エアトリ女子旅/佐賀県有田焼めぐりの旅★~おしゃれランチタイム編~
2017.09.12

有田焼き絵付けを勉強していることもあり、ずっと気になっていた佐賀県♪
今回は知られざる佐賀県の魅力を発掘すべく、弾丸で有田町を中心に女子一人旅。羽田ー佐賀間は約2時間と、思っていた以上に近かったです!

さて、佐賀空港から最初に目指したのは「JR有田駅」。何故かというと、今回の旅で1番の目的地としていた、「佐賀県立 九州陶磁文化館」があるからです。空港から、JR有田駅まではリムジンタクシーを利用しました。所要時間は一時間ちょっと。前日17時までの予約が必要ですが、1人でも利用でき、片道なんと2,000円!もちろん、帰りにも利用しました。笑

因みに、奇数月でご利用人数が3名以上の場合は、車内で淹れたてのコーヒーが楽しめる「バリスタ・タクシー」が運行される場合があるそうです。(有田観光協会情報)

本題に戻ると東京羽田空港から有田町までは、総移動時間が約3時間半だったので、九州陶磁文化館に行く前に、腹ごしらえと少し休憩を取ることにしました。
お店は特に決めていなかったので、駅前をウロウロ。と、急に駅からすぐの所にフランス国旗の様なお洒落カフェが登場!

思っていた有田のイメージと言えば、古民家が立ち並ぶ昔ながらの風情ある街並みだったので、完全に意表を突かれました。

メニューを見て、そのバラエティーに更にびっくり!チキン南蛮から、ハワイのB級グルメであるポキの丼、中華天丼にインドネシアのナシゴレンまで何でもござれ。

何故だか異国情緒溢れる海外に来た気分になってしまいました。有田焼は海外でも有名で、そのファンも多いと聞きます。
更に近く長崎にはハウステンボスがあり、外国人観光客もたくさんいることから、ここ有田の地にも外国人観光客が見られるのでしょう。

悩んだ末に私がその中でランチに選んだのは、ナシゴレンです。
何故かと言うと、インドネシアに初めて行った時からのファンで単純に「好きだ」という理由に加え、「”インドネシア人も認める”ナシゴレン」とメニューにあったから。

出て来たランチは、素敵な器に盛られているではありませんか?聞いてみると、やはり有田焼とのこと。さすが有田!来た甲斐がありました♪

その他にも、「自家製バナナシェイク」など気になるメニューが色々ありました!

後で調べてみると、こちらのフランス風お洒落空間は、昨年秋に有田に出来たばかりの複合観光施設「KILN ARITA」だということが分かりました。
カフェの他、観光案内やレンタサイクル受付、レンタカー受付なども行っています。

このお洒落なデザインは、登り窯をイメージしているそうです。

「~九州陶磁文化館編~」へ続く

姫さんのインスタグラムはこちら

関連記事

吉野ヶ里遺跡や有明海だけじゃない!佐賀の観光スポット24選 佐賀県は、北は玄界灘、南は有明海と性質の異なる海岸に挟まれ、地域によってさまざまな景色
SPRING JAPANの成田-佐賀間の料金はどれくらいかかる? SPRING JAPANは佐賀空港までの路線を運行しているLCC(格安航空会社)です。
料金は?アクセスは?佐賀城跡の見どころをご紹介 佐賀市のシンボルともいえる「佐賀城跡」は、鍋島36万石の居城跡です。佐賀城本丸御殿の一
エアトリ女子旅/佐賀県有田焼めぐりの旅★~九州陶磁文化館編~ 「おしゃれランチタイム編」はこちら 腹ごしらえを終えて、すっかり心は有田に掴まれてしまっ