利尻空港発 (北海道) 新千歳空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

利尻【RIS】 ➡ 新千歳 【CTS】

利尻 新千歳 着の最安値(全期間) ¥11,370 【2019年06月01日など】
2018 11
1 「最安値確認」 2 「最安値確認」 3 「最安値確認」
4 「最安値確認」 5 「最安値確認」 6 「最安値確認」 7 「最安値確認」 8 「最安値確認」 9 「最安値確認」 10 「最安値確認」
11 「最安値確認」 12 「最安値確認」 13 「最安値確認」 14 「最安値確認」 15 「最安値確認」 16 「最安値確認」 17 「最安値確認」
18 「最安値確認」 19 「最安値確認」 20 「最安値確認」 21 「最安値確認」 22 「最安値確認」 23 「最安値確認」 24 「最安値確認」
25 「最安値確認」 26 「最安値確認」 27 「最安値確認」 28 「最安値確認」 29 「最安値確認」 30 「最安値確認」
2018 12
1 「最安値確認」
2 「最安値確認」 3 「最安値確認」 4 「最安値確認」 5 「最安値確認」 6 「最安値確認」 7 「最安値確認」 8 「最安値確認」
9 「最安値確認」 10 「最安値確認」 11 「最安値確認」 12 「最安値確認」 13 「最安値確認」 14 「最安値確認」 15 「最安値確認」
16 「最安値確認」 17 「最安値確認」 18 「最安値確認」 19 「最安値確認」 20 「最安値確認」 21 「最安値確認」 22 「最安値確認」
23 「最安値確認」 24 「最安値確認」 25 「最安値確認」 26 「最安値確認」 27 「最安値確認」 28 「最安値確認」 29 「最安値確認」
30 「最安値確認」 31 「最安値確認」

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

利尻空港−新千歳空港間の移動にかかる時間と費用

利尻空港−新千歳空港の路線情報

利尻空港から新千歳空港で運行する航空会社は1社です。1日の運行本数はANA(全日空)の1本で14時15分の便のみです。

利尻空港から新千歳空港の所要時間

鴛泊フェリーターミナルから利尻空港まではバスで約15分、沓形バスターミナルからだと約40分です。手続きに1時間、利尻空港から新千歳空港間の搭乗時間は約55分なので、約2時間10分かかります。その他の移動手段はありません。

利尻空港−新千歳空港の移動にかかる費用

利尻空港から新千歳空港間の航空券の料金はANA(全日空)の場合26 300円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

北海道の人気グルメ・スポット

北海道には、日本最北の動物園「旭山動物園」、展望台から函館市内の夜景が一望できる「函館山」、多彩な泉質に恵まれた温泉郷「登別温泉」、石造りの倉庫郡や歴史的建造物が点在する「小樽運河」、工場見学やオリジナルスイーツも楽しめる「白い恋人パーク」など数多くの観光スポットがあります。人気のグルメは北海道ならではのヘルシーな焼肉「ジンギスカン」、新鮮な北海道産の海鮮を使った「海鮮丼」、バターやコーンが入った味わい深い味噌ラーメン「札幌ラーメン」、道産子のソウルフード「ザンギ」など。ハンバーガー愛好会の金賞を受賞した函館発のご当地レストラン「ラッキーピエロ」や甘い味付けがたまらない「ぱんちょう」の「豚丼」も人気です。

北海道、新千歳空港のお土産

新千歳空港内のお土産コーナーには、北海道のおいしいじゃがいもを使った北海道土産の定番であるカルビーの「じゃがポックル」「じゃがピリカ」、レーズンがふんだんに使いしっとりとした食感が魅力の六花亭の「マルセイバターサンド」、ANAビジネスクラスの機内食にも採用された甘酸っぱいハスカップゼリーとクリームをクッキーではさんだモリモトの「ハスカップジュエリー」、新千歳空港限定、グリコのキャラメルビスケット、ロイズの「チョコレートチップス」など、数多くの魅力的なお土産を購入できます。

利尻空港から新千歳空港への空港情報

利尻空港から新千歳空港への空港情報

利尻空港から新千歳空港への便は、直行便が1日1本出ています。出発時間は14:15、到着時間は15:10です。全日空(ANA)が運航します。価格は通常運賃が片道26300円です。往復割引を適用すれば、片道22200円で利用できます。ただし、運賃は予約の状況や利用する時期によって価格が変動します。観光シーズンや連休を避ければ、さらに運賃を抑えることも可能です。

利尻空港ー新千歳空港を利用する人の目的

利尻空港から新千歳空港へ向かう便を利用する人には、利尻島に住んでいる人や、ビジネスのために利用する人もいます。しかし、特に多いのが観光目的で利用する人です。海外や道外から来る人はもちろん、道内の旅行者もいます。利尻島には絶景スポットが数多く存在し、美しい景色や珍しい高山植物を見ることができます。特に6〜10月ごろは、利尻島観光のベストシーズンです。特に6〜8月は、エゾカンゾウやワタスゲ、カキツバタの開花時期で、この時期だけの絶景を味わうことができます。また、この時期は利尻山の雪が解けて、登山やトレッキングを楽しむにも最適です。
利尻島の観光スポットとして特に有名なのが、標高1721メートルにも及ぶ利尻山と、そのふもとに広がる姫沼です。利尻山は雪解けの短い時期以外は積雪が見られることもあり、登頂するにはある程度の体力と登山経験が必要です。しかし、5合目にある見返台園地なら、車で上がることもできるため、初心者でも絶景を楽しむことができます。体力に自信がない人は、姫沼の散策道を歩いてみるのも良いでしょう。原生林の向こうにそびえ立つ利尻島と、姫沼に写り込む山影を同時に眺めることができます。高山植物や湿生植物が群生する南浜湿原も、人気の散策コースです。さらに、利尻島の北に浮かぶ礼文島も、珍しい植物と絶景で有名な島です。利尻島からフェリーを使えば40分でアクセスできることから、利尻島観光と礼文島観光をあわせて楽しむ人も多いです。

新千歳空港の特徴

新千歳空港は道内はもちろん、全国各地へ向かう便や国際線も発着する、北海道でも特に大規模な空港です。そのため、空港内で利用できるサービスや施設も充実しています。新千歳空港は国内線ターミナルビルと国際線ターミナルビル、その中間の連絡施設に分かれており、いずれも地上4階・地下1階建てです。国内線の到着ロビーは国内線ターミナルビルの1階、出発ロビーは2階にあります。国際線の出発ロビーは3階にあるので、間違えないように気をつけましょう。

※2018年5月調査時点の料金および時間