 14 ¥26,830 15 ¥53,430 16 ¥71,030 17 ¥53,430
18 ¥53,430 19 ¥26,830 20 ¥26,830 21 ¥26,830 22 ¥26,830 23 ¥26,830 24 ¥26,830
25 ¥65,330 26 ¥53,430 27 ¥26,830 28 ¥26,830 29 ¥53,430 30 ¥26,830
2018 12
1 ¥28,130
2 ¥28,130 3 ¥28,130 4 ¥28,130 5 ¥28,130 6 ¥28,130 7 ¥20,930 8 「最安値確認」
9 ¥22,730 10 ¥20,930 11 ¥20,930 12 ¥20,930 13 ¥20,930 14 ¥20,330 15 ¥22,130
16 ¥22,130 17 ¥20,330 18 ¥20,330 19 ¥20,330 20 ¥20,330 21 ¥20,330 22 ¥22,130
23 ¥22,130 24 ¥20,330 25 ¥20,330 26 ¥20,330 27 ¥22,230 28 ¥24,430 29 ¥24,430
30 ¥24,430 31 ¥23,630

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

那覇空港−仙台空港間の移動にかかる時間と費用

那覇空港−仙台空港の路線情報

那覇空港から仙台空港で運行する航空会社は1社です。1日の運行本数はANA(全日空)の1本で14時10分の便のみです。

那覇空港から仙台空港の所要時間

那覇市内から那覇空港まではモノレールで約15分です。搭乗手続きに1時間、那覇空港から仙台空港間の搭乗時間は約2時間30分なので、約3時間45分かかります。その他の移動手段はありません。

那覇空港−仙台空港の移動にかかる費用

那覇空港から仙台空港間の飛行機の航空券の料金はANA(全日空)の場合56 800円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

宮城県の人気グルメ・スポット

宮城県には東北唯一の国営公園である「国営みちのく杜の湖畔公園」、古くから『名取の御湯』と称される「秋保温泉」、ウイスキーの製造工程が学べる「ニッカウヰスキー仙台工場 宮城峡蒸留所」など数多くの観光スポットがあります。人気のグルメは宮城名物「牛タン」、親子丼の魚バージョン「はらこめし」、とっても新鮮な豆で出来た「ずんだ」など。宮城で一番人気のラーメン屋「麺組」や「唐揚げ定食」が名物の「ゴリラ食堂」、そのまま食べても、おでんの具にしてもおいしい「白鎌」の「笹かまぼこ」も有名です。

宮城県、仙台空港のお土産

仙台空港内のお土産コーナーには、ふんわりとしたカステラにまろやかなカスタードクリームが飽きないおいしさの、菓匠三全「萩の月」、仙台を代表する和菓子である白松の「白松がもなか」、仙台空港限定の仙台城主伊達正宗をイメージして作られた「伊達な玉子」、クルミの風味のする白餡を、卵とざらめにフレッシュバターを加えて焼いた皮で包んだ「支倉焼」、粒感があり程よい甘さ、ずんだ茶寮の「ずんだ餅」など、数多くの魅力的なお土産を購入できます。

那覇空港から仙台空港への空港情報

那覇空港ー仙台空港への便

那覇空港から仙台空港の始発便は、14時5分に那覇空港を出発し、16時45分に仙台空港到着予定の便です。航空会社はANAです。
那覇空港から仙台空港の最終便は、21時50分に那覇空港を出発し、翌朝9時15分に仙台空港到着予定の便です。ただし、乗り継ぎが1回必要です。那覇空港でスカイマークに乗り、中部国際空港でANAに乗り継ぎ、仙台空港に向かうこととなります。

那覇空港ー仙台空港を利用する人の目的

那覇空港から仙台空港の飛行機を利用する人の多くは、観光目的で宮城県を訪れる方々です。宮城県には、四季折々の自然の美しさが楽しめる絶景スポットがたくさんあります。特に、日本三景の一つである松島は、松島湾内に点在する諸島が織りなす荘厳な風景が見事です。他にも、宮城県ならではの史跡巡りや自然鑑賞を楽しむために多くの方が訪れます。同じ日本といえども、沖縄と東北地方では気候が大きく異なります。そこで、沖縄で見られる自然の風景とはまた違った美しさを目にするため、那覇から仙台へと旅行をする人が多いのです。また、宮城県のある三陸海岸方面は、夏は冷涼であることが多く真夏日はあまりありません。そのため、比較的暑い日の続く沖縄から、涼を求めて宮城県を訪れる人もいます。宮城県の他にも、隣接している岩手県、山形県、福島県を観光する目的で仙台空港を利用している人も多いです。夏は宮城県、岩手県など広域観光をするために仙台空港を利用する人々が目立ちます。一方、冬になるとスキー・スノーボードや温泉を目的として、山形県に訪問する人が多いです。また、東北ではさまざまなライブイベントや音楽フェスが開かれています。有名で人気のあるアーティストが参加するイベントには、全国からファンが集まります。こうした東北開催のイベントやフェスに沖縄から参加するために、那覇空港から仙台空港を利用する人も多くいます。
また、東北地方から沖縄への旅行の帰途にも、那覇空港から仙台空港の飛行機はよく利用されます。

仙台空港の特徴

仙台空港には、仙台名物の「牛タン」が味わえる牛タン専門レストランがあります。テイクアウトもできるので、待合室などで食べることもできます。他にも、地元名産品を扱うショップが並んでいるので、お土産を買うのに便利です。
また、仙台空港はリラクゼーション施設が充実しています。有料になりますが、シャワーやコイン式マッサージ機、リラクゼーションサロンで疲れた体を癒すことができます。また、無線LANの無料使用やWi-Fiルーターの貸出があり、充電器も設置してあるので、パソコンやスマートフォンを快適に使用できます。

※2018年5月調査時点の料金および時間