旅行は計画的に!燃油サーチャージについて理解しよう!
2017.12.27

燃油サーチャージって何?歴史を知ろう!

燃油サーチャージが始まったのは、中東の政情不安や戦争による影響が関係しているといわれています。
1991年の湾岸戦争で、安定していた燃油価格が高騰を始め、1996年からさらに価格が変動することになります。そして、9.11テロやイラク戦争以降は燃油価格が安定しない状態が続き、航空会社が負担するコストが徐々に増加していきました。航空会社はこの不安定な状況を打開すべく、運賃とは別に燃油価格を乗客に負担してもらうように立案します。その結果、1997年にサーチャージ方式の導入が国際航空運送協会(IATA)で認可され、2001年には燃油サーチャージ導入が開始されることになったのです。

価格は一定じゃない!なぜ燃油サーチャージ費用は変動するの?

燃油サーチャージは、一定ではありません。なぜなら、燃油価格が大きく影響するからです。燃油価格は原油料金によって決定されることになりますが、政治情勢やその他の要因によって価格は上下します。そのため、燃油サーチャージは常に一定に保たれているわけではないのです。また、航空会社によっても燃油サーチャージの料金に違いがあります。国内の航空会社は、2カ月または3カ月で燃油サーチャージの改定を行います。したがって、原油価格が下がったとしても改定時期でなければ、従来通りの燃油サーチャージ料金を支払うことになります。費用の捻出を抑えるためには、この改定時期を見定めることが必要です。別途で支払う必要がある?燃油サーチャージは旅行費用にどのように反映されるのか?

別途で支払う必要がある?燃油サーチャージは旅行費用にどのように反映されるのか?

燃油サーチャージは、航空券料金に含まれていません。つまり、別途で請求されることになります。航空会社の中には、航空券の販売をする場合、燃油サーチャージを含めた金額を設定して提供することもありますが、なかには航空券のみの料金を表示して販売しているところもあります。後者の金額は確かに安いものの、別途で請求されることになるため、そのことを知らずに購入すると思わぬ出費をすることになるでしょう。また、燃油サーチャージ以外にもその他諸費用を請求される可能性があります。航空券を購入する際は、利用する航空会社の料金体系がどのようになっているのか事前に調べることが大切です。

航空会社・国内海外便で旅行にかかる費用は変わってくる!

旅行にかかる費用を抑えるためには、航空券を購入する会社の選び方が鍵になってきます。航空券自体が安いことももちろん大切ですが、特に燃油サーチャージは2カ月~3カ月に1度改定されることになりますので、航空券をその時期に合わせて購入することが大切です。改定時期を確認して、一番安い会社を選ぶことがお得に購入するようにしましょう。また、燃油サーチャージは旅行先の距離によっても変化します。つまり、近い場所に行くほど安くなりますが、遠い場所にいくと高くなります。国内なのかそれとも海外なのか、旅行先の選定も燃油サーチャージ料金を抑えるためには必要ですので、慎重に選ぶことが大切です。

 

燃油サーチャージは今後も払う必要がある!慎重に計算しよう!

“燃油サーチャージは航空機を利用して旅行をする場合、どうしても必要になります。したがって、旅行には必要になる経費であるという認識で考えると良いでしょう。また、そのほかにも色々な費用がかかる可能性もあるので、安いだけで航空券を購入しないことも大切です。航空会社のホームページを見ると情報が掲載されていますので、複数の会社を比較して決めるようにしましょう。
しかし、納得できる旅行計画ができればあとは楽しむだけです。旅行計画を立てるためには時間と労力が必要になりますが、最高の旅行にするためにもやるべきことは事前に準備をしておきましょう。”

関連記事

空港税って何?航空券以外にもかかる費用をチェックしよう よく見かける「空港税」って一体何? 航空券を購入する際によく目にする空港税は、空港を利
種類が豊富!成田空港に設置されているガチャガチャをご紹介! 成田空港旅客ターミナルには第1・第2・第3旅客ターミナルがあり、第1・第2旅客ターミナ
預ける?持ち込む?国際線でのチャイルドシートの取り扱い 小さな乳幼児を連れて国際線の飛行機に乗る際、「機内にチャイルドシートは持ち込みできるの
アクセスは?アドベンチャーワールドの見どころをご紹介 アドベンチャーワールドは、和歌山県の白浜にあるテーマパークです。動物園、水族館、遊園地