エアトリ女子旅/~私が選ぶ長崎市オススメのグルメ編~
2017.09.12

「オススメの長崎市観光半日コース」はこちら

長崎というとおいしいグルメがいっぱいで旅行の楽しみのひとつにしている人も多いかもしれません。港があることから魚介類が豊富で、かつ貿易をしていたことからスイーツも多く、さらに中華街があることから中華料理も堪能することができます。たくさんのグルメの中からオススメのグルメをピックアップ!

(1) 「大人のお子様ランチ?!トルコライス」
トルコライスを見ると子どもの頃食べていたお子様ランチを思い出し懐かしい気持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。
そもそもトルコライスとは何なのでしょうか?
一番オーソドックスなものだと、ピラフの上にデミグラスソースがかかった豚カツ、スパゲッティがのっています。トルコライスの名前の由来はいくつかありますが、3種類のメニューが三色旗に見えることかたトリコロールランチ、これがトルコライスに派生したという説もあれば、ピラフが中国、スパゲッティがイタリア、豚カツがその中間に位置しているトルコを表すという説もあります。
トルコライスの厳密は定義はなく最近ではお店によってピラフに高菜が入っていたり、角煮やエビフライやハンバーグがのっていたりと、バリエーションも豊富になっています。

今回私がトルコライスを食べに伺ったお店は長崎市内の中心部、長崎市浜町のアーケード内にある「カフェ オリンピック」。階段を上がって2階へ。階段にもたくさんのトルコライスのメニューが掲示されています。

「カフェ オリンピック」は修学旅行生にも人気のお店。ビッグパフェは、これまでにメディアで何度も取り上げられているくらい有名です。ビッグパフェというネーミングの通り一番大きなパフェはなんと1m20cmもあるんです。思わずテーブルに座ってパフェを見上げてしまうくらいの高さで、この日も修学旅行生がビッグパフェをシェアしていました。


私がオーダーしたのは定番の「トルコライス」、980円です。

くせになる絶妙な味付けのピラフに昔懐かしのナポリタン、そしてサクッとした衣の豚カツがのっています。全体的にあっさりした味付けで、ほどよいボリュームなので女性向けのトルコライスだと感じました。次回はぜひ、ビッグパフェにも挑戦したいです。

(2)「ショートケーキといえばシースクリーム」
長崎市でショートケーキというとシースクリームを思い浮かべる人も多いかもしれません。私自身も子どものころ、ストロベリーショートケーキよりもシースクリームを食べた思い出のほうが多いです。
シースクリームと呼ぶこともあればシースケーキと呼ぶこともあり、お店によっても呼び方が違ったりします。
どのようなケーキかというとスポンジの生地にカスタードクリームを挟み、飾りつけには生クリーム、黄桃、パイナップルを使っています。

そしてシースクリームの名前の由来は英語の“sheath”からきていて刀の鞘を意味しています。発売当初のシースクリームは細長いエクレア状だったこともあり、それが豆の莢に似ていたという理由で“pod”(莢)とつけようとしたところ間違ってシースになってしまったそうです。今回私がシースクリームをいただいたお店はシースクリーム発祥のお店「梅月堂」です。

創業明治27年の歴史ある洋菓子店です。テイクアウトもできますが、今回はカフェでいただきました。久しぶりにシースケーキを食べましたがとってもシンプルでふわふわなスポンジに挟まれたカスタードクリーム、黄桃とパイン、生クリームを食べたとき、とても懐かしい気持ちになりました。
子どもから大人まで幅広く愛されているケーキです。現在はクール便でお取り寄せをすることもできます!

(3) 「長崎といえばやっぱりちゃんぽん」
長崎を代表する食事といえば、ちゃんぽん、皿うどん!長崎を旅行した際は、少なくとも1回は食べたいメニューです。
ちゃんぽんもお店によって味付けやトッピングが違います。私は海鮮たっぷりのあっさりしたスープが好みで、今回はANAクラウンプラザ長崎グラバーヒルの「潤慶」でランチにちゃんぽんを食べました。

とてもアクセスも良く、グラバー園に行く坂道の麓にあるホテルです。
子どものころからよく家族で利用している思い出のホテルで、館内もらせん階段などフォトスポットがいくつかあります。「潤慶」は和食も中華も提供しています。1人が和食、1人が中華というオーダーもできます。
私がオーダーしたのはシンプルなちゃんぽんです。スープはとってもあっさりしていて麺はやや太めで嚙みごたえがありました。なによりトッピングの魚介類が大きくてイカ、エビがぷりぷりでとっても美味しかったです。多くのお店で感じることですが、魚介類が本当に質が高いと思います!

餃子や焼売もオーダーしました。餃子も表面がカリッとしていてあっさりした味付けでした。ちゃんぽんと皿うどんの両方が味わえるハーフセットもあります。


まだまだ長崎には美味しいグルメがたくさんあります。旅行の際はグルメを堪能する日を1日作ってもいいかもしれません!

「グラバー園で学ぶ日本の近代化編」へ続く

徳山沙季さんのインスタグラムはこちら

関連記事

6月の予定が決まっていない方必見!長崎の観光スポット22選 6月の予定が決まっていない方は、お休みの日に長崎旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。
名産品からお菓子まで!長崎空港でおすすめのお土産まとめ 長崎空港では、長崎の歴史や立地に関係し、何代にもわたりその味が守られてきたお店の銘菓、
行列必至の長崎グルメ!並んででも食べたい人気店 長崎と言ったらまずは「ちゃんぽん」!歴史も学べる四海樓 "長崎の2大名物であるのがちゃん
飛行機VS新幹線VS高速バス!大阪-長崎間の料金徹底比較! 飛行機の料金は、新幹線や高速バスよりも高いと思う人も多いのではないでしょうか。大阪-長