アフリカのお土産ってどんなものがあるの?おすすめのアフリカ土産
2018.01.31

南アフリカはワインが有名

アフリカでワイン?と驚く人もいるでしょうが、アフリカ最南端、南アフリカ共和国はワインの名産地でもあります。赤、白ともに同じくらいの割合で作られておりスパークリングワインもあります。味も癖がなく飲みやすいので多くの人に受け入れられやすい傾向という特徴があります。リーズナブルなものが中心なので買いやすく、お酒好きな人へのお土産にすると喜んでもらえるでしょう。ただしそれなりに重さがあるので、たくさん買うのが難しいという面があります。

女性へのお土産ならガスールがおすすめ

アフリカ西部のモロッコではガスールという泥が有名です。ガスールはミネラルが豊富に含まれているうえ、肌の余分な皮脂や汚れを吸収する働きをします。顔にパックをしたりガスールを溶かした水の上澄み液を化粧水として使ったりすることもできます。ナチュラルな美容アイテムとして人気があり注目されている品物です。粉状のものから固形のものまでさまざまな形状で販売されており軽いので持ち歩くのも楽なお土産といえます。日本でも販売されていますが1,000円以上の値段がするものが多い傾向です。ところがモロッコの市場で買うと100円足らずなので、とてもお得に購入できるでしょう。美容に興味がある女性へのお土産ならガスールは喜んでもらえる可能性が高いといえます。お土産だけでなく自分用の化粧品としても買っておきたい一品です。またモロッコはせっけんも有名ですのでスーツケースのスペースに余裕があれば、ぜひ追加してみてください。

アフリカらしい!木彫りの動物や戦士の像とビーズ

アフリカといって思い浮かべるのは広大なサバンナを走りまわる野生動物たちではないでしょうか。アフリカ各地の土産物屋をのぞくと木彫りのキリンやシマウマ、ゾウ、インパラなどの動物を見つけることができます。どれもリアリティがあふれる作品です。特にケニアではマサイの戦士が彫られた像もお土産として購入することができます。かわいいとはちょっと違いますが、エキゾチックなものが好きな人や動物が好きな人にはきっと喜んでもらえる一品です。またアフリカの人々を思い浮かべるとカラフルなビーズ細工のアクセサリーを身に着けている姿が浮かぶのではないでしょうか。ビーズ細工はアフリカ土産の定番ともいえる商品です。ネックレスやバングルなどのアクセサリーのほかビーズで作った動物やキーホルダーなども売られています。しっかりした作りで、おしゃれなデザインが多いのが特徴です。特にビーズのネックレスなどのアクセサリーはとてもクオリティが高い作品が多く、そのまま日本のアクセサリーショップに並んでいても不思議ではないほどファッショナブルです。多くの人が喜んでくれるお土産になるでしょう。

ルイボスティー、紅茶、コーヒーもおすすめ

ノンカフェインのお茶として人気が高いルイボスティーはアフリカのお茶として有名です。カフェインが含まれていないので妊婦さんや赤ちゃんでも飲むことができます。日本ではペットボトルで販売されたりカフェのメニューに取り入れられたりしている傾向です。アフリカではルイボスティーのほか紅茶やコーヒーも作られています。お茶やコーヒーのお土産ならかさばらず、また人を選ばずにプレゼントできますので迷ったらお茶やコーヒーを選ぶと良いでしょう。

見れば見るほど魅力的なアフリカ土産

“ミステリアスな土地、アフリカのお土産は多彩でとても奥深く興味をそそられます。海外旅行土産として定番のチョコレートももちろんありますが、せっかくアフリカまで行ったのならアフリカらしいオリジナリティのある品物をお土産にしたいですよね。安くておいしいワインのほかハイクオリティな木彫りの動物や戦士、ビーズ細工もおすすめです。スキンケアアイテムとして有名なガスールも忘れてはいけません。何が良いのか迷ってしまったら軽くてかさばらず、だれにあげても喜ばれる可能性の高いお茶やコーヒーをおすすめします。アフリカ土産でアフリカの魅力を伝えつつ土産話に花を咲かせましょう。”

関連記事

ジャングルバスで冒険!アフリカンサファリの楽しみ方・見どころ 大分県にある九州自然動物公園アフリカンサファリでは、自然に近い環境の中で大迫力の野生動
南アフリカでエネルギーをたっぷりと吸収!パワースポットを巡る旅へ アフリカ大陸の南端に位置する南アフリカは、年間を通して気候が温暖で、高い山脈や森、高原
2018年の日程は?八丈島フリージアまつりについてご紹介 東京から1番近い南国として有名な八丈島は、春になると島全体に色とりどりのフリージアが咲
治安は大丈夫?初めてのアメリカ旅行で必要な準備や持ち物は? アメリカは映画やドラマなどで日本でも親しみの深い国である一方、「一体どんな国なのか」と