丘珠空港発 (北海道) 釧路空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

丘珠【OKD】 ➡ 釧路 【KUH】

丘珠 釧路 着の最安値(全期間) ¥6,500 【2019年02月02日など】
2018 11
1 ¥22,100 2 ¥11,050 3 ¥11,050
4 ¥22,100 5 ¥22,100 6 ¥22,100 7 ¥11,050 8 ¥11,050 9 ¥22,100 10 ¥11,050
11 ¥22,100 12 ¥11,050 13 ¥22,100 14 ¥22,100 15 ¥11,050 16 ¥11,050 17 ¥11,050
18 ¥16,700 19 ¥11,050 20 ¥11,050 21 ¥11,050 22 ¥11,050 23 ¥11,050 24 ¥11,050
25 ¥17,200 26 ¥11,050 27 ¥16,700 28 ¥11,050 29 ¥11,050 30 ¥11,050
2018 12
1 ¥12,300
2 ¥18,200 3 ¥12,300 4 ¥12,300 5 ¥12,300 6 ¥12,300 7 ¥12,300 8 ¥12,300
9 ¥12,300 10 ¥12,300 11 ¥18,200 12 ¥12,300 13 ¥12,300 14 ¥12,300 15 ¥12,300
16 ¥12,300 17 ¥12,600 18 ¥18,200 19 ¥12,600 20 ¥12,300 21 ¥14,300 22 ¥12,300
23 ¥12,300 24 ¥12,300 25 ¥14,300 26 ¥12,300 27 ¥14,300 28 ¥14,300 29 ¥14,300
30 ¥18,200 31 ¥12,300

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

丘珠空港−釧路空港間の移動にかかる時間と費用

丘珠空港−釧路空港間の路線情報

丘珠空港−釧路空港間で運航する航空会社はJAL(日本航空)1社です。1日の運航本数は4本で、17時50分まで運航しています。

丘珠空港−釧路空港間の所要時間

丘珠町から丘珠空港間ではタクシーで5分程度です。搭乗手続きに約1時間、丘珠空港から釧路空港間の搭乗時間は約45分なので、約1時間45分かかります。

丘珠空港−釧路空港間の移動にかかる費用

丘珠空港から釧路空港間の飛行機の料金はJAL(日本航空)の料金の14000円からになります。夜遅めの時間の便を利用すればお得に航空券を予約できます。

釧路の人気グルメ・スポット

釧路には、1900年に建てられた釧路最古の木造建築である「米町ふるさと館」や、1954年から釧路の台所を支えてきた、釧路で最も古い市場である「釧路和商市場」など数多くの観光スポットが存在します。グルメでは、札幌・函館・旭川ラーメンに引けを取らない、独自の発展を遂げた「釧路ラーメン」やスパゲッティの上に揚げたカツが乗っている、「スパカツ」などが有名です。また釧路空港周辺には様々な飲食店があり、「炉ばた煉瓦」は釧路の魚介類を楽しめる有名なお店です。

北海道、釧路空港のお土産

北海道で定番のお土産は、バターの香ばしさにもこだわったパイ生地と、コクのあるチョコレートがミルフィーユされた贅沢なクッキー「美冬」、果肉がたっぷり入っていて、メロンの甘みがしっかり味わえる「夕張メロンピュアゼリー」などです。釧路空港内のお土産コーナーには、パッケージデザインは空港滑走路にある侵入灯をモチーフにデザインされており、商品にはハスカップジャムとコクのあるミルク餡がなかに入っている「あかり」、口どけの良いホワイトチョコと酸味の強いラズベリーチップとの相性を楽しめる「北海道ホワイトラズベリー」など、数多くのお土産を購入できます。

札幌丘珠空港から釧路空港への空港情報

札幌丘珠空港ー釧路空港への便

札幌丘珠空港から釧路空港(たんちょう釧路空港)への始発便は、11時20分のJAL2863便で、釧路空港の到着時刻は12時05分です。最終便は、札幌丘珠空港発が17時05分のJAL2869便です。釧路空港への到着時刻は17時50分になります。

札幌丘珠空港ー釧路空港を利用する人の目的

釧路市は北海道の東部において、経済や産業の中心となっている都市です。流通拠点となっていることもあり、札幌丘珠空港から釧路空港へはビジネスを目的として利用する人も多くいます。一方で、釧路近辺には釧路湿原国立公園と阿寒摩周国立公園という2つの国立公園があり、自然が豊かです。また、釧路や根室、厚岸にかけて「アジアの宝 悠久の自然美への道 ひがし北・海・道」というコンセプトで海外からの観光客を誘致する計画が進んでいます。市内にはラムサール条約に登録されている釧路湿原があり、タンチョウをはじめとした鳥類が豊富で、四季折々に花々も咲き誇ります。また、春国岱や風蓮湖なども鳥類が多く生息し、バードウォッチングにくる人が多いスポットです。ほかにも特別天然記念物のマリモが有名な阿寒湖など、釧路空港を拠点として観光にでかけられる場所が多いため、札幌から釧路方面への観光を目的として利用する人も多くいます。

釧路空港の特徴

釧路空港のターミナルの1階には到着口があり、案内所やレンタカーカウンター、阿寒バスカウンターがあります。また、サイクルステーションも設置され、釧路空港到着後の移動もスムーズです。また、軽食などを食べることができるカフェ「ら・ぽ〜と」があり、5分以内で注文した品を出してくれます。そのため、簡単な食事を済ませてから仕事や観光に出かけることができるでしょう。ゆったり食事を楽しみたいならば、3階にある「和食・拉麺 北斗」で魚介を使った料理やラーメンを食べることができます。同じく3階にある「レストラン たんちょう」は釧路ならではの食材を生かした料理を食べることができるお店です。
2階にはお菓子や民芸品などの北海道土産を購入することができるショップが5店舗あり、釧路ならではの商品や地元のお店が作るお菓子などが人気です。また、2階にはマッサージやソフト整体、スペシャルエステを受けられる「SHINE BLESS(シャインブレス)釧路空港店」というサロンもあります。ほかにも、有料施設として会議室やラウンジ、インターネットルームがあります。また、館内ではフリーWi-Fiスポットやdocomo Wi-Fi、ソフトバンクWi-Fiも使うことが可能です。

※2018年5月調査時点の料金および時間