隠岐空港発 (島根県) 出雲空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

隠岐【OKI】 ➡ 出雲 【IZO】

隠岐 出雲 着の最安値(全期間) ¥6,900 【2018年09月03日など】
2018 11
1 ¥6,900 2 ¥13,800 3 ¥13,800
4 ¥13,800 5 ¥6,900 6 ¥13,800 7 ¥6,900 8 ¥13,800 9 ¥13,800 10 ¥13,800
11 ¥6,900 12 ¥6,900 13 ¥6,900 14 ¥13,800 15 ¥13,800 16 ¥13,800 17 ¥13,800
18 ¥6,900 19 ¥6,900 20 ¥6,900 21 ¥13,800 22 ¥13,800 23 ¥13,800 24 ¥13,800
25 ¥13,800 26 ¥6,900 27 ¥6,900 28 ¥13,800 29 ¥6,900 30 ¥6,900
2018 12
1 ¥13,800
2 ¥6,900 3 ¥6,900 4 ¥6,900 5 ¥13,800 6 ¥6,900 7 ¥13,800 8 ¥13,800
9 ¥13,800 10 ¥6,900 11 ¥6,900 12 ¥6,900 13 ¥6,900 14 ¥8,700 15 ¥13,800
16 ¥6,900 17 ¥6,900 18 ¥6,900 19 ¥6,900 20 ¥6,900 21 ¥6,900 22 ¥13,800
23 ¥6,900 24 ¥13,800 25 ¥6,900 26 ¥9,700 27 ¥9,700 28 ¥13,800 29 ¥12,400
30 ¥12,400 31 ¥12,400

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

隠岐空港ー出雲空港間の移動にかかる時間と費用

隠岐空港ー出雲空港の路線情報

隠岐空港から出雲空港まではJAL(日本航空)が往復ともに1日1便運航しています。

隠岐空港ー出雲空港間の所要時間

隠岐の市街地から空港までは空港連絡バス(510円)が運航しており、約15分でアクセスできます。その他、レンタカーやタクシーを利用してのアクセスも可能です。隠岐空港から出雲空港までの搭乗時間は約35分なので、搭乗手続きも含めた移動時間は約2時間となっています。

隠岐空港ー出雲空港間の移動にかかる費用

隠岐空港から出雲空港間にかかる普通運賃は13800円です。その他、往復購入割引や株主優待割引、早期購入割引(ウルトラ先得、先得割引−タイプAなど)を利用することでお得に購入することができます。

島根県の人気グルメ・スポット

縁結びで名高い出雲大社をはじめ、日御碕神社、須佐神社など数々の有名な神社があり、パワースポットとしても近年再注目されています。また、宍道湖や野山の四季折々の風景を楽しめる一畑電車で旅情を感じたり、温泉でゆったり日々の疲れを癒したりと、ヒーリングにぴったりの地といえます。そして、出雲地方のグルメといえばやはり蕎麦が有名です。それぞれのお店ならではのこだわりやそばつゆの違いを食べ比べてみるのもおすすめです。

島根県・出雲空港のお土産

ひょっとこのお面をモチーフにしたかわいらしい「どじょう掬いまんじゅう」や老舗和菓子店・桂月堂の「薄小倉」などの和菓子が人気です。また、宍道湖で獲れるシジミを使った佃煮なども、おつまみとして人気があります。出雲空港内の「一畑百貨店 出雲空港売店」は島根県の特産品を数多く取り揃えています。

隠岐空港から出雲空港への空港情報

隠岐空港ー出雲空港への便

隠岐世界ジオパーク空港から出雲縁結び空港までは、1日1便のみです。運行会社はJALグループエアラインの日本エアコミューターになります。空港の公式webサイトによると、2018年9月1日から10月27日までは、隠岐世界ジオパーク空港を10時30分に出発し、出雲縁結び空港に11時00分に到着する便が設定されています。両空港の距離は近く、運行時間は30分です。機種はジェット機ではなくプロペラ機のため、座席も普通席36席と少なめです。利用を考えている場合は、早めの予約がおすすめです。

隠岐空港ー出雲空港を利用する人の目的

隠岐世界ジオパーク空港から出雲縁結び空港を利用する人の多くは観光を目的とした方々です。隠岐諸島は平成25年にユネスコ世界ジオパークの認定を受けました。ユネスコ世界ジオパークとは、地層、地形、火山、断層などの地質遺産を守り、さらに自然の成り立ちや人間との関わりを理解する場所として整備するという取り組みです。認定以来、隠岐諸島の注目度は高まり、国内外から数多くのお客様が訪れています。
隠岐諸島は島根半島から約40〜80kmの日本海上にある離島です。そのためアクセス方法は飛行機あるいはフェリーとなります。隠岐世界ジオパーク空港から本土への直行便は1日1便の大阪国際空港(伊丹空港)行きのみです。観光する方々の空の交通手段としてはこの便を使うかあるいは出雲縁結び空港行きの便となります。出雲縁結び空港からは羽田行き、伊丹行き、福岡行きなど国内のいくつかの空港への直行便が出ています。
また、隠岐世界ジオパーク空港から出雲縁結び空港までの便は、地域住民の方々も生活路線として利用しています。フェリーや高速船よりも早く本土に着くことができるためです。プロペラ機のため席数が少なく、また8月の繁忙シーズンなどには早いうちに席が埋まってしまう場合もあります。8月の利用を考えている場合は、日程が決まった時点で早めに座席予約しておくのが無難でしょう。

出雲空港の特徴

出雲縁結び空港は、小規模ながらも基本的な設備は整った空港です。1Fが到着ロビー、2Fが出発ロビー、3Fが展望デッキとレストランとなっています。レストランは3カ所あり、出雲の名物の蕎麦も味わえます。2Fには売店があり島根の特産品が売られているほか、授乳室もあります。待合室は2Fに1つありますが有料ですので、無料でゆっくりと寛げるような場所はありません。
天井には出雲の神話をイメージした雲の飾りがあるほか、駅と空港との連絡バスにも雲がデザインされています。空港からは出雲大社行きのバスも出ており、道が混んでいなければ乗車時間は40分前後です。駐車場はすべて無料です。

※2018年5月調査時点の料金および時間