6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

隠岐空港発 (島根県) 伊丹空港着 (大阪府) 格安航空券・LCCの最安値販売

隠岐【OKI】 伊丹 【ITM】

最安値 ¥9,960 【2020年9月23日など】
2020 7
1 ¥22,010 2 ¥22,010 3 ¥22,010 4 ¥22,010
5 ¥22,010 6 ¥22,010 7 ¥22,010 8 ¥22,010 9 ¥22,010 10 ¥21,260 11 ¥21,260
12 ¥22,010 13 ¥21,260 14 ¥21,260 15 ¥21,260 16 ¥21,260 17 ¥21,260 18 ¥21,260
19 ¥21,260 20 ¥21,260 21 ¥21,260 22 ¥21,260 23 ¥22,010 24 ¥21,260 25 ¥22,010
26 ¥22,010 27 ¥18,260 28 ¥21,260 29 ¥18,260 30 ¥13,360 31 ¥18,260
2020 8
1 ¥22,010
2 ¥22,010 3 ¥22,010 4 ¥21,260 5 ¥21,260 6 ¥21,260 7 ¥21,260 8 ¥21,260
9 ¥21,260 10 ¥22,010 11 ¥22,010 12 ¥22,010 13 ¥22,010 14 ¥22,010 15 ¥22,010
16 ¥22,010 17 ¥18,560 18 ¥18,560 19 ¥18,560 20 ¥18,560 21 ¥16,460 22 ¥16,460
23 ¥16,660 24 ¥16,660 25 ¥16,660 26 ¥16,460 27 ¥16,460 28 ¥16,460 29 ¥16,460
30 ¥16,660 31 ¥14,660

※搭乗日によって価格が前後します。
カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。

隠岐【OKI】→ 伊丹【ITM】 2020年07月14日出発

隠岐【OKI】→ 伊丹【ITM】フライト便利情報

交通手段最安値比較

島根から大阪までの移動手段の中で最も安い交通手段をカンタンに比較できます。

隠岐→伊丹 片道

飛行機 ¥13,140〜 新幹線 高速バス
航空券を検索

隠岐【OKI】 → 伊丹【ITM】フライト情報

  • ¥13,360

    先月の最安値の航空券(片道)
  • 1

    直行便航空会社
  • 約 0 時間 45 分(366 km)

    平均飛行時間(合計距離)
  • 日本航空(JAL)

    先月の最も人気の航空会社

国内航空券よくあるご質問国内航空券よくあるご質問

隠岐空港−伊丹空港間の移動にかかる時間と費用

隠岐空港−伊丹空港間の路線情報

隠岐空港から伊丹空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数はJAL(日本航空)1社です。14時20分が運航便です。

隠岐空港伊丹空港間の所要時間

隠岐の島町から隠岐空港間はタクシーで約10分です。搭乗手続きには約1時間、隠岐空港から伊丹空港間の搭乗時間は約45分なので、あわせて約1時間45分かかります。

隠岐空港−伊丹空港間の移動にかかる費用

隠岐空港から伊丹空港間の飛行機の料金はJAL(日本航空)の料金の22000円からです。株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

伊丹の人気グルメ・スポット

伊丹には、飛行機の離着陸が見れる「伊丹スカイパーク」や真言宗派の寺院である「金剛院」など数多くの観光スポットが存在します。人気グルメでは神戸牛や神戸ワインなどが有名です。また、伊丹空港の周辺には様々な飲食店があり、「海キッチンKINOSAKI」は海の幸の料理が美味しい有名なお店です。

兵庫県、伊丹空港のお土産

兵庫での定番のお土産は、小麦粉、砂糖、澱粉などに有馬温泉の炭酸泉を加えて焼き上げたせんべいである「炭酸せんべい」、淡路島の特産品である玉ねぎを使ったスープである「淡路玉ねぎスープ」などです。伊丹空港内のお土産コーナーでは、モンドセレクション 3年連続「最高金賞」を受賞している「神戸プリン」や、食用の竹炭を使った生地にごま餡が入った真っ黒なおたべの「黒のおたべ」など、数多くのお土産を購入できます。

隠岐空港ー伊丹空港への空港情報

隠岐空港から伊丹空港への便

隠岐空港(隠岐世界ジオパーク空港)から伊丹空港への運航便は1日1便のみです。航空会社はJALおよびJALグループのJ-AIR(ジェイエア)になります。時期によって時間帯は多少変更になる場合がありますが、同空港公式webサイトで公表されている情報によると、2018年9月1日〜10月27日までは、隠岐世界ジオパーク空港14:20分発、伊丹空港15:05分着のみの運行です。普通席76席のジェット機になりますので席数としてはあまり多くありません。そしてこの便を逃すと翌日まで伊丹行きの便がないため、日程を確定したら早めにフライトを押さえておくことをおすすめします。夏季の繁忙期シーズン(8月1日〜8月31日)のみ、JALが運行する165人乗りのジェット機が就航します。
あいにくこの便を逃してしまった場合には、出雲縁結び空港での乗り換え経由で伊丹空港に行くという方法もあります。同じく、公式情報によると、2018年9月1日〜10月27日までの期間では、隠岐世界ジオパーク空港10:30発、出雲縁結び空港11:05着、そして出雲縁結び空港11:25分発、伊丹空港12:15分着となります。ただ、隠岐世界ジオパーク空港から出雲縁結び空港までの航空会社は日本エアコミューターによるプロペラ機での運行となります。席数が多くないため、こちらもかなり早めの予約が必要になります。出雲縁結び空港から伊丹空港まではJAL便になります。
国土交通省の調べによると、平成29年の隠岐世界ジオパーク空港の総利用者は約60 000人弱と全国の空港の中でも小規模の運営です。国際線もなく、国内線の本数も限られていますので、利用の際は必ず時間帯を調べたうえで早めに予約することをおすすめします。

隠岐空港から伊丹空港の便を利用する人の目的

隠岐世界ジオパーク空港から伊丹空港への便を利用する多くは観光客です。空港名のとおり、隠岐世界ジオパーク空港は、世界ジオパークに認定されている隠岐ジオパークの玄関口となる空港です。隠岐諸島は島前と島後に分かれており、ほかにも180以上もの小さな島があります。起源を何億年も前にさかのぼる大地の成り立ちや、約1万年前に離島になった独特の環境によって生まれ育まれた固有の生物や植物をみることができます。
ほかでは体験できない雄大な大自然を堪能できるとあって、隠岐ジオパークは国内外から多くの方々が訪れる人気の観光スポットとなっています。隠岐世界ジオパーク空港から東京方面への直行便はなく、関西方面も伊丹空港行きのみとなります。東京方面へは出雲縁結び空港経由となりますが、お伝えしているとおり隠岐から出雲への便の席数が限られているため、伊丹空港行きの便は関西方面からの観光客にはもちろん、東京、名古屋、福岡など全国からの観光客に活用されています。

伊丹空港の特徴

大阪国際空港とも呼ばれる伊丹空港は大阪府豊中市、池田市、兵庫県伊丹市にまたがる会社管理空港です。国際とついていますが国際便はありません。国土交通省の平成29年統計によると、年間の利用者数は1559万7777人と全国の空港の利用者数の第7位です。国際線のない空港の中では、利用者数は断然トップの第1位です。
関西主要都市からのアクセスもよく、大阪方面からは阪急梅田駅から約30分、神戸方面では神戸三宮駅から約60分、京都方面ではJR京都駅から約70分となっています。だいたい1時間ほどで関西の主要都市に行けることから、ビジネス、観光、帰省などさまざまな用途で使われる便利な空港です。
もともと便利であった伊丹空港は2018年から約50年ぶりとなる大規模なリニューアルが進められており、空港内でいっそう快適に過ごせるようになっています。まずはグルメですが、イタリアン、お寿司、中華、カフェなどさまざまなレストランがあるのはもちろん、有名ベーカリー店、空港としては世界初となるワイナリーやチョコレート菓子のプレミアム専門店などもオープンするなど、空港であることを忘れてしまいそうなほどの洗練された空間になっています。
ショッピングの面でもお土産店のほかに、全国的に人気の高い北欧スタイルのお洒落な家具や食器が買えるライフスタイルストア、本屋、アクセサリー専門店など充実しています。品揃えの豊富な薬局のほかに、手軽な金額でボディケアが受けられるリラクゼーションサロンも完備されており、フライトによって体調を崩してしまったときにも安心です。もちろんあると便利なコンビニエンスストアも入っています。また入場料無料、年中無休の展望デッキも、リニューアルによってさらに広く快適になっています。

隠岐空港へのアクセス

隠岐諸島は島根半島の北方約50kmに位置する群島になります。そのため、どの主要駅からも基本のアクセス方法は飛行機あるいはフェリーになります。例えば島根の松江駅から空港に向かう場合は、境港あるいは七類港からフェリーに乗って空港にほど近い西郷港まで向かう方法になります。所要時間はフェリーの場合、最短で約2時間半、高速船の場合で1時間10分ほどになります。毎日フェリーが3隻、そして高速船が1隻の頻度で定期就航しています。
新大阪から伊丹空港まではリムジンバスで約25分、伊丹空港から隠岐世界ジオパーク空港までは約45分です。出雲市駅から出雲縁結び空港までは交通状況によりますがバスで約30分、出雲縁結び空港から隠岐世界ジオパーク空港までのフライト時間は約30分です。
また、隠岐諸島の中で最もポピュラーなホテルの1つが隠岐ビューポートホテルです。同ホテルから隠岐世界ジオパークホテルまでは空港までの直行バスで約15分です。立地にもよりますが、島の多くのホテルや観光施設から空港までの直行バスに乗ることができ便利です。
隠岐世界ジオパーク空港ターミナルビル内には、レンタカー事業者の受付カウンターがありません。空港からレンタカーで移動しようと考えている場合は、事前に空港公式webサイトに載っているレンタカー会社に問い合わせておくことをおすすめします。また、基本的にターミナルビル前のタクシー乗り場にタクシーが常時待機していますが、夏季などの繁忙期にはいない場合もあります。夏場に空港からタクシーでの利用を考えている場合は、同様に空港公式webサイトに載っているタクシー会社に連絡をして配車予約しておくと安心です。
平成28年の隠岐の島町観光協会の調べによると、島内のレンタカー会社は約5社、タクシー会社は約10社となっています。観光に訪れる方々のニーズに合わせてレンタカー数は増加の傾向にあります。タクシーもさらなる充実が求められていますが、人出不足という課題もあります。また、隠岐世界ジオパーク空港の駐車場は無料です。

隠岐空港から伊丹空港への便の運行本数

空港の規模が大きくないため、隠岐世界ジオパーク空港から伊丹空港への運航便は1日1便のみです。運航会社はJAL、あるいはJALグループJ-AIR(ジェイエア)になります。また座席数も基本的に多くありません。予約は早めにとるのがおすすめです。

隠岐空港から伊丹空港への便の時期による利用者数

隠岐世界ジオパーク空港から伊丹空港への利用者数が、1年の中で最も多いのは8月です。夏休みシーズンであり、国内外から隠岐ジオパークへの観光客が集まります。平成26年の隠岐世界ジオパーク空港から伊丹空港行きの利用者数は約36 000人ほどでしたが、そのうちの約7 400人が8月に集中しました。
この傾向を踏まえ、2018年より夏季の繁忙期にあたる8月1日〜8月31日にかけては、JALが運行する165人乗りのジェット機が就航しています。夏季以外の時期は基本的に76人乗りのジェット機となります。夏季に次いで利用者数が増える時期が、年末年始と3月の時期です。年末年始は帰省や家族単位での旅行が多く、3月は学生の旅行シーズンにあたるためです。
また逆に1月〜3月にかけては受験シーズンにもなりますので、島民の県外の学校への受験のための利用もあります。隠岐の島町の人口は昭和30年の約28 000人をピークに減少しつづけており、平成27年には15 000人を切るほどとなっていますが、若い世代もその中には含まれます。数はさほど多くはありせんが、進学の場合は島の外や県外を目指すこともあります。しかし、やはり夏場と比べると冬場の利用者はさほど多くはありません。
隠岐諸島は平成25年に世界ジオパークの認定を受けました。隠岐観光協会の調べによると、それまで数年間の隠岐諸島への年間観光客数は12万人程度とほぼ横ばい状態でしたが、隠岐諸島のほうでも観光客の誘致に力を入れてきたことなども功を奏し、平成27年度の観光客数は13万人を超すなど島を訪れる人の人数が増加傾向にあります。平成38年度の隠岐入島数目標を16万人に掲げるなど、誘客促進の活動は続けられています。その一環が島へのアクセス方法の強化です。2018年5月7日よりジェット機の通年就航が決定しています。それまでは伊丹空港まではプロペラ機での運行だったことと比べると、かなり便利になっています。このように隠岐世界ジオパーク空港は、より開かれた空港へと発展しています。

隠岐空港から伊丹空港への便の利用者の多い時間帯

隠岐世界ジオパーク空港から伊丹空港への運航便は1日1便のみになるため、時間帯によっての差はありません。逆にすべての利用者がこの1便に集中するため、日程が確定したら、まずはフライトを押さえておくことをおすすめします。出雲縁結び空港経由で伊丹空港に行く方法もありますが、出雲までの便はプロペラ機になり島民の生活路線にもなっていることから、予約が取りにくくなる可能性があります。

隠岐空港から伊丹空港までの距離

隠岐世界ジオパーク空港から伊丹空港までの飛行距離は約311km(約165マイル)です。飛行時間は約45分です。音楽を聴いたりして過ごしているうちにあっという間に着いてしまう距離です。飛行距離が短いため、機内での飲み物のサービスはありません。

※2018年5月調査時点の料金および時間

海外旅行

隠岐空港発の格安航空券

伊丹空港着の格安航空券