6191(株)エアトリ 東証一部上場 証券コード : 6191

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

与論空港発 (鹿児島県) 那覇空港着 (沖縄県) 格安航空券・LCCの最安値販売

与論【RNJ】 那覇 【OKA】

最安値 ¥9,020 【2020年9月1日など】
2020 6
1 ¥16,320 2 ¥16,320 3 ¥16,320 4 ¥16,320 5 ¥12,270 6 ¥12,270
7 ¥12,270 8 ¥12,270 9 ¥12,270 10 ¥12,270 11 ¥12,270 12 ¥12,270 13 ¥12,270
14 ¥12,270 15 ¥12,270 16 ¥12,270 17 ¥12,270 18 ¥12,270 19 ¥12,270 20 ¥12,270
21 ¥12,270 22 ¥12,270 23 ¥12,270 24 ¥12,270 25 ¥12,270 26 ¥12,270 27 ¥12,270
28 ¥12,270 29 ¥12,270 30 ¥12,270
2020 7
1 ¥9,820 2 ¥9,820 3 ¥9,820 4 ¥9,820
5 ¥9,820 6 ¥9,820 7 ¥9,820 8 ¥9,820 9 ¥9,820 10 ¥9,820 11 ¥9,820
12 ¥9,820 13 ¥9,820 14 ¥9,820 15 ¥9,820 16 ¥9,820 17 ¥12,770 18 ¥12,620
19 ¥12,620 20 ¥12,620 21 ¥12,620 22 ¥12,620 23 ¥13,120 24 ¥13,120 25 ¥13,120
26 ¥13,120 27 ¥12,620 28 ¥12,220 29 ¥12,220 30 ¥12,220 31 ¥12,420

※搭乗日によって価格が前後します。
カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。

与論【RNJ】→ 那覇【OKA】 2020年06月10日出発

与論【RNJ】→ 那覇【OKA】フライト便利情報

交通手段最安値比較

沖縄から沖縄までの移動手段の中で最も安い交通手段をカンタンに比較できます。

与論→那覇 片道

飛行機 ¥11,100〜 新幹線 高速バス
航空券を検索

与論【RNJ】 → 那覇【OKA】フライト情報

  • ¥16,320

    先月の最安値の航空券(片道)
  • 1

    直行便航空会社
  • 約 0 時間 45 分(231 km)

    平均飛行時間(合計距離)
  • 日本航空(JAL)

    先月の最も人気の航空会社

国内航空券よくあるご質問国内航空券よくあるご質問

与論空港−那覇空港の移動にかかる時間と費用

与論空港−那覇空港の路線情報

与論空港から那覇空港で運航する航空会社はRAC(琉球エアコミューター)1社です。1日の運航本数は1本、夏場や年末年始は1日2本運航する場合があります。

与論空港−那覇空港の所要時間

島の中心地である茶花から与論空港までは車で5分程度です。搭乗手続きに1時間、与論空港から那覇空港の搭乗時間は35分なので、約1時間40分かかります。フェリーで行く場合は、5時間かかります。飛行機で移動する場合、フェリーの移動に比べ3時間20分程度早いです。

与論空港−那覇空港の移動にかかる費用

与論空港から那覇空港の飛行機の航空券の料金は15900円からです。早期購入や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。フェリーで行く場合は、等級によって料金は異なりますが、2等で4220円です。

沖縄県の人気グルメ・スポット

沖縄県では、シュノーケリングやパラセーリングなどのアウトドアの他、「紅型」や「やちむん」といったものづくり体験を行うことができます。自然も豊かであり、マングローブツアーや東洋一美しい鍾乳洞「玉泉洞」もあります。沖縄伝統衣装の「琉装」で首里城などを散策するのもオススメです。ご当地グルメには、ミミガーやラフテーなどの豚肉料理があり、沖縄県の定番ビールである「オリオンビール」と合わせていただくと美味しいです。

沖縄県、那覇空港のお土産

「元祖紅いもタルト」や「新垣ちんすこう」、「沖縄ソーキそば」はお土産の定番です。那覇空港で買えるお土産には、カラフルで涼しげな見た目が特徴の「美ら海ソルベ」や、風化した珊瑚で焙煎した「35COFFEE」 那覇空港オリジナルの泡盛である「ホワイトタイガー」などがあります。また、きらきら輝く「ちゅら玉」や伝統工芸品の「琉球ガラス」は、女性やカップルに人気のお土産です。

与論島空港から那覇空港への空港情報

与論島空港ー那覇空港への便

与論空港からの路線は、与論空港ー鹿児島空港と与論空港ー那覇空港の2つの路線があり、那覇空港への便は片道1日1本のみ運行しています。運行しているのは日本エアコミューター(JAC)という、日本航空(JAL)グループの航空会社です。飛行時間は40分であり、与論空港を14時30分に出発ののち、15時10分に那覇空港に到着します。時期による変動はあるものの、普通運賃は15900円とされており、さらに28日前の早期購入割引などを利用することで最大6000円程度の割引が見込まれます。

与論島空港ー那覇空港を利用する人の目的

沖縄と与論島を同時に観光したいという方々がこの路線を使用することが多いです。そのため、与論島から沖縄に出かける方も少なくないですが、与論島を観光した方が沖縄に帰るのに本便を使用します。
与論島の主な観光地は、天候や海の条件などが揃ったときにだけ現れる幻の百合が浜などが挙げられます。与論島では最も有名で人気の観光地です。2018年の百合が浜出現時期は1?11月とされていますが、百合が浜がいつ現れているかについてはスケジュールが公開されていますので、観光に行く際はそちらを参考にしましょう。与論島での宿泊も、島唯一の高級ホテルであるプリシアリゾートヨロンを利用したり、映画「めがね」のロケ地にもなっている与論島ビレッジを利用したりすることで、与論島の自然と美しい風景を存分に味わうことが可能です。
与論空港から那覇空港に移動し、そのまま住んでいる地域へと戻って行く方も多いですが、与論島観光ののちに沖縄を観光する方も多いです。ジンベイザメがいることでも有名な美ら海水族館や、美しい海の風景を満喫できる古宇利大橋など、訪れるべき観光地がたくさんあります。古宇利大橋の先にある古宇利島は、ハート形に見えるハートロックがCMの影響で話題にもなりました。青の洞窟やビーチなど、大自然を満喫できる場所も多いです。飛行機を利用することで、与論島と沖縄の二箇所を同時に満喫することができるでしょう。

那覇空港の特徴

那覇空港は国内線、国際線ともに本数が多いことから、非常に利用しやすい空港として整えられています。繁忙期になると海外からのお客様や修学旅行生で混み合うこともありますので、少し時間に余裕をもって利用するのが良いでしょう。空港の中にもお土産屋がたくさん揃えられており、非常に充実しています。空港に行ってしまえばなんでもできてしまうほどの大きな施設です。また、沖縄の各観光地へのアクセスも整えられており、沖縄観光のかなめともいえる空港です。

※2018年5月調査時点の料金および時間

海外旅行

与論空港発の格安航空券

那覇空港着の格安航空券