仙台空港発 (宮城県) 那覇空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

仙台【SDJ】 ➡ 那覇 【OKA】

仙台 那覇 着の最安値(全期間) ¥16,730 【2019年01月30日など】
2018 11
1 ¥53,430 2 ¥53,430 3 ¥26,830
4 ¥26,830 5 ¥71,030 6 ¥53,430 7 ¥26,830 8 ¥26,830 9 ¥26,830 10 ¥26,830
11 ¥53,430 12 ¥53,430 13 ¥26,830 14 ¥26,830 15 ¥26,830 16 ¥26,830 17 ¥26,830
18 ¥26,830 19 ¥26,830 20 ¥26,830 21 ¥26,830 22 ¥26,830 23 ¥53,430 24 ¥26,830
25 ¥26,830 26 ¥53,430 27 ¥26,830 28 ¥26,830 29 ¥26,830 30 ¥26,830
2018 12
1 ¥56,030
2 ¥56,030 3 ¥28,130 4 ¥28,130 5 ¥28,130 6 ¥59,830 7 ¥56,030 8 ¥22,730
9 ¥22,730 10 ¥20,930 11 ¥20,930 12 ¥20,930 13 ¥20,930 14 ¥20,330 15 ¥22,130
16 ¥22,130 17 ¥20,330 18 ¥20,330 19 ¥20,330 20 ¥20,330 21 ¥20,330 22 ¥22,130
23 ¥22,130 24 ¥20,330 25 ¥20,330 26 ¥22,030 27 ¥20,330 28 ¥26,530 29 ¥37,630
30 ¥53,930 31 ¥65,330

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

仙台空港−那覇空港間の移動にかかる費用と時間

仙台空港−那覇空港の路線情報

仙台空港から那覇空港間で運航する航空会社は1社です。1日の本数はANA(全日空)1本で、運航時間は11:50です。

仙台空港−那覇空港の所要時間

仙台駅から仙台空港までは電車で約25分です。搭乗手続きに1時間、仙台空港から那覇空港間の搭乗時間は約3時間なので、約4時間かかります。

仙台空港−那覇空港の移動にかかる費用

仙台空港から那覇空港間の飛行機の航空券の料金はANA(全日空)の場合16 500円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

沖縄県の人気グルメ・スポット

沖縄県には世界遺産に登録されている赤い建物が特徴の首里城、国内最大の水槽・黒潮の海がある「美ら海水族館」やインスタ映えスポットの「ハートロック」、お土産屋さんや飲食店が並ぶ国際通りなど数多くの観光スポットがあります。人気のグルメは沖縄伝統の揚げドーナツのサーターアンダギーやおなじみの沖縄そばはもちろん、ソウルフードのタコライスなど地元民に愛されているグルメも楽しむことができます。那覇空港内には琉球料理をリーズナブルに食べられる空港食堂があり出発直前まで楽しむことができます。

沖縄県、那覇空港のお土産

沖縄の定番のお土産はインテリアとしても使える魔除けのシーサーやサクサクの食感がたまらない琉球伝統菓子のちんすこう、沖縄県産紅芋を100%使用したしっとり食感の紅芋タルトなどです。那覇空港限定のお土産は、紅芋クリームとレアケーキの2層仕立てで滑らかな舌触りのフェスティバロの「紅芋レアケーキshuri」がおすすめです。

仙台空港ー那覇空港への空港情報

仙台空港ー那覇空港への便

仙台空港から那覇空港への便は11時50分発14時45分着の便が1日1便出ています。航空会社はANAです。早期購入割引があるため、早めに予約するといいでしょう。株主優待割引は株主でない方も利用できます。株主優待割引の航空券は2カ月前からの発売です。ANAで株主優待割引を利用する場合は1路線に付き別途1080円の取扱料金がかかります。

仙台空港ー那覇空港を利用する人の目的

仙台空港から那覇空港までの航空を利用する人は旅行や仕事などを目的としています。那覇空港周辺は観光地が多く、新婚旅行などで利用する人も少なくありません。那覇空港から車で15分の位置には県内最大のビーチ「美らSUNビーチ」があります。美しい白い砂と透き通る青い海が人気の人工ビーチです。
沖縄の伝統的な建築物として首里城が有名でしょう。300年以上前からある琉球国の建築物で沖縄独自の様式と中国の様式を組み合わせて作られました。首里城は平成4年に正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元されていますが、復元された箇所を除く首里城の一部が平成12年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。
首里城周辺には同じく世界遺産に登録された玉陵、園比屋武御嶽石門のほか、第二尚氏の菩提寺である円覚寺跡、国学孔子廟跡などの文化財があります。那覇空港から近いことから飛行機の待ち時間に立ち寄る人も少なくありません。
首里城から徒歩約5分の位置にある「首里 琉染」では、サンゴの化石を使った「サンゴ染め」が体験できます。沖縄ではサンゴは幸せを呼ぶ縁起ものとされている子孫繁栄や長寿のシンボルです。結婚や出産の記念、プレゼントなどで人気があります。サンゴ染めの体験は事前予約が必要です。
那覇空港から車で20分の位置にある沖縄県最大の繁華街、国際通りの一角には壺屋焼きの直売店と販売店が連なるやちむん通りがあります。石垣や赤瓦の屋敷などの昔ながらの沖縄の面影を残す通りです。350年以上の歴史を誇る伝統的な焼き物から現代風の焼き物の販売店が連なっています。

那覇空港の特徴

沖縄で人気のグルメと言えば「沖縄そば」「ジーマミー豆腐」「ジューシー」が有名です。沖縄そばの麺はそば粉ではなく小麦粉で作られています。ダシは豚骨と鰹節を使っており具は三枚肉やかまぼこ、ネギなどが乗せられています。骨付き肉が乗っている沖縄そばはソーキそばという名称で有名です。
ジーマミー豆腐は沖縄の地豆であるピーナッツで作られた豆腐です。ピーナッツのしぼり汁とサツマイモのデンプンを練って固められており、一口食べるとピーナッツ特有の香ばしさが広がります。ジューシーは豚肉をベースに、ひじきやニンジンなどの具材を入れた炊き込みご飯です。沖縄の家庭料理と言われていますが、沖縄そばの店や食堂などでも食べることができます。
沖縄の豆腐料理には「豆腐よう」と呼ばれる変わった豆腐もあります。琉球王朝時代に伝わった高級珍味で、島豆腐を発酵・熟成させた料理です。米粒ぐらいにすりおろして食べる豆腐で、なめらかな舌触りと独特の風味が楽しめます。味は生産者ごとに違うため、色々な店で購入した豆腐ようを食べ比べてみるのもいいでしょう。
パパイヤイリチーは熟す前の青いパパイヤを千切りにしたものと、豚肉、ニンジンなどと一緒に炒めてしょうゆや砂糖で味付けした沖縄の家庭料理です。家庭ごとに味が異なっており、シーチキンやゴボウなどを入れても美味しいでしょう。
沖縄は「サーターアンダギー」や「ちんすこう」などのお菓子も有名です。サーターアンダギーは沖縄のドーナッツとも呼ばれており、カリッとした触感が特徴的です。小麦粉、砂糖、卵を低めの温度で揚げており、昔は贅沢品といわれていました。今でも十三祝いや還暦祝いの場では欠かせないお菓子です。
同じく贅沢品と呼ばれていた「ちんすこう」は琉球王家や貴族の間でも特別の日以外にはめったに口にすることができないとされていました。今でも祝儀法事などで食べられています。現代料理のちんすこうは小麦を使ったものですが、本来は蒸した米粉に砂糖とラードをこねて作られたものです。お土産としてはパイナップルやマンゴーなどの果物が入ったものも売られています。

仙台空港へのアクセス

仙台空港は仙台空港鉄道株式会社運営の仙台空港駅と隣接しており、直通の仙台空港アクセス線が利用できます。普通電車なら25分、快速では17分で到着です。岩手、秋田、山形、福島からは観光バスも出ています。また、仙台空港敷地内には1576台停めることができる駐車場も完備しており、第1駐車場の一部は予約専用の駐車場です。確実に駐車したい場合は予約しておくといいでしょう。

仙台空港ー那覇空港への航空会社の運行本数

仙台空港から那覇空港までの航空機は1日1便です。航空会社はANAになります。

仙台空港ー那覇空港への時期による利用者数

仙台空港と那覇空港間の利用者数は2017年では1万4139人です。航空機で提供された座席数は1万6532席のため搭乗率は85%以上となります。2016年の搭乗率は71.9%だったため、年々搭乗率が上がっていることが分かるでしょう。

仙台空港ー那覇空港への利用者の多い時間帯

仙台空港から那覇空港は11時45分発の1日1便です。

仙台空港ー那覇空港への距離

仙台空港から那覇空港までの距離は2484kmです。

※2018年5月調査時点の料金および時間