利尻空港発 (北海道) 丘珠空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

利尻【RIS】 ➡ 丘珠 【OKD】

利尻 丘珠 着の最安値(全期間) ¥10,900 【2019年01月08日など】
2018 11
1 ¥12,100 2 ¥14,500 3 ¥24,200
4 ¥24,200 5 ¥24,200 6 ¥24,200 7 ¥12,100 8 ¥24,200 9 ¥24,200 10 ¥12,100
11 ¥24,200 12 ¥24,200 13 ¥24,200 14 ¥24,200 15 ¥14,500 16 ¥14,500 17 ¥24,200
18 ¥12,100 19 ¥12,100 20 ¥12,100 21 ¥12,100 22 ¥12,100 23 ¥15,500 24 ¥12,100
25 ¥15,500 26 ¥12,100 27 ¥12,100 28 ¥12,100 29 ¥12,100 30 ¥12,100
2018 12
1 ¥13,200
2 ¥13,200 3 ¥13,200 4 ¥13,200 5 ¥13,200 6 ¥13,200 7 ¥13,200 8 ¥13,200
9 ¥13,200 10 ¥13,200 11 ¥13,200 12 ¥13,200 13 ¥11,900 14 ¥11,900 15 ¥13,200
16 ¥13,200 17 ¥11,900 18 ¥11,900 19 ¥11,900 20 ¥13,200 21 ¥13,200 22 ¥13,200
23 ¥13,200 24 ¥13,200 25 ¥13,200 26 ¥13,200 27 ¥13,200 28 ¥13,200 29 ¥13,200
30 ¥13,200 31 ¥13,200

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

利尻空港−札幌丘珠空港間の移動にかかる時間と費用

利尻空港−札幌丘珠空港の路線情報

利尻空港−札幌丘珠間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、1日の運航本数は、JAL(日本航空)1本です。午後に1便運航しております。

利尻空港−札幌丘珠の所要時間

利尻空港までは鴛泊フェリーターミナルからバスで約15分、沓形バスターミナルから約40分程度です。搭乗手続きに1時間、利尻空港−札幌丘珠空港間の搭乗時間は約2時間なので、約3時間かかります。利尻島から札幌へ直行の他、交通機関はございません。

利尻空港−札幌丘珠の移動にかかる費用

利尻空港−札幌丘珠の飛行機の航空券の料金はJAL(日本航空)の場合24200円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

北海道の人気グルメ・スポット

札幌駅・大通駅近郊には流行の〆パフェのお店も多くあります。深夜遅い時間まで営業しているお店も多く、北海道のミルクを使用したソフトクリームなど、様々なスイーツを堪能することができます。またお土産としても有名な白い恋人のテーマパークがあります。白い恋人パークではお菓子をテーマにしたアトラクションや工場見学を楽しむことができます。その他にも白い恋人パークの限定商品あり、お土産にも人気です。

北海道、札幌丘珠空港のお土産

クッキーでクリームとレーズンを挟んだのマルセイバターやホワイトチョコレートでドライイチゴをコーティングしたお菓子などが有名な六花亭がお土産の定番となっております。その他にも、きのこの山やブラックサンダー、アポロなどの定番のお菓子も北海道限定の味が販売されており、いつもと違った味を楽しむことが出来ます。

利尻空港から与論島空港への空港情報

利尻空港ー与論島空港への便

利尻空港から与論空港に行くためには、与論空港への直行便が鹿児島空港、那覇空港からしか出ていないこともあり、そのどちらかの空港で乗り継ぎをしなければなりません。そのために、いくつかの飛行機を乗り継いで移動していく必要があります。乗り継ぎの仕方にはいくつかルートが考えられますが、そのうちの1つを紹介しましょう。
まず、夏季であれば利尻空港から新千歳空港への航路が日本航空(JAL)により提供されています。夏季限定の航路ですので、その航路がいつからいつまでなのかは、運行の1カ月前前後に発表されますので注目しておきましょう。それを利用し新千歳空港まで移動します。その後、新千歳空港から那覇空港まで、全日本空輸(ANA)を利用し移動します。そして、那覇空港から与論空港へと向かいます。那覇空港ー与論空港間の路線は、日本エアコミューター(JAC)によって片道1日1本就航しており、13時25分に出発ののち、14時5分に与論空港に到着です。

利尻空港ー与論島空港を利用する人の目的

この路線を利用する人は、与論島にて夏を満喫したい、与論島を観光したいという人が多いです。与論島の主な観光地には、百合が浜などが挙げられます。百合が浜は条件が揃ったときにだけ現れる幻の観光地であり、与論島の中でも最も有名なスポットになっています。百合が浜がいつ出現するかについてはスケジュールが公開されていますので、そちらを参考にしましょう。そのほか、大金久海岸や寺崎海岸など最高の海を満喫できるスポットもたくさんあります。
また、少し雰囲気を変えて赤崎鍾乳洞なども訪れるべき観光スポットです。地下水によって侵食され作り上げられた赤崎鍾乳洞は、それほど大きくないため気軽に見学することができます。加えて、与論島には鉄道はないものの、ヨロン駅という駅が存在しているのをご存知でしょうか。ヨロン駅は与論空港から徒歩で行くことができる場所にあり、美しい海を眺めることもできます。こちらもぜひ見ておきたい観光スポットです。

与論島空港の特徴

与論空港は島の西部に位置しており、空港付近にもヨロン駅などいくつかの観光地が存在しています。2階建ての空港で、1階には特産物などを扱うお土産店もあり、飛行機の発着時には賑わうようです。また、2階は展望デッキとなっており、ここからも与論島の風景を楽しめます。空港の規模が大きくない分、すぐ近くから滑走路を見ることができたりするなど、他の空港とは少し違った楽しみ方もできます。

※2018年5月調査時点の料金および時間