エアトリ女子旅/弾丸沖縄旅行・アジアンカフェとパワースポット編
2017.08.22

「弾丸沖縄旅行・海の博物館編」はこちら

沖縄旅行には車が必須!って、思っていませんか?
沖縄行くならレンタカーいるでしょ!
え?沖縄行くのに車運転できる人がいないの?

なんて声をよく聞きます。確かに沖縄旅行には車があった方が良い時もあります。海中道路やニライカナイ橋など、景色最高なドライブコースがたくさんあるからです。でも…別に車がなくたって沖縄旅行は楽しめます。車を運転しないならお酒も飲めるし、1人や2人での旅だとレンタカーより公共交通機関を利用した方が割安です。

【車がない沖縄旅行の楽しみ方~基本編~】
那覇市内ならゆいレールというモノレールが走っています。本数も多く、24時間乗り放題券は700円とかなりお得です。
ゆいレールが走っていない範囲へ行くならば、オプショナルツアーとしてバスツアーに申し込むという手があります。集合時間や行先があらかじめ決まっているため、自分のペースで観光することができないものの、観光施設の入場券がもともとついていたりして、1人や2人での旅ならばレンタカーより割安になる場合が多いです。
またお金はかかりますが、タクシーを使うという手もあります。

【車がない沖縄旅行の楽しみ方~応用編~】
基本編で先ほど書いた方法では行きにくい場所もあります。
例えば海の見えるおしゃれなカフェの多い本島南東部。
ゆいレールはもちろん通っていません。こちらに行くバスツアーもあまりありません。タクシーで行くことはできますが、那覇空港からと考えるとかなりお金がかかります。

じゃあどうするのかというと…バスを使うんです。沖縄のガイドブックやインターネットサイトではほとんど紹介されていませんが、沖縄本島にはたくさんバスが走っています。もちろんバスでは行けない場所もありますし、本数が少ないといったデメリットもあります。
けれどたいていの場所はバスをうまく使えば行けちゃいます。ガイドブックに「○○インターから10分」としか書かれていなくてもまだあきらめないで。バスで行けるかもしれません。

【カフェくるくま】
今回わたしが絶対に行きたいと思った場所は、カフェくるくま。海が見える絶景テラス席があり、タイ人シェフが作る本場タイ料理の味が絶品だと、テレビで見て知りました。ガイドブックにも必ずと言って良いほど掲載されています。アクセスをガイドブックで調べてみると「南風原南ICから車で20分」と書かれていました。そう、車での行き方しか書かれていません。

でもあきらめてはいけません。バスの路線図と地図を見比べてみて、近くにバス停がないか探してみます。すると近くに「知念」というバス停があることが判明。
バス停からカフェくるくままでの道のりはスマホで検索します。徒歩13分と判明しました。これならバス停から歩けそうです。

そして実際に行ってきました。バス停知念で降りて歩きます。行きはかなりの坂道だったのが盲点でした…。
そして到着。この日はあいにくの雨。テラス席で海を眺めながらのんびりしたかったのですが、今回はあきらめて店内で食べることにしました。注文したのはくるくまスペシャル。3種類のカレーのワンプレートセットです。さすがタイ人シェフ。スパイス香るおいしいカレーでした。
カフェくるくまはデザート類も充実。わたしはカボチャのプリンを食べました。こちらもおいしかったです。紅芋をふんだんに使ったタルトもあり、そちらもおいしそうでした。


カフェくるくまに隣接する建物では、ちょっとした博物館のようなかたちで、恐竜の化石などが飾られていました。お店の方のご趣味なのでしょうか。入口では大きな恐竜のオブジェが出迎えてくれます。
売店もありますので、お土産を買うこともできます。
タイ料理に恐竜にと、沖縄っぽくはないかもしれませんが、ぜひ。

【車がない場合のカフェくるくまへの行き方】
ゆいレールで「旭橋」へ→「旭橋」からバス停「上泉」まで徒歩7分→「上泉」から「知念」まで38番のバスで約1時間→「知念」からカフェくるくままで徒歩13分

【斎場御嶽】
弾丸トラベル成功の秘訣をひとつあげるとするならば「絶対行きたい目的地をひとつ決めて、あとはその道中に行きたいところを探す」だとわたしは思います。
ということで、絶対行きたい目的地「カフェくるくま」の道中でなにか良い場所はないか探します。
そこで見つけたのが斎場御嶽(せーふぁうたき)。パワースポットとしてよくガイドブックに掲載されています。ガイドブックには「南風原北ICから車で25分」と書かれていますが、「斎場御嶽入口」というバス停があり、そこからは歩いてすぐです。

斎場御嶽はお祈りをささげる場所。日本だけでなく海外のガイドブックにもパワースポットとして掲載されているからか、年々観光客が増えているそうです。ですが現在でも信仰をもってお祈りを捧げに来られる方もいらっしゃいます。あくまでも観光地ではなく、お祈りを捧げる場所であり、観光ではなく参拝する場所です。ルールを守って参拝しましょう。

わたしが参拝したときは雨はやんでいたのですが、その直前まで雨が降っていたため足場が悪く滑りやすかったです。広くはないですが、足元に気を付けながら進みます。
大きな岩は間近で見るととても迫力があります。また高い位置にあるので眺めも良いです。なんだかパワーをもらえる気がします。
沖縄本島は観光地化されている場所が多いですが、斎場御嶽は静かでなんだか神秘的な場所。観光だけじゃない沖縄を見てみるのも良いものではないでしょうか。

【車がない場合の斎場御嶽への行き方】
ゆいレールで「旭橋」へ→「旭橋」からバス停「上泉」まで徒歩7分→「上泉」から「斎場御嶽入口」まで38番のバスで55時間→「斎場御嶽入口」から斎場御嶽まで徒歩2分
カフェくるくまの最寄バス停「知念」から「斎場御嶽入口」まではバスで約4分です。

「ビール好きにはここがオススメ!編」に続く

MIHO69さんのインスタグラムはこちら

関連記事

沖縄最高位の聖地!斎場御嶽の見どころをご紹介 沖縄本島のパワースポットとして有名な「斎場御嶽(せーふぁうたき)」。琉球王国における最
ココは行かなきゃ!沖縄の観光スポット32選 【エアトリよりお知らせ】 首里城正殿火災の影響により、首里城公園(有料施設を含む園内施
東京から沖縄では日帰り旅行を楽しめる?日帰り旅行プランを紹介 【エアトリよりお知らせ】 首里城正殿火災の影響により、首里城公園(有料施設を含む園内施
沖縄の旅行の計画の立て方 まとまった休みができたら一度は行きたい沖縄。今回は「沖縄の旅行の計画の立て方」に焦点を