対馬空港発 (長崎県) 長崎空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

対馬【TSJ】 ➡ 長崎 【NGS】

対馬 長崎 着の最安値(全期間) ¥7,250 【2018年11月10日など】
2018 11
1 ¥15,850 2 ¥14,500 3 ¥14,500
4 ¥14,500 5 ¥14,500 6 ¥14,500 7 ¥14,500 8 ¥14,500 9 ¥15,850 10 ¥7,250
11 ¥7,250 12 ¥7,250 13 ¥14,500 14 ¥14,500 15 ¥14,500 16 ¥15,850 17 ¥7,250
18 ¥7,250 19 ¥7,250 20 ¥12,100 21 ¥12,100 22 ¥7,250 23 ¥7,250 24 ¥7,250
25 ¥7,250 26 ¥7,250 27 ¥7,250 28 ¥7,250 29 ¥7,250 30 ¥7,250
2018 12
1 ¥7,550
2 ¥7,550 3 ¥7,550 4 ¥7,550 5 ¥7,550 6 ¥7,550 7 ¥7,550 8 ¥7,550
9 ¥7,550 10 ¥7,550 11 ¥7,550 12 ¥7,550 13 ¥7,550 14 ¥7,550 15 ¥7,550
16 ¥7,550 17 ¥7,550 18 ¥7,550 19 ¥7,550 20 ¥7,550 21 ¥7,550 22 ¥7,550
23 ¥7,550 24 ¥7,550 25 ¥7,550 26 ¥7,550 27 ¥7,550 28 ¥7,550 29 ¥11,200
30 ¥11,200 31 ¥11,500

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

対馬空港−長崎空港間の移動にかかる時間と費用

対馬空港−長崎空港の路線情報

対馬空港から長崎空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、ANA(全日空)とORC(オリエンタルブリッジ)の共同運航で5本です。19時50分まで運航しています。

対馬空港−長崎空港の所要時間

対馬空港までは市内から車で20分程度です。搭乗手続きに1時間、対馬空港から長崎空港間の搭乗時間は約35分なので、約2時間かかります。

対馬空港−長崎空港の移動にかかる費用

対馬空港から長崎空港間の飛行機の航空券の料金はANA(全日空)の場合12 100円です。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

長崎県の人気グルメ・スポット

長崎にはヨーロッパの町並みを再現した「ハウステンボス」や海の上の世界遺産である「軍艦島」など数多くの観光スポットがあります。人気グルメの「長崎ちゃんぽん」や「佐世保バーガー」の他にもB級グルメの「トルコライス」などがあります。また、長崎空港内にはさまざまな種類のレストランがあり、「つばき」は幻のうどんと呼ばれる五島手延うどんや「牡丹」は長崎自慢のちゃんぽんや皿うどんを堪能できます。

長崎県、長崎空港のお土産

長崎で定番のお土産は、長崎銘菓である「カステラ」や長崎の名産でボラの卵「からすみ」、甘いクリームとやわらかい生地の相性が抜群な「長崎物語」などが有名です。また長崎空港内のお土産コーナーには、長崎の郷土料理「ザボン漬け」やさつまいもともち米のみの味が楽しめる「かんころ餅」などがあります。この他にも「九十九島せんぺい」や「皿うどんチョコレート」など、数多くのご当地のお土産を購入できます。

対馬空港からへの長崎空港への空港情報

対馬空港ー長崎空港への便

対馬空港から長崎空港へはANA(全日本空輸)が1日4本または5本の頻度で就航しています。対馬空港を出発する始発便は対馬空港を9時15分に離陸し、長崎空港に9時50分に到着するANA4652便です。最終便は対馬空港を19時50分に離陸するANA4662で、長崎空港へは20時25分に着きます。普通席のみの運航で、3日前迄特割を利用することが可能です。

対馬空港ー長崎空港を利用する人の目的

対馬は長崎県に属している島であることから、対馬の住民が本土の長崎県内の街に用事やビジネスで出向く目的で利用する機会があります。また、対馬に仕事で訪れた人が帰る際などに、ビジネス目的で利用することもあるでしょう。対馬からは船を使って本土の九州までアクセスすることも可能ですが、フェリーやジェットフォイルは長崎県方面へは直接運航しておらず、福岡県の博多港にしか行っていません。そのため、時間をかけずに長崎市内などへ行きたい場合は、対馬空港と長崎空港を結んでいる飛行機を利用するのが便利です。
対馬は九州と韓国の間に浮かぶ国境の島で、古くから朝鮮半島と日本をつなぐ地として歴史を感じさせるスポットが点在しています。また、多くが壱岐対馬国定公園に含まれ、複雑に入り組んだリアス式海岸や手つかずの原生林が残されています。海でシーカヤックを楽しんだり、原生林をトレッキングしたりするツアーも組まれ、観光で訪れる人も多い島です。そのため、対馬に観光に来た人が帰るために対馬空港から長崎空港への便を利用することがあります。

長崎空港の特徴

長崎空港のターミナルビル1階にはコンビニや長崎土産、カステラなどの購入ができるショップ、うどん店や中華レストランなどがあります。2階にも鮨店やレストラン、カフェがあるほか、お土産が買えるショップが豊富です。また、ターミナルビル内には特別待合室やコインマッサージチェアコーナー、ビジネスラウンジなどの施設があります。さらに、1階到着ロビーと2階にはレンタカー受付やハウステンボス案内デスクもあるため、長崎観光やハウステンボスに行く予定の人は便利です。携帯充電器や無料無線LAN、インターネットコーナーなどもターミナルビル内に設置されています。
長崎空港ではベビーカーの貸し出しをしているほか、子供を遊ばせることができるキッズスペースや芝生スペース、ゲームコーナーもあり、子供連れのファミリーにも空き時間を過ごしやすい空港です。また、東京方面に帰る人にとって便利な、京浜急行と東京モノレールの発券機が国内線搭乗待合室内にあります。

※2018年5月調査時点の料金および時間