稚内空港発 (北海道) 新千歳空港着格安航空券・LCCの最安値販売

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

稚内【WKJ】 ➡ 新千歳 【CTS】

稚内 新千歳 着の最安値(全期間) ¥7,170 【2019年03月22日など】
2018 11
1 ¥10,870 2 ¥10,870 3 ¥10,870
4 ¥10,870 5 ¥10,870 6 ¥10,870 7 ¥10,870 8 ¥10,870 9 ¥10,870 10 ¥10,870
11 ¥10,870 12 ¥10,870 13 ¥10,870 14 ¥10,870 15 ¥10,870 16 ¥10,870 17 ¥10,870
18 ¥10,870 19 ¥10,870 20 ¥10,870 21 ¥10,870 22 ¥10,870 23 ¥10,870 24 ¥10,870
25 ¥10,870 26 ¥10,870 27 ¥10,870 28 ¥10,870 29 ¥10,870 30 ¥10,870
2018 12
1 ¥11,270
2 ¥11,270 3 ¥11,270 4 ¥11,270 5 ¥11,270 6 ¥11,270 7 ¥11,270 8 ¥11,270
9 ¥11,270 10 ¥11,270 11 ¥11,270 12 ¥11,270 13 ¥11,270 14 ¥11,270 15 ¥11,270
16 ¥11,270 17 ¥11,270 18 ¥11,270 19 ¥11,270 20 ¥11,270 21 ¥11,270 22 ¥11,270
23 ¥11,270 24 ¥11,270 25 ¥11,270 26 ¥11,270 27 ¥11,270 28 ¥11,270 29 ¥11,270
30 ¥11,270 31 ¥11,270

※搭乗日によって価格が前後します。カレンダーの日付をクリックして、便選択ページにおすすみください。
※価格は在庫によって変動します。運賃は、検索結果画面をご確認ください。

稚内空港−新千歳空港間の移動にかかる時間と費用

稚内空港−新千歳空港の路線情報

稚内空港から新千歳空港間で運航する航空会社は1社です。1日の運航本数は、ANA(全日空)2本です。17時30分が最終便です。

稚内空港−新千歳空港の所要時間

空港連絡バスを利用した場合、フェリーターミナル前から空港ターミナルまでは25分程度です。搭乗手続きに1時間、稚内空港から新千歳空港間の搭乗時間は約1時間なので、約2時間かかります。

稚内空港−新千歳空港の移動にかかる費用

稚内空港から新千歳空港間の飛行機の航空券の料金はANA(全日空)の場合6 800円からです。早期購入割引や株主優待割引を利用すればお得に航空券を予約できます。

北海道の人気グルメ・スポット

北海道には水質が日本一きれいでレジャーを楽しめる支笏湖や、お菓子作り体験やイルミネーションを楽しむことができる「白い恋人パーク」などの数多くの観光スポットがあります。また、北海道の郷土料理である臭みのないラムを使ったジンギスカン、味噌・醤油・塩味を楽しめるラーメン、カレースープなどの北海道おなじみのグルメも楽しむことができます。新千歳空港内は施設が充実しており、映画館、温泉などをはじめ、有名なチョコレート会社ロイズのチョコレートミュージアムや工場見学を楽しむことができます。

北海道、新千歳空港のお土産

北海道の定番のお土産は、甘いチョコレートとポテトチップスの塩味が相性抜群のロイズのポテトチップチョコレート、サクサクのビスケットにたっぷりのクリームとレーズンが挟まったマルセイのバターサンドなどです。新千歳空港内限定のお土産は名産品のハスカップを使った花畑牧場の生キャラメル、3種のスパイスに合わせマシュマロをサブレで挟みさらにチョコレートでコーティングしたスナッフルスのふわふわサンドクッキーなどがあります。その他にも魅力的なお土産を購入することができます。

稚内空港から新千歳空港への空港情報

稚内空港から新千歳空港への便

稚内空港から新千歳空港への便は、直行便が1日2本出ています。始発は11:50発、12:45着です。最終便は17:30に出発し、18:25に到着します。運賃はどちらの便も、通常料金が片道24100円、往復便は片道21200円です。運賃は利用するシーズンや予約状況によって変わる可能性があります。確実に座席を確保するためにも、早めの予約を心がけましょう。

稚内空港ー新千歳空港を利用する人の目的

稚内空港から新千歳空港への便を利用する人の目的は、観光やビジネスなどさまざまです。稚内空港から新千歳空港へ向かった後、さらに国際線や国内線を乗り継いで道外へ出る人もいます。しかし、特に多いのは、稚内市から千歳市へ観光に行く人です。日本最北端の地として知られる稚内市には、宗谷岬やノシャップ岬など、有名な観光スポットが数多く存在します。また、広く真っ直ぐな道が多いことから、ツーリングコースとしても人気です。特に有名なのが道道106号線、通称「オロロンライン」です。「ライダー憧れの道」ともいわれるオロロンラインでは、全国から集まったライダーがツーリングを楽しんでいます。
新千歳空港を有する千歳市も、観光地として有名です。特によく知られているのは支笏湖です。景色を眺めるだけでなく、春から夏にかけてはカヌーやカヤックを体験したり、遊覧船に乗ったりと、さまざまな楽しみ方ができます。また、支笏湖の湖畔は支笏湖温泉や支笏湖いとう温泉、丸駒温泉などを有する温泉街です。支笏湖を満喫した後は、旅館に泊まったり、日帰り温泉を楽しんだりするのも良いでしょう。グルメスポット巡りも、千歳市観光の目玉の1つです。1988年に創業した千歳ワイナリーでは、千歳市の特産品であるハスカップを使ったワインが販売されています。ワインの試飲やテイスティングができる工場見学ツアーも人気です。北海道箱根牧場では牛の乳搾りや野菜の収穫など、牧場体験を通して新鮮な食材を楽しむことができます。

新千歳空港の特徴

新千歳空港は地上4階、地下1階建ての大規模な空港です。2階から4階にかけてはフードコートやギフトショップだけでなく、映画館や温浴施設まであります。また、館内のほぼ全域で無線LANに接続できるうえ、インターネットコーナーや携帯電話の充電スペースも利用可能です。WiFiルーターや携帯電話の貸出も行っています。子どもも楽しめるイベントブースや展望デッキなど、小さな子どもが楽しめる施設が充実しているのも、新千歳空港の特徴です。

※2018年5月調査時点の料金および時間