初めての海外旅行で不安、空港で行う出国審査ってなに?
2018.06.11

パスポート

初めての海外旅行の場合、意外とハードルが高いのが空港での各種手続き。普段の生活では聞きなれない用語がいくつも出てくるので、不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。今回は出国手続きのひとつである「出国審査」について、概要、具体的に何をするのかなどをご紹介します。

空港で行う出国審査とは?

出国審査とは、出国の事実を確認するための審査で、国外へ逃亡を図る犯罪者などを留保する目的もあります。出国審査は、出国手続きのなかで最後に行われるチェックです。搭乗手続き(チェックイン)、保安検査(セキュリティチェック)などを受けた後に行われます。一般的には審査官へパスポート(旅券)などの必要書類を提示して本人確認をし、パスポートに証印が押されれば出国審査は終了です。

もちろん、日本を出国する際だけでなく、渡航先から帰国する際にも外国の空港で出国審査を受けます。国によって方法は異なりますが、どの国でもほぼ同様の審査が行われます。

出国審査では具体的に何をするの?

出国審査では、有効なパスポートと航空券を提示する必要があります。審査官がパスポートと本人を照らし合わせながら、一人一人チェックします。国によっては出入国カードが必須で(日本人は、日本の出入国の際は不要)、渡航先の査証(ビザ)などの各種証明書を要求されることもあります。不法移民、不法労働、テロなどの未然防止の目的で行われる入国審査では、英語での質疑応答、国によっては顔写真撮影など、複数のチェック項目があります。
一方で、出国審査は入国審査と比べてチェック項目が多くありません。また、入国審査が厳しいといわれているアメリカでは、出国審査がありません。不安を解消するためにも、渡航先の出国審査について事前にチェックしておきましょう。出国審査のブースが無人の場合があり、その際は審査なしで通過することができます。

出国審査後は、搭乗時刻の30分前までに航空券に記載された搭乗ゲート付近に集合しておきましょう。10分前までに集合していなかった場合、飛行機に登場できない場合があるので注意が必要です。

日本主要空港に自動化ゲートを設置!スピーディーな出入国審査が可能に

夏休みや年末年始などの長期休暇前後は、空港の出入国審査場が大変混雑します。羽田空港、成田空港(第3ターミナル除く)、中部空港、関西空港には、出入国管理をスムーズに行える「自動化ゲート」が設置されています。日本人および一定の要件に該当する外国人は、自動化ゲートを通過して出国手続き、入国手続きが可能です。

自動化ゲートの使い方は、ディスプレイの表示に従って簡単な操作をするだけです。パスポートと指紋の照合により本人確認を行い、スタンプの押印なしでスピーディーに審査が行われます。希望すればパスポートにスタンプを押印してもらうこともでき、自動化ゲート通過後、係員へ声をかけましょう。利用するためには、フライト当日に出国審査場などで登録が必要です。一度登録すれば、パスポートの有効期限まで利用できます。

さいごに

出国手続きの流れのなかでも、出国審査は基本的に最後のチェック項目です。一般的には、パスポートや出入国カード、搭乗券などを提示する必要があります。国によって出国審査の有無、方法が異なるため、渡航先の出国審査について事前に調べておくと安心です。近年、テロ対策などで世界各国の空港のセキュリティーが強化されています。不審者と間違われることがないよう、スムーズに出国審査を受けましょう。

航空券予約

関連記事

初めての海外旅行で不安、空港で行う入国審査ってなに? 国際線に乗って海外へ行くためには、空港でさまざまな審査を受ける必要があります。なかでも
初めての海外旅行で不安、国際線の乗り方をご紹介 初めての海外旅行の場合、まずは無事に目的地へ到着できるかが一番の心配事ではないでしょう
6月の予定はコレで決まり!おすすめの水族館16選 梅雨の季節に入る6月ですが、せっかくの休みの日には恋人や家族とお出かけしたい方もいるの
旅行者必見!「ビザ」と「パスポート」の違いってなに? 海外旅行にあまり慣れていない方のなかには、「ビザ」と「パスポート」にどんな違いがあるの