エアトリ女子旅/日帰りでも沖縄は楽しめる!お土産~帰阪編
2017.08.22

「日帰りでも沖縄は楽しめる!準備編」はこちら
「日帰りでも沖縄は楽しめる!北谷フォトジェニック編」はこちら

●お土産は地元の名産品をお得にゲット!

昼食にカフェにビーチにとたくさん楽しみ、気づけば時刻は14時過ぎ。
もう日帰り旅も後半に差し掛かってきたところで、お土産探しです!

アメリカンビレッジはたくさんのお店があるので、名産品など探せばキリがないのですが…
今回は時間短縮!そしてより安く!食べ物を中心にお土産を探したかったので、イオン北谷店に行きました!
アメリカンビレッジ内にあり、駐車場も完備されているので、地元の人も多く利用しています。

ここイオン北谷店は1階が食品売場、2階が衣料品などの売場になっていて、みなさんが地元でよく行くイオンと同じような作りになっています。
ただ、沖縄ならではの食品や雑貨もちゃんと置いてあるんですよ!

1階食品売場はレジ付近に沖縄県産品コーナーがあり、旅のお土産にピッタリなお菓子などの食品やシーサーなどの雑貨などが揃っています。

私は友達に配りやすいお菓子を中心に買いました。種類も豊富なので助かります。
沖縄土産の定番である「ちんすこう」や「紅芋タルト」も一般的なお土産屋さんより安くゲットできちゃいます!

あとは自宅でも沖縄料理を楽しみたかったので、沖縄の家庭料理「じゅーしい」の素や「島らっきょう」を買いました。
新鮮な地元の野菜など食料品を安く買えるのもスーパーならではですよね!

●帰りはリムジンバスで空港へ直行!
欲しかったお土産もだいたい揃ったところで、いよいよ空港へ向かいます。
帰りはアメリカンビレッジ内にある「ザ・ビーチタワー沖縄」というホテルから出ている空港リムジンバスを利用することにしました。
路線バスに比べて本数は少ないものの、ホテルと空港の行き来のみなので、迷うことなく安心です!

ホテルのフロントにてバス利用券を購入します。値段は800円と路線バスとさほど変わりません。
不安なことがあればホテルの方にすぐ聞けるし、事前に案内もあるため、バスを乗り過ごすこともないですね!

いくつかの主要ホテルを経由して、那覇空港へは約1時間で到着しました。

●出発までの時間を活用!意外と楽しめる那覇空港!

空港に到着したのが15:45頃で、私が乗る便は17:00発。
航空券の手続きを済ませてもまだ時間に余裕があったので、空港内をぶらぶらしてみることにしました。

飲食店やお土産屋さんが多く、これだけたくさんあればお土産の買い忘れなどもないですね。

たくさんお店がある中で目を引いたのが、ANA FESTAにある100円コーナー!
沖縄のおかしが食べきりサイズの100円で売っていました。
お土産は揃えたつもりでしたが、配りやすいサイズで、気になるものがいくつかあったのでゲット!

ゴーヤチャンプルチップスはゴーヤーの香りや苦味のあるえびせんで美味しかったです。
このサイズならお酒のおつまみにも良さそう!泡盛などと一緒にお土産にするのもいいですね。

他にも沖縄名産の紅芋や黒糖や島唐辛子などを使ったお菓子など色々ありましたよ!

●搭乗口ギリギリまで沖縄を楽しむ!
少し時間に余裕を持って、手荷物検査を済ませ保安検査場の中へ。
せっかくの旅行なのに飛行機の時間が不安でついつい焦って搭乗口へ向かってしまい時間を持て余す…なんてこともここならありません!

なんと那覇空港の保安検査場を過ぎると中にはハイブランド商品を免税価格で買うことができる「DFS T GALLERIA」があります!
搭乗時間までショッピングを楽しむことができていいですよね。
免税価格でサングラスやバッグや香水などもお得に買えて嬉しい!見るだけでも楽しいです。

私はショッピングよりも食べることが大好きなので、今回の旅で最後まで我慢していたアイスを探しに行きました!

さとうきび味や黒糖味などのカップアイスもたくさん見かけましたが、私はこの紅芋ソフトが一番好きです!

炎天下の中一日歩き回っていたので、火照った体を冷やしてくれるアイスは最高でした!
搭乗の直前まで沖縄の名産を味わって、待合スペースでゆっくり過ごしました。

●楽しい旅も終わり!帰路へ。
17:00になりいよいよ帰りの便が出発です。
窓側の席だったので、沖縄の青い空、透きとおる海、本島を空の上から眺めることができました。
「あーもうこれで沖縄旅も終わりなんだなー」と少し寂しい気分にもなりましたが、今日1日をふり返っているうちに大阪国際空港に到着しました。

上空の気流の関係で少し遅れは出ましたが、19:20には到着口を出ることができました。
この時間であれば帰ってゆっくり寝ることができるので、次の日の仕事にも響かずいいですよね!
預け荷物がないので帰りも身軽です!帰ってから面倒な荷物の整理をしなくていいのも日帰り旅の良いところ。

空港を出ると雨は上がっていたものの、やっぱり夜は少し肌寒く、沖縄での暑さが夢みたいでした。

たった1日でしたが、旅が終わってみると1日とは思えないくらい、いっぱい楽しめたなという感じです!
本州とは気候も景色も全然違う沖縄に行くことで、いつもとは違った特別な時間を過ごせたし、連休がなくてもリゾート感を味わえてリフレッシュできました!
飛行機を利用すれば短い時間で遠くまで行けるからいいですよね。

みなさんも今度の休み、思いきって沖縄へ行ってみては?
1日でも1人でも楽しめる、新しい発見いっぱいの沖縄旅でした!

「日帰りでも沖縄は楽しめる!準備編」はこちら
「日帰りでも沖縄は楽しめる!北谷フォトジェニック編」はこちら

まりさんのインスタグラムはこちら

関連記事

東京から沖縄では日帰り旅行を楽しめる?日帰り旅行プランを紹介 【エアトリよりお知らせ】 首里城正殿火災の影響により、首里城公園(有料施設を含む園内施
ココは行かなきゃ!沖縄の観光スポット32選 【エアトリよりお知らせ】 首里城正殿火災の影響により、首里城公園(有料施設を含む園内施
何時間滞在できる?沖縄を日帰りで旅行することは可能!? 沖縄に日帰りで旅行したいと考えている人もいるのではないでしょうか。日帰りで沖縄まで行く
沖縄旅行に行くならどの時期がおすすめ? 沖縄は海水浴やマリンスポーツなどで人気の観光地です。しかし沖縄の魅力は海以外にもありま